麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/12  Mリーグ2021 第2試合結果】白鳥翔が東1局の6000オールのリードを活かして今季初勝利!丸山奏子は2着でドリブンズは6連続連対!

【11/12 Mリーグ2021 第2試合結果】白鳥翔が東1局の6000オールのリードを活かして今季初勝利!丸山奏子は2着でドリブンズは6連続連対!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」24日目が11月12日(金)に開催された。

11月12日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合は伊達が快勝! ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:白鳥翔

南:小林剛

西:佐々木寿人

北:丸山奏子

第2試合

東1局、白鳥が6000オールで好スタート。

東1局 白鳥 リーチ・一発・ツモ・白・ドラ・赤2 6000オール ©ABEMA

東1局1本場、寿人が[白]をポンして[一][四][七]のテンパイ。丸山もタンヤオ・ピンフ・赤で追いつきリーチと行くも、寿人がかわして局が進む。

東1局1本場 丸山 リーチ ©ABEMA
東1局1本場 寿人 300・500 ©ABEMA

東2局は白鳥がトップ目ゆえに平和のみをヤミテンに構えるかと思われたが、待ちが感触良しと判断して積極的にリーチ、一発ツモの1300・2600で更に加点してリードを広げる。

東2局白鳥 リーチ・一発・ツモ・ピンフ 1300・2600 ©ABEMA

東3局、親の寿人が[白]を2鳴きして一向聴。小林も[⑦]単騎のタンヤオのヤミテン。すると丸山がドラの東を重ねて七対子テンパイ。[①]を切って[中]単騎のリーチ。しかし次巡に持ってきたのは[①]。すぐに小林が[⑦]をツモって1000・2000。丸山の大物手をつぶした。丸山は[①]が山3、[中]が山に2枚、どちらもしっかり残っていたが悔しい裏目となってしまった。

東3局 丸山リーチ ©ABEMA
東3局 小林 ツモ・タンヤオ・赤 1000・2000 ©ABEMA

東4局、親の丸山が親番で早い[白][4]のシャンポン待ちをリーチとすると、安全牌に窮した白鳥が選んだのは白。裏が乗って7700を丸山がトップ目の白鳥から打ち取った。

東4局 丸山 リーチ・白・裏ドラ 7700 ©ABEMA

東4局1本場、寿人が配牌で赤が3枚だが、白鳥が[東]をポンして[白][九]のシャンポン待ちでテンパイ。赤3の寿人がすぐに[白]を離し、白鳥の2000点のアガリに。白鳥はトップ目を維持して南入。

東4局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA

南1局丸山が[白]をポンしてドラドラ赤の手牌。他者が追いつかず、[4][7]待ちでテンパイしてツモ。2000・4000でライバルの白鳥に親被りさせる。

南1局 丸山 白・ドラ2・赤 2000・4000 ©ABEMA

南2局白鳥が先制リーチ。丸山がカン[三]のタンヤオ・一盃口をヤミテンにすると、テンパイした親の小林から[三]が打ちだされ、丸山のアガリに。丸山が白鳥に近づいていく。

南2局 白鳥リーチ ©ABEMA
南2局 丸山の手牌 ©ABEMA
南2局 小林 リーチ ©ABEMA
南2局 丸山 タンヤオ・一盃口 2600 ©ABEMA

南3局は白鳥が[中]をポンしてテンパイ、500・1000ツモであっという間にオーラスへ。

南3局 白鳥 中・ドラ 500・1000 ©ABEMA

オーラス、僅差の親番だが丸山がポンして2900のテンパイ。小林と寿人も3着争いで僅差。小林が[中]をポンして手を進めていく。

小林の上家の白鳥、積極的に小林に手を進めてもらいたいゆえに、ある程度自分の手も進めつつあったが、丸山の当たり牌[六]をつかみ小考。[六]を手に収め、放銃を回避。結果は丸山がツモって1000オールのアガリ。

オーラス1本場、丸山が[南]を仕掛けて5800点のテンパイ。しかし小林も[西]をポンして2000点のテンパイ。

南4局1本場 丸山の手牌 ©ABEMA

白鳥は放銃した瞬間に着順が落ちてしまうので小林と丸山に託すことに。

すると小林の当たり牌を持ってきたのは丸山。小林は3着キープに成功。丸山の嵌[7]も4枚居たが、ここは小林のアガリとなった。

南4局1本場 小林 西・赤 2000 ©ABEMA

白鳥は6戦目にして今季初トップとなった。

第2試合トップの白鳥 ©ABEMA

第2試合結果
1位 白鳥(ABEMAS)+57.2
2位 丸山(ドリブンズ)+13.8
3位 小林(Pirates)▲22.8
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲48.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月12日トータル結果

ABEMAS(日向3着・白鳥1着)+49.0
ドリブンズ(たろう2着・丸山2着)+31.0
麻雀格闘倶楽部(伊達1着・寿人4着)+30.3
Pirates(朝倉4着・小林3着)▲110.3

今日はPirates以外の3チームが30ポイント以上のプラス。Piratesが110ポイントのマイナスと大きく明暗の別れる形となった。Piratesはここで引き離されずにしっかりくらいついていけるかが重要となる。ドリブンズは連勝こそ4で途絶えたが、連続2着で遂に4位まで浮上。一時は300をこえていたマイナスポイントも残り31.7ポイント。いよいよあと僅かでプラス圏内まで見えてきた。

また、個人ランキングでは丸山が5位、伊達が7位に浮上。瑞原も6位と女性陣の活躍が目立つ序盤戦となっている。

11月11日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月12日の対局チーム ©ABEMA
11月12日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top