麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/21 Mリーグ2022-23 第1試合結果】堀慎吾がファンを唸らせる完璧な内容で今期初トップ!2着争いは白鳥翔に軍配

【10/21 Mリーグ2022-23 第1試合結果】堀慎吾がファンを唸らせる完璧な内容で今期初トップ!2着争いは白鳥翔に軍配

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12日目が10月21日(金)に開催された。

10月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:二階堂亜樹

南:堀慎吾

西:東城りお

北:白鳥翔

第1試合

東1局、親番の亜樹にドラの[西]がアンコの大物手が入る。

東1局 亜樹の手牌 ©ABEMA

しかし先制テンパイは白鳥。[③][⑥]待ちでリーチ。

東1局 白鳥の手牌 ©ABEMA

ほどなくして[⑥]をツモ、500・1000のアガリで立ち上がりとなった。

東1局 白鳥 リーチ・ツモ 500・1000 ©ABEMA

東2局は白鳥が七対子のイーシャンテンからドラの[8]をポンしてトイトイに移行。

これに対して親番の堀は[4][5]のシャンポン待ちでリーチ。真っ向勝負に出る。

東2局 堀の手牌 ©ABEMA

最終巡で白鳥は形式テンパイへ。

東2局 白鳥の手牌 ©ABEMA

亜樹にもテンパイが入る。

堀には[8]が通っており、[3]が場に4枚見えていたことで[5]が打ち出される。

東2局 亜樹の手牌 ©ABEMA

堀が7700の加点に成功。

東2局 堀 リーチ・タンヤオ・赤1 7700 ©ABEMA

東2局1本場は堀と亜樹の2人テンパイで流局。

東2局2本場、堀が[②][⑤]待ちで先制リーチ。

東2局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

読みを入れつつ回っていた白鳥にもテンパイが入るが、宣言牌の[②]が堀に掴まる。

東2局2本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

堀5800のアガリで連荘へ。

東2局2本場 堀 リーチ・ピンフ・イーペーコー 5800 ©ABEMA

東2局3本場も堀が止まらない。

絶好の[④]を引き入れ、[①][④][⑦]待ちでリーチ。

東2局3本場 堀の手牌 ©ABEMA

[②]が3枚見えていた白鳥、アンコの[①]を選び放銃。

東2局3本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

堀が再び5800のアガリ。

東2局3本場 堀 リーチ・ピンフ・赤1 5800 ©ABEMA

東2局4本場は東城と白鳥がホンイツでぶつかる。

東城はソウズに染めて嵌[2]待ち。

東2局4本場 東城の手牌 ©ABEMA
東2局4本場 東城の手牌 ©ABEMA

白鳥はマンズで染めて[南][西]のシャンポン待ち。

東2局4本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
東2局4本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

制したのは東城。白鳥から[2]を討ち取り、3900のアガリ。

東2局4本場 東城 白・ホンイツ 3900 ©ABEMA

東3局は堀がトリッキーな仕掛けを入れる。

[⑤][⑧]の両面ターツからドラの[⑦]をポン。

東3局 堀の手牌 ©ABEMA

東城にテンパイが入る。[①]が堀の現物でダマに受ける。

東3局 東城の手牌 ©ABEMA

終盤に堀が[中]をツモ。2000・4000のアガリで持ち点が50000点を超えた。

東3局 堀 中・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

東4局はここまで苦しい展開が続いていた親番の白鳥がホンイツで仕掛ける。

東4局 白鳥の手牌 ©ABEMA

ドラの[東]単騎待ちにすると18000が確定するが、ここは冷静に枚数を選び[六][九]待ちに受ける。

東4局 白鳥の手牌 ©ABEMA

欲張らなかったことが功を奏して2000オールのアガリ。

東4局 白鳥 中・ホンイツ 2000オール ©ABEMA

東4局1本場は亜樹の守備力が光り放銃を回避。堀の1人テンパイで流局となり南入。

南1局2本場、再び親番を迎えた亜樹が[一][⑥]のシャンポン待ちで先制リーチ。

南1局2本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

トップ目の堀が動く。

タンヤオで仕掛けていき、[2][5][8]待ち満貫のテンパイ。

南1局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

亜樹が[2]を掴み放銃。

堀8000の加点でトップが盤石になる。

南1局2本場 堀 タンヤオ・赤3・ドラ1 8000 ©ABEMA

南2局は東城と白鳥が仕掛けそれぞれにテンパイ。

南2局 東城の手牌 ©ABEMA
南2局 白鳥の手牌 ©ABEMA

親番の堀にもテンパイが入り、[2]で白鳥への満貫放銃かと思われたが、面子を崩して完璧なセーブを決める。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA

東城から[2]が打ち出され白鳥のアガリ。8000の加点で2着目へ浮上した。

南2局 白鳥 タンヤオ・ドラ2・赤1 8000 ©ABEMA

南3局は白鳥がチャンタで仕掛け堀から1000のアガリ。オーラスへ。

南3局 白鳥 チャンタ 1000 ©ABEMA

オーラスは堀が65400点持ち、親番の白鳥が19300、東城が13100、亜樹が2200という並び。

先制リーチは亜樹。[七][白]のシャンポン待ちで素点回復を目指す。

オーラス 亜樹の手牌 ©ABEMA

堀から対子の[白]が選ばれて決着。

亜樹の8000のアガリで終局となった。

オーラス 堀の手牌 ©ABEMA
オーラス 亜樹 リーチ・白・ドラ2 ©ABEMA

今シーズン3回目の登板で初トップを飾った堀。

完璧な押し引きでファンを唸らせた。

第1試合トップの堀 ©ABEMA

第1試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+77.4
2位 白鳥(ABEMAS)▲0.7
3位 東城(フェニックス)▲26.9
4位 亜樹(風林火山)▲49.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top