麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/14 Mリーグ2021 第1試合結果】8000オールで大逆転!岡田紗佳が今シーズン初トップ!5連闘の松ヶ瀬は3回の一発をものにするも、惜しくも2着!

【1/14 Mリーグ2021 第1試合結果】8000オールで大逆転!岡田紗佳が今シーズン初トップ!5連闘の松ヶ瀬は3回の一発をものにするも、惜しくも2着!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」58日目が1月14日(金)に開催された。

1月14日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:岡田紗佳

西:高宮まり

北:瀬戸熊直樹

松ヶ瀬は個人5連闘目。

第1試合

東1局、高宮が[九][9]とポンして三色同刻狙い。

東1局 高宮の手牌 ©ABEMA

終盤に瀬戸熊が[二]をチーしてテンパイ。瀬戸熊の一人テンパイで流局。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局1本場は親の岡田が[白]をポンしてアガリ切る。

東2局1本場 岡田 白・ドラ1 2900 ©ABEMA

東2局2本場は松ヶ瀬がピンフに手が変わったところでリーチ。

東2局2本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

高宮も追いかける。

東2局2本場 高宮の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬がラス牌の高目[七]を一発ツモ。3000・6000でリード。

東2局2本場 松ヶ瀬 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・一盃口・赤1 3000・6000 ©ABEMA

東3局は瀬戸熊が2000・4000ツモ。

東3局 瀬戸熊 リーチ・ツモ・ピンフ・赤 2000・4000 ©ABEMA

東4局は瀬戸熊がダブ東を仕掛けて12000のテンパイも、高宮が2000・4000をツモアガり南入。

東4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東4局 高宮 ツモ・タンヤオ・一盃口・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南1局、親の松ヶ瀬が3巡目リーチを一発ツモ。2600オール、2900、2軒リーチに押し切って1000オールと加点しリードを広げる。

南1局 松ヶ瀬 リーチ・一発・ツモ・ピンフ ©ABEMA
南1局1本場 東・ドラ1 2900 ©ABEMA
南1局2本場 高宮の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 松ヶ瀬 白・赤1 1000オール©ABEMA

松ヶ瀬の親番が終わったのは南1局3本場、瀬戸熊が5200のを松ヶ瀬から直撃して差を縮める。

南1局3本場 瀬戸熊 タンヤオ・ドラ1・赤1 5200 ©ABEMA

南2局、これまでの試合で苦しい展開が続く岡田の親番。

南2局 岡田の手牌 ©ABEMA

4巡目の[2]なら高目三色で倍満のリーチ。

なんとこの[2][5]は全て山に残っており、すぐに[2]ツモ。

南2局 岡田 リーチ・ツモ・タンヤオ・三色・ドラ2・赤1 8000オール ©ABEMA
南2局1本場 岡田 ツモ・ピンフ・ドラ1・赤2 4000オール ©ABEMA

8000オールで一気にトップ目に立ち、次局も4000オールツモで他家を引き離す。

南2局2本場、瀬戸熊が仕掛けてテンパイ。高宮も瀬戸熊と同テンのリーチ。

南2局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 高宮の手牌 ©ABEMA

ドラが対子の松ヶ瀬が七対子の[東]単騎で追いかける。

南2局2本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

一発で松ヶ瀬が高宮から捉え、12000のアガリで岡田に迫る。

南2局2本場 松ヶ瀬 リーチ・一発・七対子・ドラ2 12000 ©ABEMA

南3局、箱下に沈んだ高宮の親番。四暗刻の一向聴だが、ダブ南を仕掛けた瀬戸熊に放銃。オーラスへ。

南3局 瀬戸熊 ダブ南・ドラ2 8000 ©ABEMA

南4局、トップ目の岡田と2着目の松ヶ瀬は7100点差。松ヶ瀬は[白]をポンしてドラの[一]どこからでも出アガリ、安めでも直撃で条件をクリアするテンパイ。

南4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

親の瀬戸熊が七対子のドラ[一]単騎のリーチ。アガリは出なかったが、松ヶ瀬テンパイ、岡田ノーテンでさらに差が縮まった。

南4局 流局 ©ABEMA

南4局1本場、松ヶ瀬が[中][発]としかけ萬子のホンイツ模様。松ヶ瀬が岡田をまくるには打点は3900で十分な状況。

萬子待ちや字牌待ちは警戒されるということか、[5][⑦]の単騎で待ちを変化させていく。

南4局1本場 祈るような岡田の表情 ©ABEMA

岡田も[南]の片アガリのテンパイ。苦しい表情を浮かべながら、まっすぐに打ち抜いていく。

瀬戸熊も間に合わないとみたか、仕掛けるもテンパイできず、流局しゲーム終了。

南4局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 流局 ©ABEMA

岡田の今シーズン初トップで、サクラナイツは2位に浮上した。

第1試合トップの岡田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 岡田(サクラナイツ)+70.5
2位 松ヶ瀬(風林火山)+25.4
3位 瀬戸熊(雷電)▲15.0
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲80.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果はコチラ

第2試合は勝又がトップで風林火山が2位に浮上! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top