麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/3  Mリーグ2022-23 第2試合結果】伊達朱里紗が拘りぬいた四暗刻の一撃で劇的勝利!バースデー登板の本田朋広は苦しい4着に

【10/3 Mリーグ2022-23 第2試合結果】伊達朱里紗が拘りぬいた四暗刻の一撃で劇的勝利!バースデー登板の本田朋広は苦しい4着に

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」初日が10月3日(月)に開催された。

10月3日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合出場選手 ©ABEMA

東:瑞原明奈

南:本田朋広

西:近藤誠一

北:伊達朱里紗

第1試合

親番の瑞原が両面の選択で345三色も見える手牌だが[三][四]を払い、[八]を引き入れてテンパイ。リーチして一発目の赤[赤⑤]をツモ、裏ドラが2枚乗って6000オールを決めた。

東1局 瑞原 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ2・赤1 6000オール ©ABEMA

次局も[西]単騎待ちの七対子をテンパイしリーチ。ツモアガりを決め加点。

東2局1本場 瑞原 リーチ・ツモ・七対子 3200オール ©ABEMA

東4局に近藤が高目三色のテンパイでリーチも、瑞原が安目の[1]で放銃し南入。

東4局 近藤 リーチ・ピンフ 2000 ©ABEMA

南1局、伊達がドラ2赤2の手牌を七対子でテンパイ。[7]単騎から地獄の[西]単騎に待ちを変えた瞬間に、近藤が[7]を切ってリーチ。

南1局 伊達の手牌 ©ABEMA
南1局 近藤の手牌 ©ABEMA

[西]は残り一枚ゆえに逡巡するが、[西]単騎待ち続行。これが実り、次巡[西]をツモ。3000・6000のアガリを決めた。

南1局 伊達 ツモ・七対子・ドラ2・赤2 3000・6000 ©ABEMA

南2局は伊達が安易な聴牌を取らずに手を育てている中、親の本田、近藤が仕掛けを入れた。伊達は高めツモで四暗刻の聴牌にたどり着く。一旦ダマテンにするも、更に入った仕掛けを食い止めるべくリーチをかけて見事ツモアガリ。一気にトップ目に立ち、逃げ切った。

南2局 伊達 四暗刻 8000・16000 ©ABEMA
第2試合トップの伊達 ©ABEMA

第2試合結果
1位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+78.8
2位 瑞原(Pirates)+14.9
3位 近藤(フェニックス)▲35.8
4位 本田(雷電)▲57.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

 

10月3日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(寿人2着・伊達1着)+97.0
フェニックス(魚谷1着・近藤3着)+24.6
Pirates(優4着・瑞原2着)▲46.6
雷電(萩原3着・本田4着)▲75.0

らしい攻めを魅せぬいた麻雀格闘倶楽部が開幕日を制して首位発進。フェニックスも魚谷の開幕戦勝利のポイントをなんとか近藤が3着で凌ぎ切りプラスを確保。Pirates、雷電は苦しいスタートとなったがまだまだこれから。明日は今日出なかった4チームの初陣。新メンバーの渋川の出場はあるのか。

10月3日終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月4日の対戦カード ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top