麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【3/8  Mリーグ2021-22 第2試合結果】黒沢咲が大接戦のオーラスを華麗な門前ホンイツで制する!滝沢和典は苦しい4着でMVP争いから一歩後退!

【3/8 Mリーグ2021-22 第2試合結果】黒沢咲が大接戦のオーラスを華麗な門前ホンイツで制する!滝沢和典は苦しい4着でMVP争いから一歩後退!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021-22」88日目が3月8日(火)に開催された。

3月8日の対戦カード © ABEMA
解説:藤崎智 実況:小林未沙 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA
3月31日(木)「Mリーグプレミアムナイト」開催決定!チケットサポーター先行販売中!

「Mリーグ2021プレミアムナイト」 2022年3月31日(木)に約2年ぶりの開催決定!観戦チケットを2022年3月4日より先行販売開始

第1試合出場選手

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 滝沢トップでMVP争いに食い込めるか ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:魚谷侑未

南:鈴木たろう

西:黒沢咲

北:滝沢和典

第2試合

東1局は黒沢が三色を狙った手組で見事アガリ切り、3000・6000でリード。

東1局 黒沢 リーチ・ツモ・タンヤオ・三色・赤1 3000・6000 ©ABEMA

東2局は魚谷が[6]を暗槓して一盃口カン[④]待ちのテンパイをヤミテン。

東2局 魚谷の手牌 ©ABEMA

滝沢が[2][5]のピンフテンパイをヤミテンとしていたが、[1]を空切りしてリーチ。

東2局 滝沢の手牌 ©ABEMA

親のたろうがテンパイしてリーチを宣言するも、宣言牌は[5]

東2局 たろうの手牌 ©ABEMA

裏ドラが2枚乗って滝沢の8000のアガリとなった。

東2局 滝沢 リーチ・一発・ピンフ・ドラ2 8000 ©ABEMA

東3局親の黒沢がリーチもアガリは出ず1人テンパイで流局。

東3局 流局の手牌 ©ABEMA

連荘した黒沢だが、たろうのリーチに放銃となり、親が落ちる。

東3局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 たろう リーチ・一発・ピンフ・赤1 8000 ©ABEMA

東4局は滝沢の1人テンパイで流局。

東4局 流局 ©ABEMA

次局はたろうと魚谷のリーチ対決。

東4局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA

たろうの先制リーチに一旦は現物を切って回った魚谷がテンパイしなおして勝負。

東4局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

魚谷の5200のアガリで南入。

東4局1本場 魚谷 リーチ・ドラ1・赤1 5200 ©ABEMA

南1局、親の魚谷が1000オールで連荘。

南1局 魚谷 タンヤオ・ドラ1 1000オール ©ABEMA

次局は黒沢の500・1000のアガリで局が進む。

南1局1本場 黒沢 リーチ・ツモ 500・1000 ©ABEMA

南2局、たろう、滝沢の2人テンパイで流局を挟み、次局はテンパイしていた黒沢がたろうのリーチに放銃。全員2万点台の僅差に。

南2局1本場 たろうの手牌、一発で黒沢から7700のアガリに ©ABEMA

南3局は全員テンパイの1局をたろうが制してトップ目に浮上。オーラスまで全員2万点台で、トップ目たろうとラス目黒沢は5100点差と大接戦のオーラスとなった。

魚谷一向聴、たろうが[中]をポンして手を進め、黒沢が門前のホンイツでテンパイ。さらに親の滝沢がリーチと場が沸騰。

東4局 たろうの手牌 ©ABEMA
東4局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東4局 滝沢の手牌 ©ABEMA

結果は黒沢が滝沢からアガリ、4着目からトップになった。

東4局 黒沢 南・ホンイツ 8000 ©ABEMA
第2試合トップの黒沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 黒沢(雷電)+51.0
2位 たろう(ドリブンズ)+7.1
3位 魚谷(フェニックス)▲14.6
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲43.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月8日トータル結果

ドリブンズ(村上2着・たろう2着)+17.8
麻雀格闘倶楽部(滝沢1着・滝沢4着)+15.2
雷電(瀬戸熊4着・黒沢1着)▲2.7
フェニックス(茅森3着・魚谷3着)▲30.3

一日のトータルとしてはほぼイーブンの結果となったが、滝沢がMVPに一歩近づいた後に遠ざかる結果となりほぼ瑞原と沢崎の一騎打ちになると見られる。ドリブンズはトップを取ることができず、セミファイナル進出は事実上かなり厳しいものとなった。上位チームは依然として大混戦となっている。

3月8日終了時点のチームランキング ©ABEMA
3月10日の対局チーム ©ABEMA
3月8日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top