麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【Mリーグ】赤坂ドリブンズインタビュー「もうそろそろバーンと跳ねたい。モヤモヤする期間が長すぎました。」

【Mリーグ】赤坂ドリブンズインタビュー「もうそろそろバーンと跳ねたい。モヤモヤする期間が長すぎました。」

BULL2021求人ニルウッドカバー

2022年10月3日、Mリーグ2022-23シーズンの開幕式が開催され、同会場では全チームに対して取材が行われた。本記事では、赤坂ドリブンズのインタビューを掲載する。

最高位戦日本プロ麻雀協会の園田賢@sonodaken)、村上淳@zunzuntantan)、鈴木たろう@SuzukiTaro_npm)、丸山奏子@pinpin_maruko)のチーム「赤坂ドリブンズ@AkasakaDrivens)」。

インタビューのフルバージョンはこちら

――開幕を迎えた今の心境は

園田「1年目に優勝したときのときのあの栄光の感じをすごく覚えていて、いろんな人に祝っていただいて、ドリブンズ強いんだって言ってもらっていた時代があって。そこから2年目以降どんどんドリブンズの存在感が薄くなってきている感じがします。もうそろそろバーンと跳ねたいというか。長過ぎました、モヤモヤする期間が。」

村上「本当にちょっと冬の時代が長いというか。僕は特に去年、本当にやっちまったんで、今年は去年負けた分、何なら今まで負けた分全て取り返すくらいの気合で。この4人で優勝したいという気持ちが強いです。」

たろう「見てくれる人に『おーすげー』と思ってもらえるようなことはしたいですね。僕結構『常識を疑え』のようなことを言うのですが、それもちょっと驚かせたいという気持ちが人一倍強くて。何かすごいと思ってもらえるようなものを見せたいですね。」

丸山「私はこれまで選択がブレそうになった瞬間もあったので、気合が空回らないように、気合を持ちつつも冷静にしっかり打ち切りたいと思います。5年でMリーグや麻雀自体に興味を持ってくれる層が広がっていることも肌で感じているので、選択以外の部分でも麻雀の面白さを伝えられるように、気合を入れて頑張りたいです。」

――今季の目標は

園田「目標はもう毎年変わりません。これは本当に面白くないことを言いますが、ドリブンズとしての目標は『チームは優勝』ですし、『個人は全員MVP』だと思います。」

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top