麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/14 Mリーグ2021 第2試合結果】勝又健志が1ヶ月半ぶりのトップで風林火山は2位浮上!麻雀格闘倶楽部はまさかの4連続4着で5位に陥落!

【1/14 Mリーグ2021 第2試合結果】勝又健志が1ヶ月半ぶりのトップで風林火山は2位浮上!麻雀格闘倶楽部はまさかの4連続4着で5位に陥落!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」58日目が1月14日(金)に開催された。

1月14日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は岡田が今シーズン初トップ!

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:滝沢和典

南:勝又健志

西:黒沢咲

北:沢崎誠

第2試合

東1局 勝又の手牌 ©ABEMA

東1局、勝又が[②][⑤][⑧]待ちの先制リーチ。

親番の滝沢が一向聴でまっすぐに打ち抜き放銃。

東1局 滝沢の手牌 ©ABEMA

勝又が8000のアガリでリードを得る。

東1局 勝又 リーチ・タンヤオ・ピンフ・赤1 8000 ©ABEMA

東2局、滝沢が国士無双の一向聴だが、黒沢のリーチを受け撤退。

東2局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東2局 黒沢の手牌。

アガリは出ずに流局。

東2局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、滝沢が自風の[西]をポンして[白][8]のシャンポン待ちでテンパイ。

東3局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

沢崎が[1][4]待ちのリーチ。

東3局1本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

リーチの一発目、黒沢のもとに沢崎の高目[4]が。[発]の対子落としで回ると、カン[7]を引き入れテンパイし、[4]を切ってリーチを宣言し、放銃。

東3局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

沢崎8000のアガリでトップ目に。

東3局1本場 沢崎 リーチ・タンヤオ・ピンフ・ドラ2 8000 ©ABEMA

東4局は勝又、沢崎のテンパイで流局。連荘した沢崎、2000のアガリでさらに連荘。

東4局 流局 ©ABEMA
東4局1本場 沢崎 一盃口 2000 ©ABEMA

東4局2本場は沢崎、黒沢のリーチ対決。

東4局2本場 沢崎の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

軍配は黒沢。沢崎から8000の直撃となった。

東4局2本場 黒沢 リーチ・ピンフ・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

南1局、滝沢の手牌には[6]が槓子。道中暗槓して[中]をポン。3900をアガって連荘。

南1局 滝沢 中・赤1 3900 ©ABEMA

南1局1本場、勝又の元に索子が押し寄せ、メンホンの[白]単騎テンパイをヤミテン。

南1局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

滝沢が抱えた[白]が、勝又がテンパイした瞬間に放たれ、勝又が8000のアガリをものにしてリードを広げた。

南1局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 勝又 ホンイツ・ドラ1 8000 ©ABEMA

南2局、滝沢がツモり四暗刻の一向聴まで進むが、終盤で進まずに撤退。

南2局 滝沢の手牌 ©ABEMA

勝又が[⑤]単騎七対子のテンパイをヤミテン。沢崎も[⑤]単騎でテンパイし流局。

南2局 流局 ©ABEMA

南2局1本場、沢崎が早々に[7]単騎の七対子でテンパイ。

一向聴の黒沢がテンパイすると放たれる[7]だが、沢崎が[②]単騎に待ちを変え、リーチ。

南2局1本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

しかし、[②]はすでに山には残っていなかった。

黒沢が[6]を引いて[5][8][②]の変則待ちをリーチ。

南2局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

黒沢の待ちは残り山に[8]が1枚だったが一発ツモ。2000・4000のアガリでトップ争いに参戦。

南2局1本場 黒沢 リーチ・一発・ツモ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南3局は勝又がトイトイも見据えた仕掛け。

南3局 勝又の手牌 ©ABEMA

索子のホンイツへ向かっていた黒沢から[中]が放たれ、テンパイするとすぐにツモアガリ。

南3局 黒沢の手牌 ©ABEMA

1300・2600のアガリでさらに差をつけたトップ目でオーラスへ。

南3局 勝又 中・ドラ2 1300・2600 ©ABEMA

南4局、トップ条件の跳満ツモを目指した黒沢がドラの[⑨]単騎でリーチ。

南4局 黒沢の手牌 ©ABEMA

道中滝沢がテンパイしてカン[⑧]をツモったがアガリを拒否し、最終的には赤赤ドラの手牌で、海底1巡前でリーチし倍満を狙うが、流局し第2試合終了。

南4局 流局 ©ABEMA

勝又はおよそ1か月半ぶりのトップとなった。風林火山は松ヶ瀬、勝又の連続連対で88ポイントのプラスでチームランキングは2位に浮上した。

第2試合トップの勝又 ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+62.6
2位 黒沢(雷電)+8.6
3位 沢崎(サクラナイツ)▲16.9
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲54.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月14日トータル結果

風林火山(松ヶ瀬2着・勝又1着)+88.0
サクラナイツ(岡田1着・沢崎3着)+53.6
雷電(瀬戸熊3着・黒沢2着)▲6.4
麻雀格闘倶楽部(高宮4着・滝沢4着)▲135.2

風林火山、サクラナイツが加点し順位を上げた。麻雀格闘倶楽部が苦しみ大きくポイントを減らしほぼ原点付近まで戻ってきてしまった。今後セミファイナルボーダーの6位を狙う上では麻雀格闘倶楽部、ABEMASの2チームをドリブンズ、雷電は苦しめにかかりたい。

1月14日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月17日の対局チーム ©ABEMA
1月14日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top