麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/4 Mリーグ2021 第2試合結果】ゼウスの超攻撃麻雀が光る!鈴木たろうが小林剛との競り合いを制してトップ獲得!

【1/4 Mリーグ2021 第2試合結果】ゼウスの超攻撃麻雀が光る!鈴木たろうが小林剛との競り合いを制してトップ獲得!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」52日目が1月4日(火)に開催された。

1月4日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は朝倉が充実した内容でトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:二階堂亜樹

南:鈴木たろう

西:小林剛

北:萩原聖人

第2試合

東1局、たろうが[赤⑤][⑥]がくっつきリーチ。

東1局 たろうの手牌 ©ABEMA

早いリーチに小林が、456三色が見える手で押して放銃。たろうの2600のアガリでスタート。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA
東1局 たろう リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

東2局、親番のたろうがドラを使い切った仕掛けでテンパイの亜樹から中・白・ドラ2の12000和了。2900聴牌取らずの選択が光った。

東2局 たろうの手牌 ここから2900のテンパイとらず打4s ©ABEMA

東2局1本場は亜樹のアガリでたろうの親が流れる。

東2局1本場 亜樹 北・赤 700・1300 ©ABEMA

東3局、北家のたろうがドラの[北]を暗刻にしたカン[3]待ちをヤミテン。

東3局 たろうの手牌 ©ABEMA

小林もカン[七]を仕掛けてカン[⑥]待ちのテンパイ。赤を2枚引き入れ終盤には5800のテンパイになる。

東3局 小林の手牌 ©ABEMA

終盤小林が[北]を切るとたろうが大明槓するが、アガリは出ずに流局。

小林、萩原、たろうの三人テンパイ。

東3局 流局 ©ABEMA

連荘した親の小林。配牌にはドラ赤赤が内蔵された魅力的な手牌だが、最終的にはドラと赤を1枚ずつ切って[9]単騎リーチ。ツモって4000オールでトップ目のたろうに迫る。

東3局1本場 小林 リーチ・ツモ・ドラ1・赤1 4000オール ©ABEMA

東3局2本場、小林が[白]のポンから仕掛けて一向聴だが、ラス目の亜樹からリーチが飛んでくる。

東3局2本場 小林の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

小林はなんとかまわり切り、結果は亜樹の一人テンパイで流局。

東3局2本場 流局 ©ABEMA

東4局3本場、小林が高目三色のリーチ。安目ツモだがトップ目に立ち、南入。

東4局3本場 小林 リーチ・ツモ・赤1 1000・2000 ©ABEMA

南1局、1万点を割った亜樹の親番。[南]のポンから仕掛けていく。

小林が早々にピンフのテンパイをヤミテンとしていたが親の亜樹の仕掛けもあり、ドラの[東]で撤退。

南1局 小林の手牌 ©ABEMA

これまでアガリがない萩原、リーチとするも、宣言牌の[⑥]を亜樹が仕掛けてテンパイ。次巡亜樹がツモって500オールで連荘。

南1局 萩原の手牌 ©ABEMA
南1局 亜樹 南 500オール ©ABEMA

南1局1本場は終盤で萩原がドラの[8][⑤]のシャンポン待ちをツモ切りリーチ。待ち牌は山に無く、萩原の一人テンパイで流局。

南1局1本場 流局 ©ABEMA

南2局2本場、小林が[白]のポンから発進。

南2局2本場 流局 ©ABEMA

すると親のたろうも[⑥]をポンして[発]バックの仕掛け。

たろうにドラの[西]が重なったところでテンパイした小林から[発]が放たれ、たろうカン[④]テンパイ。たろうは配牌からテンパイまでかなり厳しいかと思われたが、テンパイまでこぎつけた。結果は流局。

南2局2本場 流局 ©ABEMA

南2局3本場、たろうが場風の[南]をポン。ライバルたろうの親を落そうと小林もタンヤオで仕掛けていく。

先にテンパイしたのは小林。カン[6]でテンパイ。

南2局3本場 小林の手牌 ©ABEMA

たろうから浮いている[6]が放たれるかと思われたが、小林の仕掛けを見てたろうは[西]を対子で落としていく。[4]を引き入れ最終的にはカン[5]のテンパイ。

南2局3本場 たろうの手牌 ©ABEMA

萩原も[5][8]待ちのテンパイとなり、リーチ。

南2局3本場 萩原の手牌 ©ABEMA

小林は撤退を選択し、萩原の[5][8]対たろうのカン[5]となったが、結果はたろうが[赤5]ツモ。

2600オールツモで小林を逆転。

南2局3本場 たろう 南・赤2 2600オール

南2局4本場はまたもたろうのアガリ。[白][一]とポンして最終的には[3]単騎待ち。

南2局4本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

場には[4]が4枚見えており、かなり景色が良い[3]単騎。山にも2枚残っていたが、亜樹が放銃。

たろうは7700のアガリで2着目小林との差をつけた。

南2局4本場 たろう 白・赤2 7700 ©ABEMA

たろうの親が終わったのは南2局5本場。自風の[西]をポンした萩原、[中]が暗刻でドラドラの満貫テンパイ。

たろうのリーチ宣言牌を捉えた。

南2局5本場 たろうの手牌 ©ABEMA
南2局5本場 萩原 中・西・ドラ2 8000 ©ABEMA

南3局、たろうを追いかける小林、自風の[東]から仕掛けていく。

たろうも自身の手牌が整い、手を進めていくと同時に小林はキー牌を鳴くことができ、[赤⑤]をツモって4000オール。小林がたろうを抜き去りトップ目に。

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA
南3局 小林 東・赤3 4000オール ©ABEMA

南3局1本場、萩原が国士に向かうも[南]が4枚見えてしまう。

南3局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA

国士がなくなったことで親の小林がリーチ。亜樹も[5][8]のノベタンで小林と同テンリーチ。

たろうはここでドラの[⑧][二][四]と危険牌を切り飛ばし最終的にはツモ番なしリーチを敢行。結果3人聴牌で流局となった。

南3局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA
南3局1本場 流局 ©ABEMA

南3局2本場は、たろうがカン[六]先制リーチ。萩原もテンパイして流局。オーラスへ。

南3局2本場 たろうの手牌 ©ABEMA
南3局2本場 流局 ©ABEMA

南4局3本場供託4本、亜樹が国士に向かう。

南4局3本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

萩原が亜樹の国士を警戒し、[①]を切らず[④]切りとするとたろうが[④]をポンしてテンパイ。

南4局3本場 萩原の手牌 ©ABEMA
南4局3本場 たろうの手牌 ©ABEMA

小林から[四]が放たれ、たろうが逆転トップ。

南4局3本場 小林の手牌 ©ABEMA
南4局3本場 たろう タンヤオ・赤2 3900 ©ABEMA

村上の苦しい展開を払拭、終始攻め続けたたろうのトップとなった。

第2試合トップのたろう ©ABEMA

第2試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+68.2
2位 小林(Pirates)+22.6
3位 萩原(雷電)▲23.1
4位 亜樹(風林火山)▲67.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月4日トータル結果

Pirates(朝倉1着・小林2着)+90.9
ドリブンズ(村上4着・たろう1着)+20.7
雷電(黒沢2着・萩原3着)▲17.5
風林火山(勝又3着・亜樹4着)▲94.1

Piratesが大きく加点して4位に、風林火山は苦しみ3位に陥落した。苦戦が続く雷電はマイナスが600ポイントに乗ってしまった。次の木曜日の戦いではなんとかトップを取って今後に繋げていきたいところだ。

1月4日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月6日の対局チーム ©ABEMA
1月4日終了時点の個人ランキング

関連ページ

新着記事

Return Top