麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【4/22  Mリーグ2021-22 ファイナル4日目 第2試合結果】魚谷侑未が苦しい場面から巻き返して大きな1勝!残すは2日間4試合、優勝の行方はどうなる!?

【4/22 Mリーグ2021-22 ファイナル4日目 第2試合結果】魚谷侑未が苦しい場面から巻き返して大きな1勝!残すは2日間4試合、優勝の行方はどうなる!?

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22ファイナルシリーズ、4日目が4月22日(金)に開催された。

4月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:瑞原明奈 小林剛 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:魚谷侑未

南:佐々木寿人

西:内川幸太郎

北:多井隆晴

第2試合

東1局、内川の一人テンパイで流局、次局魚谷が300・500、東3局内川、寿人のテンパイで流局とじりじりとした展開。

東1局 流局 ©ABEMA
東2局1本場 魚谷 中 300・500 ©ABEMA

大きく状況が動いたのは東3局1本場。

寿人が[一][四][七]待ち、[一]で高目一気通貫のリーチ。

東3局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA

早いリーチを受けたが魚谷も手が進み、[一]が押し出され、寿人の8000のアガリとなった。

東3局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

東4局、南家の魚谷が[南]をポンして萬子のホンイツへ。加槓して打点をあげ、1600・3200のアガリで南入。

東4局 魚谷 南・ホンイツ 1600・3200 ©ABEMA

南1局の親番で寿人が2000・4000のアガリを決め、魚谷親被りとなるが、すかさず南2局1本場で2000・4000の加点。

南1局 寿人 リーチ・一発・ツモ・ドラ1・赤1 2000・4000 ©ABEMA
南2局1本場 魚谷 リーチ・ツモ・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

南3局1本場では内川、多井、魚谷の三人テンパイを制し、魚谷が寿人の100点上を行くトップ目に立ちオーラス。

南3局1本場 内川の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 多井の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 魚谷 三色・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

オーラス、アガればトップの魚谷、寿人両者が仕掛けてテンパイ。軍配は魚谷。寿人からアガってギリギリのオーラスを制し、トップを勝ち取った。

南4局 寿人の手牌 ©ABEMA
南4局 魚谷の手牌 1000 ©ABEMA
第2試合トップの魚谷 ©ABEMA

第2試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+56.1
2位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+14.0
3位 内川(サクラナイツ)▲17.1
4位 多井(ABEMAS)▲53.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

4月21日トータル結果

フェニックス(近藤2着・魚谷1着)+68.8
ABEMAS(日向1着・多井4着)+4.5
サクラナイツ(岡田3着・内川3着)▲33.3
麻雀格闘倶楽部(滝沢4着・寿人2着)▲40.0

フェニックスが2着トップで21日の失点を取り返し再び首位に浮上した。ABEMASは1戦目のトップで3桁に乗せるも悔しい4着で逆戻りとなってしまった。

残すは直接対決4戦。痺れる場面が次々と訪れることだろう。激化を増す戦いに要注目!

また、最終日となる火曜日26日は、17時からの放送となる。その後の表彰式まで放送されることとなっている。

4月21日終了時点のチームランキング ©ABEMA
ファイナルシリーズの対局チーム ©ABEMA
4月22日終了時点ファイナルシリーズ個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top