麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/21 Mリーグ2022-23 第2試合結果】松ヶ瀬隆弥が丁寧な手順で僅か8局の短期戦を制す!繊細なる巨砲が炸裂、またも風林火山を救う結果に!

【10/21 Mリーグ2022-23 第2試合結果】松ヶ瀬隆弥が丁寧な手順で僅か8局の短期戦を制す!繊細なる巨砲が炸裂、またも風林火山を救う結果に!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12日目が10月21日(金)に開催された。

10月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:多井隆晴

南:松ヶ瀬隆弥

西:内川幸太郎

北:近藤誠一

第2試合

東1局、親番の多井が10巡目に嵌[6]待ちでリーチ。

東1局 多井の手牌 ©ABEMA

宣言牌の[八]を松ヶ瀬がチー。一気通貫のテンパイを取る。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬が押し切り、多井が[六]を掴んで決着。2000のアガリとなる。

東1局 松ヶ瀬 一気通貫・赤1 2000 ©ABEMA

東2局は単騎待ちのテンパイを入れていた多井が待ちを[東]に変え果敢にリーチ。

東2局 多井の手牌 ©ABEMA

同順に近藤が[⑤][⑧]待ちで追いかけリーチをかける。

東2局 近藤の手牌 ©ABEMA

二軒リーチを受けた内川が対子の[東]を選び多井に放銃。

多井1600のアガリ。

東2局 多井 リーチ 1600 ©ABEMA

東3局も多井がリーチで攻め立てる。待ちは嵌[6]

東3局 多井の手牌 ©ABEMA

[6]が山から無くなった終盤、近藤にも嵌[七]待ちのテンパイが入る。

タンヤオ・赤1・ドラ2の手、ダマを選択する。

東3局 近藤の手牌 ©ABEMA

ハイテイで近藤の左手が最後の[七]を引き寄せ、3000・6000のアガリが炸裂。

東3局 近藤 ハイテイ・ツモ・タンヤオ・イーペーコー・赤1・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

東4局、多井が[⑤]をポンして嵌[4]待ち3900のテンパイを入れる。

東4局 多井の手牌 ©ABEMA

ホンイツで仕掛けていた内川も追いつき、[4][7]待ちに。

東4局 内川の手牌 ©ABEMA

内川有利かと思われたが、終盤に多井が[4]をツモ。

1000・2000の加点となった。

東4局 多井 タンヤオ・赤2 1000・2000 ©ABEMA

南1局はトップ目の近藤が[三][六]待ちの先制リーチ。

南1局 近藤の手牌 ©ABEMA

前巡からダブ[南]の対子落としを入れていた松ヶ瀬。多井の表情が歪む。

南1局 多井の表情 ©ABEMA

タンピンに仕上げた松ヶ瀬がすぐに[⑤][⑧]待ちで追いつき、リーチを宣言。

南1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

近藤が一発で[⑧]を掴み放銃。

松ヶ瀬が8000のアガリでトップ目に立った。

南1局 松ヶ瀬 リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ 8000 ©ABEMA

南2局は多井の1人テンパイで流局。

南3局1本場は近藤がダブ[南]のポンから発進するが、終盤までもつれこむ。

先制テンパイは松ヶ瀬。嵌[七]待ちでヤミテンを入れる。

南3局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

多井にも待望のテンパイが入る。[一][四]待ちでリーチ。

南3局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

しかし直後に松ヶ瀬がツモの発声。

2000・4000のアガリで1人抜け出しオーラスへ。

南3局1本場 松ヶ瀬 ツモ・イーペーコー・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

オーラス、松ヶ瀬が42300、多井が23500、親番の近藤が22900、内川が11300という並び。

僅差の多井と近藤は両者とも手が伸びず、河が3段目に差し掛かったところでオリを決意する。

内川にもテンパイが入らず、松ヶ瀬の1人テンパイで流局。

オーラス 流局 ©ABEMA

親番の連荘が一度もなく、僅か8局で幕を閉じた第2試合。

繊細なる巨砲・松ヶ瀬が抜群の安定感を見せ、風林火山にトップを持ち帰った。

第2試合トップの松ヶ瀬 ©ABEMA

第2試合結果
1位 松ヶ瀬(風林火山)+65.3
2位 多井(ABEMAS)+2.5
3位 近藤(フェニックス)▲18.1
4位 内川(サクラナイツ)▲49.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月21日トータル結果

サクラナイツ(堀1着・内川4着)+27.7
風林火山(亜樹4着・松ヶ瀬1着)+15.5
ABEMAS(白鳥2着・多井2着)+1.8
フェニックス(東城3着・近藤3着)▲45.0

今回はトップラスを分け合う形になり全体的に大きなスコアの変動はなかった。しかしABEMASは着実な連続連対でポイントをキープ。首位の牙城はしばらく揺らぐことはなさそうだ。10月の序盤戦をABEMASがどのようなスコアで終えるのかに注目が集まるだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月24日の対戦カード ©ABEMA
10月24日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top