麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【2/3 Mリーグ2021 第2試合結果】茅森早香が鋭い攻守で場を支配し完勝!フェニックスはプラス圏に転じる!

【2/3 Mリーグ2021 第2試合結果】茅森早香が鋭い攻守で場を支配し完勝!フェニックスはプラス圏に転じる!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」69日目が2月3日(木)に開催された。

2月3日の対戦カード © ABEMA
解説:鈴木優 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 日向が今シーズン2勝目でABEMAS2位浮上! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松本吉弘

南:本田朋広

西:茅森早香

北:堀慎吾

第2試合

東1局、茅森が[1][5]のシャンポン待ちリーチ。

東1局 堀の手牌 ©ABEMA

待ち牌は山に[5]が1枚残るのみだが、ドラ3になった堀がタンヤオ仕掛けで発進し、[1]が放たれる。

東1局 茅森 リーチ・赤2 5200

茅森が5200のアガリで先制の1撃を決めた。

東2局、茅森がカン[3]待ちタンヤオテンパイのヤミテンから、[3][6]の高め三色となりリーチ。

東2局 茅森の手牌 ©ABEMA

一発で[3]をツモって安めながらも裏1で3000・6000。連続のアガリで大きくリード。

東2局 茅森 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1 3000・6000 ©ABEMA

東3局、本田が5巡目にピンフドラ3のリーチ。

東3局 本田の手牌 ©ABEMA

ヒントの少ない本田のリーチに、堀が押していくが、本田の当たり牌の[9]を引いて小考。結果現物を抜いて撤退。この局は流局した。

東3局 堀の手牌 ©ABEMA

東4局1本場、[②]を暗槓する松本。本田の先制リーチに追いかけ、満貫のアガリを決めて南入。

東4局1本場 本田の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 松本 リーチ・三色・ドラ2 8000 ©ABEMA

南1局、本田が[発]をポン。カン[2]待ちとなり、その後[発]を加槓。

南1局 本田の手牌 ©ABEMA

茅森が、ドラの[1]は本田の仕掛けに怖いところだが、切れば[③][⑥][⑨]待ちのテンパイ。

南1局 茅森の手牌 ©ABEMA
南1局 茅森 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

リーチを宣言し、ツモアガリ。裏ドラが1枚乗り、跳満のアガリで更にリードを広げて局が進む。

南2局ラス目の本田の親番。南2局本田、茅森、堀のテンパイで流局。南2局1本場、2本場と本田がアガリを決め、2着目に浮上。

南2局1本場 本田 リーチ・ツモ・タンヤオ 2600オール ©ABEMA
南2局2本場 本田 リーチ・ツモ 1000オール ©ABEMA

南2局3本場、堀が2000・4000をツモって僅差の2着目に浮上し局が進む。

南2局3本場 堀 タンヤオ・三色・赤1・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

南3局、本田がカン[3]待ちの赤赤テンパイを一旦ヤミテンとするが、次巡[赤五]を引いたことによって、他家の手に赤が無いことがわかり、ツモ切りリーチ。

南3局 本田の手牌 ©ABEMA

すると松本が[3]を切れば[2][5]のテンパイ。小考してリーチを宣言するも本田に放銃。裏ドラが1枚乗り、本田の満貫のアガリとなった。

南3局 本田 リーチ・裏ドラ1・赤2 8000 ©ABEMA

オーラス、堀の手にドラの[発]が対子。

タンヤオに向かう本田から[発]が放たれ、堀が仕掛けてテンパイ。

南4局 堀の手牌 ©ABEMA

本田も[二]をポンしてタンヤオのカン[七]待ちでテンパイ。

どちらも山には残り1枚だが、アガったのは本田。南入時点ではラス目だったが、南2局の親番から巻き返し、2着キープでゲームを終えた。

南4局 本田 タンヤオ 300・500 ©ABEMA

高打点を決めた茅森のトップで、フェニックスのチームポイントはプラスになった。

第2試合トップの茅森 ©ABEMA

第2試合結果
1位 茅森(フェニックス)+67.7
2位 本田(雷電)+6.2
3位 堀(サクラナイツ)▲21.7
4位 松本(ABEMAS)▲52.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月3日トータル結果

フェニックス(東城3着・茅森1着)+49.3
ABEMAS(日向1着・松本4着)+10.1
サクラナイツ(沢崎2着・堀3着)▲16.3
雷電(瀬戸熊4着・本田2着)▲43.1

ABEMASの連続ラス回避記録は23戦でストップ。しかし日向のトップでポイントはキープしている。フェニックスは茅森のトップでプラス圏内に浮上。しかしセミファイナル争いは最後まで熾烈な戦いとなりそうだ。

2月3日終了時点のチームランキング ©ABEMA
2月4日の対局チーム ©ABEMA
2月3日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top