麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【4/22  Mリーグ2021-22 ファイナル4日目 第1試合結果】オーラス800点差を守りきって日向藍子トップ!トータル102.7ポイントになり上位3チーム混戦!

【4/22 Mリーグ2021-22 ファイナル4日目 第1試合結果】オーラス800点差を守りきって日向藍子トップ!トータル102.7ポイントになり上位3チーム混戦!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22ファイナルシリーズ、4日目が4月22日(金)に開催された。

4月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:瑞原明奈 小林剛 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:日向藍子

南:岡田紗佳

西:滝沢和典

北:近藤誠一

第1試合

東1局、日向がダブ東をポンしてテンパイ。赤赤の手牌で手を進めていた滝沢から5800のアガリで連荘。

東1局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東1局 日向 ダブ東・ドラ1 5800 ©ABEMA

次局、滝沢の一人テンパイで流局を挟み東2局2本場岡田の親番。

岡田が一盃口完成のリーチ。近藤岡田の当たり牌[③]が浮いていたが、面子になりカン[四]で追いかけるが、[③]を掴んで岡田のアガリとなった。

東2局2本場 近藤の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 岡田 リーチ・一盃口 3900 ©ABEMA

次局は近藤の早いリーチに赤3の手牌の滝沢が放銃。近藤すぐに失点を取り返す。

東2局3本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
東2局3本場 近藤 リーチ・ピンフ・一盃口 3900 ©ABEMA

次局流局を挟み、東4局1本場近藤の親番。ドラドラの手牌でタンヤオで仕掛けて2000オールのアガリでトップ目に。

東4局1本場 近藤 タンヤオ・ドラ2 2000オール ©ABEMA

 

近藤が連荘した次局、日向が[一][四]待ちのリーチ。岡田が[赤五]に日向の当たり牌[四]をくっつけてテンパイし追いかける。

東4局2本場 日向の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 岡田の手牌 ©ABEMA

軍配は日向。裏3で岡田から8000のアガリとなり、近藤を捲り、南入。

東4局2本場 日向 リーチ・ドラ3 8000 ©ABEMA

南1局、岡田が[中]が暗刻の先制リーチ。ここでも放銃に回ったのは滝沢。裏ドラが1枚乗って5200の岡田のアガリとなった。

南1局 岡田 リーチ・中・ドラ1 5200 ©ABEMA

南2局、近藤が一盃口が完成したカン[6]待ちをヤミテン。滝沢から2600のアガリで局が進む。

南2局 近藤 一盃口 赤1 2600 ©ABEMA

持ち点が1万点を割っている滝沢の親番。1000オールで連荘するも、岡田がタンヤオ仕掛けでさばき、オーラスへ。

南3局1本場 岡田 タンヤオ 1000 ©ABEMA

オーラスは日向が[中]暗刻で仕掛けてテンパイ、岡田がメンホン七対子の[中]単騎、近藤がドラ3のリーチになるが、流局。

南4局 流局 ©ABEMA

供託2本、1本場で満貫ツモでトップになる岡田。ピンフ一盃口ドラ赤のリーチ。

南4局1本場 岡田の手牌 ©ABEMA

滝沢が七対子の[九]単騎でリーチとするが、決着はつかずに流局。

南4局1本場 流局 ©ABEMA

日向は近藤との点差800点を守りきり、ABEMASにトップを持ち帰った。

第1試合トップの日向 ©ABEMA

第1試合結果
1位 日向(ABEMAS)+57.5
2位 近藤(フェニックス)+12.7
3位 岡田(サクラナイツ)▲16.2
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲54.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top