麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【2/10 Mリーグ2021 第1試合結果】勢いが止まらない!高宮まりが7回のアガリを決める!麻雀格闘倶楽部は6位から4位にランクアップ!

【2/10 Mリーグ2021 第1試合結果】勢いが止まらない!高宮まりが7回のアガリを決める!麻雀格闘倶楽部は6位から4位にランクアップ!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」73日目が2月10日(木)に開催された。

2月10日の対戦カード © ABEMA
解説:藤崎智 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:茅森早香

西:瀬戸熊直樹

北:松ヶ瀬隆弥

第1試合

東1局、茅森、瀬戸熊のリーチに親の高宮が追いつき、12000の加点。その後1000オール、700オール、5800と4回連続でアガりを決める。

東1局 茅森の手牌 ©ABEMA
東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東1局 高宮 發・ドラ3・赤1 12000 ©ABEMA

高宮の連荘が止まったのは東1局5本場。松ヶ瀬がヤミテンのカン[7]待ちをアガリ切って東2局へ。

東1局5本場 松ヶ瀬 タンヤオ 1300 ©ABEMA

東2局は全員ノーテンで流局。

東2局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、親の瀬戸熊が好配牌だが、松ヶ瀬が自風の[南]をポンしてすぐにアガって親番を迎える。

東3局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 松ヶ瀬 南・赤1 2000 ©ABEMA

東4局、高宮がドラドラ赤赤内蔵の配牌。リーチとすると、松ヶ瀬が一発目に高宮の当たり牌[八]をキャッチ。

松ヶ瀬が回りながらも、[②][⑤]のリャンメンでテンパイし、リーチを宣言して[八]が打ちだされた。

裏ドラが1枚乗り、高宮12000のアガリを決め南入。

東4局 高宮 リーチ・ドラ3・赤1 12000 ©ABEMA

南1局、これまでアガリが取れず、放銃に回っていた茅森が500・1000をアガって親番を迎える。

南1局 茅森 タンヤオ・赤1 500・1000 ©ABEMA

この親番で茅森、1000オール、1000オール、12000と3回連続でアガリ、2着目に浮上。

南2局2本場 茅森 東・ドラ2・赤1 1000 ©ABEMA

南2局3本場、松ヶ瀬の先制リーチ、瀬戸熊が仕掛けて満貫のテンパイだが、高宮が仕掛けて追いつき、瀬戸熊の放銃となった。

南2局3本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 高宮 タンヤオ 2000 ©ABEMA

南3局、親の瀬戸熊が萬子のメンホンテンパイ。リーチとするも流局。

南3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

南3局1本場、瀬戸熊ここでアガリを決めたいところだが、高宮が役ナシでテンパイ。ヤミテンに構えツモってオーラスへ。

南3局 高宮 ツモ 400・700 ©ABEMA

南4局、茅森が[7]のポンから発進し、[中]バックの仕掛け。この仕掛けに茅森の上家の高宮がアシスト気味に牌を切りだしていく。

南4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

3着目と4着目を争う瀬戸熊と松ヶ瀬。テンパイノーテンでも着順が変わる二人の勝負は、瀬戸熊テンパイ、松ヶ瀬ノーテンで流局し、第1試合終了。

南4局 流局 ©ABEMA

高宮は前回退院後の復帰戦、悔しい3着からの今回アガリを7回決めた大きなトップを持ち帰り、麻雀格闘倶楽部は6位から4位へランクアップした。

第1試合トップの高宮 ©ABEMA

第1試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+84.5
2位 茅森(フェニックス)+3.1
3位 瀬戸熊(雷電)▲32.4
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲55.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果記事はコチラ

第2試合は近藤がオーラスに抜け出して価値ある1勝! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top