麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/21 Mリーグ2021 1戦目結果】女性陣の攻めが光る1戦目で丸山奏子が今シーズン初トップ!

【10/21 Mリーグ2021 1戦目結果】女性陣の攻めが光る1戦目で丸山奏子が今シーズン初トップ!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」11日目が10月21日(木)に開催された。

10月21日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、日吉辰哉、土田浩翔 ©ABEMA

第1試合

第1試合は日向藍子丸山奏子瑞原明奈瀬戸熊直樹の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は、[二]をポンした瑞原がわずか4巡で萬子のホンイツ、[発]なら満貫のテンパイ。すぐに瑞原のアガリになるかと思われたが、親の日向がカン[六]三色テンパイで追いつきリーチを敢行。

東1局 瑞原テンパイ ©ABEMA
東1局 日向リーチ ©ABEMA

瀬戸熊も567の三色が見える手牌が進み、生牌だが[発]を切り出して瑞原に放銃。瑞原の満貫のアガリに。

東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東1局 瑞原 發・ホンイツ・赤 8000 ©ABEMA

東2局は親の丸山が[白]を仕掛けて5800のテンパイも、瑞原がリーチ・ピンフの2000点を丸山からアガる。

東2局 丸山の手牌 ©ABEMA
東2局 瑞原 リーチ・ピンフ 2000 ©ABEMA

東3局はまたもや瑞原が先制リーチ、しかし丸山が赤赤のペン[③]で追いつき、リーチ。ラス牌の[③]を一発でツモり、満貫のアガリで一歩リード。

東3局 瑞原リーチ ©ABEMA
東3局 丸山 リーチ・一発・ツモ・赤赤 2000・4000©ABEMA

東4局、瑞原のドラドラ赤のリーチに、[発]を仕掛けてテンパイしている日向が現物の[8]を切って一旦回る。次巡、[赤⑤]がかさなり再びテンパイ。回り切ってかわして南入。

東4局 日向 發・赤 500・1000

南1局、丸山が1300・2600のアガリを決めて局が進むと、瑞原のドラ3リーチと日向のメンホン七対子がぶつかるが流局。

南2局 流局

南3局1本場、ここまでアガリがなく、じりじりと点数を削られていた瀬戸熊が赤3リーチ。当たり牌はすでに山になく、瀬戸熊の一人テンパイで流局。オーラスへ。

南3局1本場 瀬戸熊リーチ ©ABEMA
南3局1本場 流局 ©ABEMA

南4局2本場、丸山の配牌にドラドラ赤があるがなかなか手が進まず、親の瀬戸熊が先制リーチ。

南4局2本場 瀬戸熊リーチ ©ABEMA

日向もドラ[⑤]をツモって一発か、裏がのれば3着からトップになるリーチをかける。

南4局2本場 日向リーチ ©ABEMA

ここで丸山が[五]を切り出し瑞原がこれをチーしてテンパイ。瑞原の手はタンヤオのみでツモってもわずかにトップには届かないため、逡巡したがテンパイをとる。結果は日向が瑞原の当たり牌[2]を掴み放銃。

南4局2本場 タンヤオ 1000 ©ABEMA

丸山が辛くも逃げ切り、今シーズン初トップを獲得した。

第1試合トップの丸山 ©ABEMA

第1試合結果
1位 丸山(ドリブンズ)+54.2
2位 瑞原(Pirates)+13.3
3位 日向(ABEMAS)▲19.7
4位 瀬戸熊(雷電)▲47.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

【10/21 Mリーグ2021 2戦目結果】多井隆晴が的確なゲームメイクで完勝!雷電は苦しいチーム4連続4着に

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top