麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/3  Mリーグ2022-23 第1試合結果】開幕戦師弟対決!結果は魚谷がトップ!初登場の鈴木優は苦しいラス!萩原は四暗刻!?

【10/3 Mリーグ2022-23 第1試合結果】開幕戦師弟対決!結果は魚谷がトップ!初登場の鈴木優は苦しいラス!萩原は四暗刻!?

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」初日が10月3日(月)に開催された。

10月3日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:萩原聖人

南:魚谷侑未

西:佐々木寿人

北:鈴木優

新加入の鈴木優が初登場。

第1試合

東1局開幕初のアガりは魚谷。追いかけリーチをかけた優から5200のアガりを決めた。

 

東1局 優の手牌 ©ABEMA
東1局 魚谷 リーチ・ドラ2 5200 ©ABEMA

 

東2局は魚谷、優のテンパイで流局。

東2局 流局 ©ABEMA

次局は寿人は2000・4000のツモアガリを決め、東3局親番を迎える。

東2局1本場 寿人 リーチ・ツモ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

東3局、魚谷がドラドラの一盃口が完成した手を果敢にリーチすると一発ツモ。3000・6000のアガリで他家を大きく引き離す。

東3局 魚谷 リーチ・一発・ツモ・一盃口・ドラ3 3000・6000 ©ABEMA

 

東4局、初登板で苦しい展開を強いられている優の親番。先制リーチで他家の手を止め、連荘に成功。

東4局 流局 ©ABEMA

 

次局は萩原が[⑥]単騎の七対子テンパイ。魚谷がスリムに構える打[⑥]で放銃し、南入。

東4局1本場 萩原 七対子 1600 ©ABEMA

南1局、魚谷が先制リーチ。完全な安牌がない優がまっすぐに手を進め高目の[一]を一発で放銃。魚谷の12000のアガリとなった。

南1局 魚谷 リーチ・一発・ピンフ・一盃口・ドラ1・赤1 12000 ©ABEMA

南2局、持ち点が5200点となったラス目の優が5巡目のリーチ。

南2局 優の手牌 ©ABEMA

しかし寿人が追いつきツモアガリを決めた。またしても優のアガリは実らない。

南2局 寿人 リーチ・ツモ 700-1300 ©ABEMA

南3局、萩原が四暗刻テンパイでリーチも、親の寿人がカン[⑤]待ちで追いつき勝負。一発で赤[赤⑤]をツモアガり、6000オールで魚谷を抜き去りトップ目に立つ。

南3局 萩原の手牌 ©ABEMA
南3局 寿人 リーチ・一発・ツモ・ドラ1・赤2 6000オール ©ABEMA

南3局1本場は萩原の一人テンパイで流局し、オーラスへ。

箱下の優の親番。寿人が自風の[北]をポンしてテンパイ、魚谷もドラの[発]をポンしてテンパイ。優は万事休すの状態から[四]単騎のリーチを一発で寿人から捉え、望みをつなぐ。

南4局 寿人の手牌
南4局 魚田の手牌
南4局 リーチ・一発・赤1 7700 ©ABEMA

 

南4局1本場は、萩原が[②]単騎の七対子テンパイ。すると魚谷がカン[②]待ちでテンパイしリーチ。

南4局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

 

[②]がすぐに寿人、優のもとに流れ、優が打[②]で放銃。頭ハネで萩原のアガリで第1試合終了。

南4局1本場 優の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 萩原 七対子・ドラ2 6400 ©ABEMA

萩原の四暗刻テンパイ、寿人の怒涛の6000オールなど激しい戦いを制したのはフェニックスのエース魚谷。鈴木優との師弟対決にも一勝をあげる好スタートとなった。

 

第1試合トップの魚谷 ©ABEMA

第1試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+60.4
2位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+18.2
3位 萩原(雷電)▲17.1
4位 優(Pirates)▲61.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top