麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【3/31 Mリーグ 第2試合結果】ABEMAS・白鳥が怒涛の連荘で9本場!会心の勝利でチーム3位に大きく近づく!

【3/31 Mリーグ 第2試合結果】ABEMAS・白鳥が怒涛の連荘で9本場!会心の勝利でチーム3位に大きく近づく!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は3月31日に、赤坂ドリブンズ 対 EX風林火山 対 渋谷ABEMAS 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 の対戦が行われた。

第1試合の模様は下記記事をご参照下さい。

第1試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

第2試合は、ドリブンズから園田、風林火山から滝沢、麻雀格闘倶楽部から前原、ABEMASから白鳥が出場。

第2試合出場選手 ©AbemaTV

1戦目は高宮が勝利を収め、3位と差がついてしまったABEMAS。しかしこの土壇場で白鳥が真価を発揮した。

東3局の親番で前原が4000オールのアガりで一旦リードを得る。

東3 前原の4000オール ©AbemaTV

しかしその次局、ツモで2000・4000をアガり白鳥は東4局の親番を迎える

東3局1本場 白鳥の2000・4000 ©AbemaTV

東4局の親番で白鳥はまずは12000の聴牌が流局、1本場になるとダブ東・ドラ1の5800を滝沢からアガる。2本場でもリーチ・タンヤオ・平和を更に滝沢からアガり前原をかわしてトップ目に。

東4局2本場白鳥の5800 ©AbemaTV

その後も怒涛のラッシュを決める。

東4局3本場白鳥の7700 ©AbemaTV
東4局4本場白鳥の6000オール ©AbemaTV
東4局5本場白鳥の6000オール ©AbemaTV

連荘は9本場まで続き持ち点は9万点を超えた。

その後は園田、滝沢がアガリを決めて半荘をまとめたが、白鳥はここ一番で大きなトップを決めた。前原とのトップ3着を決め、最終戦を前にしてABEMASは3位に浮上した。

白鳥は「1戦目で松本君が高宮さんに点差をつけられ悔しそうに泣いていたので、なんとしてでも巻き返すぞ、と気合十分で挑みました。少なくとも前原さんより絶対に上、かつ自分か最後の多井さんのどちらかのトップが必須だと思っていました。9本場まで積み上げた時は、色々な事を考えていました。3人で打てるのは最後かなとか。そう思っていたら親番の時に少し泣いてしまっていました。最後は多井さんに託して見守ります。ファンの皆様と共に応援します。」と語った。

2戦目1位の白鳥 ©AbemaTV

1位:白鳥(ABEMAS)+88.2
2位:園田(ドリブンズ)▲2.5
3位:前原(麻雀格闘倶楽部)▲28.6
4位:滝沢(風林火山)▲57.1

第2試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

3位争いは一瞬でABEMASが再度ひっくり返した。最終戦はどのような戦いとなるのか。

関連URL

第三試合の結果は下記記事をご参照下さい。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top