麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/12 Mリーグ2021 第1試合結果】その姿は寿人を彷彿とさせる!伊達朱里紗の格闘俱楽部らしい高打点連発で大トップ!たろうも伊達に迫る6000オール炸裂も惜しくも2着!

【11/12 Mリーグ2021 第1試合結果】その姿は寿人を彷彿とさせる!伊達朱里紗の格闘俱楽部らしい高打点連発で大トップ!たろうも伊達に迫る6000オール炸裂も惜しくも2着!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」24日目が11月12日(金)に開催された。

11月12日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:伊達朱里紗

南:鈴木たろう

西:日向藍子

北:朝倉康心

第1試合

東1局、たろうが小四喜が見える配牌。ドラドラの朝倉がタンヤオを目指ししかけていく。

東1局 たろうの手牌 ©ABEMA

親の伊達123の三色を見切り萬子の清一色へ。

東1局 伊達の手牌 ©ABEMA

伊達は[八]をチーすると[一][四][七]のテンパイに。朝倉もタンヤオドラ3赤1のテンパイだったが伊達の当たり牌[一]を持ってきてしまう。

東1局 伊達の手牌 ©ABEMA
東1局 朝倉の手牌 ©ABEMA

小考するも伊達の河に萬子の余りはなく、直近に生牌の[中]が打たれたのみ。意を決して[一]を放つと伊達の12000のアガリに。

東1局 伊達 清一色 12000 ©ABEMA
東1局1本場 朝倉 リーチ ©ABEMA
東1局1本場 伊達 リーチ ©ABEMA

東1局1本場、朝倉がカン[八]待ちのリーチ、その後すぐに伊達が追いつき、ピンフ・ドラ1の[⑤][⑧]待ちリーチ。

朝倉は[⑧]が暗刻だったが、[赤⑤]を掴み放銃。伊達の12000のアガリとなり、朝倉は東1局で箱下に沈んだ。

東1局1本場 伊達 リーチ・ピンフ・ドラ・赤 12000 ©ABEMA

東1局2本場、朝倉がダブドラの[赤5]を使い、345の三色カン[4]待ちのヤミテンにとると、再び伊達からリーチ。朝倉はヤミテンを続行して粘るが、伊達がツモ。裏が乗って4000オールで伊達は6万点を超える。

東1局2本場 朝倉 テンパイ ©ABEMA
東1局2本場 伊達 リーチ©ABEMA

東1局3本場、たろうが[発]をポンしてドラ3のテンパイ。伊達からアガリ、伊達の親番を終わらせた。

東1局3本場 たろう 發・ドラ3・赤 8000 ©ABEMA

東2局、たろうがダブ東の[東]を仕掛け、[⑤][⑧]待ち5800のテンパイ。日向から[⑧]が打たれそうになるが、使えるようになり、カン[③]でテンパイ。ツモってたろうの親を終わらせた。

東2局 日向 ツモ・タンヤオ・赤1 1000・2000 ©ABEMA

東3局朝倉が[六][九]リーチもたろうがドラをポンして最終手番でテンパイし、流局。

東4局、朝倉が5巡目にメンホン・白・ドラドラの18000テンパイ。カン[2]待ち。

東4局 朝倉の手牌 ©ABEMA

再び伊達が追いかけ[西][五]のシャンポンでリーチ。[2]は2枚[五]は1枚だったが伊達が[五]をツモって2000・4000。

東4局 伊達 リーチ・ツモ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

南1局、伊達が七対子[五]単騎テンパイをヤミテンに構えるとたろうがリーチ、朝倉もカン[④]ヤミテンで伊達万事休すかと思われたがラス牌の[五]をすぐにツモ。トップまではもう盤石か。

南1局 たろうリーチ ©ABEMA
南1局 朝倉の手牌 ©ABEMA
南1局 伊達 ツモ・七対子 1600オール ©ABEMA

南1局1本場は朝倉が2000点を伊達から和了。局が進む。

南1局1本場 朝倉 中・赤 2000 ©ABEMA

南2局、親のたろうが6000オールツモ。伊達に迫る。

南2局たろう リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・一盃口・ドラ 6000オール ©ABEMA

南2局1本場、またもたろうの大物手が仕上がるかと思われたが、伊達がタンヤオでしかけ、ライバルたろうの親を落した。

南2局1本場 伊達 タンヤオ・三色 2000 ©ABEMA

南3局、ダブ南の[南]をポンした朝倉が[中][西]待ちのシャンポンのトイトイでテンパイ。日向も薄い[六]を引き入れ[4][7]待ちテンパイでリーチ。

南3局 朝倉の手牌 ©ABEMA
南3局 日向リーチ ©ABEMA

朝倉、日向の待ちは全部で9枚、シャンポンも全て山に残っていただ、朝倉が持ってきたのは[4]。まっすぐに打ち抜き、日向の12000のアガリになった。

南3局 日向リーチ・ピンフ・ドラ・赤 12000 ©ABEMA

南3局1本場、日向がたろうから3900和了、2本場は日向の一人テンパイで流局。3本場、日向が[6]を暗槓、[東]をポンしてテンパイし、ツモ。3度のアガリで2着目のたろう目前に。

南3局4本場は朝倉先制リーチ。日向もリーチ宣言牌のドラの[東]をポンするもテンパイせず、朝倉の一人テンパイで流局。

南3局4本場 流局 ©ABEMA
南4局5本場 朝倉の手牌 ©ABEMA
南4局5本場 たろうのリーチ ©ABEMA

南4局5本場。朝倉はドラが3枚のチャンス手もなかなかテンパイまでたどり着かず、たろうがハイテイにかけたリーチも流局。

たろうの一人テンパイで流局した。

南3局5本場 流局 ©ABEMA

伊達の大きな2勝目で、チームポイントは200ポイントに近づいた。

第1試合終了トップの伊達  ©ABEMA

第1試合結果
1位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+78.5
2位 たろう(ドリブンズ)+17.2
3位 日向(ABEMAS)▲8.2
4位 朝倉(Pirates)▲87.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果はこちら

第2試合は白鳥が6000オールのリードを守りきる! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top