麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【4/26  Mリーグ2021-22 ファイナル最終日 第2試合結果】トップは滝沢和典、堀慎吾が2着確保でKADOKAWAサクラナイツが初優勝!

【4/26 Mリーグ2021-22 ファイナル最終日 第2試合結果】トップは滝沢和典、堀慎吾が2着確保でKADOKAWAサクラナイツが初優勝!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22ファイナルシリーズ、最終日が4月26日(火)に開催された。

4月26日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:滝沢和典

南:多井隆晴

西:近藤誠一

北:堀真吾

第2試合

東1局、親の滝沢がドラの[南]単騎の七対子をツモり好スタートを決める。

東1局 滝沢 リーチ・ツモ・七対子・ドラ2 6000オール ©ABEMA

東1局1本場では再び滝沢の先制リーチ。

他者が受けに回る中、滝沢がツモアガリを決めリードを広げる。

東1局1本場 滝沢 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 2600オール ©ABEMA

東1局2本場も滝沢が止まらない。

[赤5]を仕掛けてテンパイを入れ、ほどなくしてツモアガリ。

 

順位アップの可能性は低くとも最後まで戦い抜く。

東1局2本場 滝沢 タンヤオ・ドラ1・赤2 4000オール ©ABEMA

東1局3本場、これ以上滝沢を走らせる訳にはいかない多井が決死のリーチで滝沢の連荘を止める。

東1局3本場 多井 リーチ 1300 ©ABEMA

流局を挟んで東2局1本場、親の多井がアガリを決め連荘。

東2局1本場 多井 リーチ・赤1 3900 ©ABEMA

東2局2本場でも親の多井が先制リーチ。

東2局2本場 多井の手牌 ©ABEMA

さらに堀が高め三色の追いかけリーチ。

安めながら堀がツモアガリを決める。

東2局2本場 堀 リーチ・ツモ・裏ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

東3局では多井が先制リーチをアガリきる。

東3局 多井 リーチ・ツモ・裏ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

流局を挟んで東4局1本場、終盤で近藤が高打点のフリテンリーチを敢行。

見事にツモアガリを決め2着目に浮上。

東4局1本場 近藤 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1・赤2・裏ドラ1 4000・8000 ©ABEMA

このアガリでフェニックスが暫定優勝ポジションに浮上し、勝負は南場へ。

南1局は多井が先制リーチ。

滝沢にとって順位アップの可能性を残すため落とせない親番だったがテンパイを入れることができず無念の流局。

南1局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南1局 流局 ©ABEMA

南2局1本場では堀が先制リーチ。

南2局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

しかし、多井が追いかけリーチをツモアガリで親番を維持する。

南2局1本場 多井 リーチ・ツモ 1000オール ©ABEMA

南2局2本場、堀が絶好のカン[三]を引き入れ先制リーチ。

南2局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

仕掛けてテンパイを入れていた多井は対々和に変化しツモればトップ目に浮上するテンパイとなった。

南2局2本場 多井の手牌 ©ABEMA

この局は堀が3000・6000のアガリをものにして、優勝ポジションに復帰。

南2局2本場 堀 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ3・裏ドラ1 3000・6000 ©ABEMA

南3局では後のない多井が高めツモ倍満のリーチに出る。

南3局 多井の手牌 ©ABEMA

しかし、アガリには結びつかず流局となった。

南3局 流局 ©ABEMA

オーラス1本場。

各者の条件は

近藤はアガれば優勝(多井から2000点~3900点は不可)

多井は3倍満のアガリ、もしくは滝沢から跳満のアガリ

堀はラス親のためアガって続行となる

大事な大事な1局、アガリを決めたのは堀。

南4局1本場 堀 ツモ・タンヤオ・赤1 2000オール ©ABEMA

堀のアガリにより条件は以下に変わった。

近藤、跳満のツモアガリ、堀から満貫、滝沢から跳満、多井から倍満。

多井は近藤から役満、滝沢からダブル役満、3倍満をツモもしくは堀から。

堀はノーテン流局で優勝となる。

各者が条件を満たすため試行錯誤する中、アガリをものにしたのはまたも堀。

南4局2本場 堀 チャンタ・ドラ1 7700 ©ABEMA

他者にさらなる条件を突きつける。

近藤は堀から跳満、多井から3倍満、倍満ツモもしくは滝沢から。

多井は近藤からダブル役満、滝沢からトリプル役満、役満ツモもしくは堀から。

倍満ツモを目指す近藤が七対子のリーチ。

南4局3本場 近藤の手牌 ©ABEMA

しかし、アガリ牌は山に残っておらず流局。

南4局3本場 流局 ©ABEMA

この瞬間、KADOKAWAサクラナイツの優勝が決まった。

堀のもとへチームメンバーの内川、岡田、森井監督が駆け寄り、戦列を離れている沢崎へ優勝報告を行った。

沢崎へ優勝報告をするチームメンバー ©ABEMA
優勝したKADOKAWAサクラナイツ ©ABEMA

第2試合結果
1位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+60.1
2位 堀(サクラナイツ)+12.2
2位 近藤(フェニックス)▲20.7
4位 多井(ABEMAS)▲51.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

4月26日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(伊達1着・滝沢1着)+121.0
サクラナイツ(内川3着・堀2着)▲6.8
ABEMAS(白鳥2着・多井4着)▲49.6
フェニックス(近藤4着・近藤3着)▲64.6

苦しい戦いとなった麻雀格闘倶楽部だが、最終日連勝で意地を見せた。

フェニックス、ABEMASも最後の最後まで優勝条件があったが、KADOKAWAサクラナイツが優勝を勝ち取った。

最終チームランキング ©ABEMA
ファイナルシリーズ個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top