麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/28 Mリーグ2022-23 第1試合結果】勝又健志が強烈な6000オールを決め今シーズン初トップを獲得!2着は日向藍子、ラスなし記録は続行へ

【10/28 Mリーグ2022-23 第1試合結果】勝又健志が強烈な6000オールを決め今シーズン初トップを獲得!2着は日向藍子、ラスなし記録は続行へ

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」16日目が10月28日(金)に開催された。

10月28日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:黒沢咲

南:日向藍子

西:瑞原明奈

北:勝又健志

第1試合

東1局は勝又の1人テンパイで流局。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局1本場は黒沢が[⑤][⑧][白]待ちで先制リーチ。

東2局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

黒沢のリーチを受けて慎重に打ち回していた瑞原。

[⑤]テンパイが[①][④]待ちに変わり、追いかけリーチをかける。

東2局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

勝又に2巡連続でドラの[①]が押し寄せ、瑞原の当たり牌が山から無くなる。

[三][六]待ちの大物手に育ち勝負に出るが、こちらも山には0枚。

東2局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

黒沢の当たり牌を3人で掘り起こす構図となったこの局。

終盤に瑞原が[⑧]を掴み放銃。黒沢5500の加点となった。

東2局1本場 黒沢 リーチ・イーペーコー・裏1 5200 ©ABEMA

東3局は日向が[六][九]待ちの先制リーチ。

[六]をツモ、裏が1枚乗り2000・4000のアガリとなった。

東3局 日向 リーチ・ツモ・赤1・裏1 2000・4000 ©ABEMA

東4局は親番の勝又が嵌[⑤]を引き入れての先制リーチ。

ほどなくして[九]をツモると、裏ドラが暗刻の[③]になり、6000オールの加点。

強烈な一撃で一気にトップ目に立った。

東4局 勝又 リーチ・ツモ・ドラ1・裏3 6000オール ©ABEMA

東4局1本場は日向に123の三色手が入り、嵌[⑦]待ちでテンパイ。

ドラの[発]を放ち、ダマに受ける。

東4局1本場 日向の手牌 ©ABEMA

この[発]を黒沢がポン。

東4局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

仕掛けを受けて親番の勝又もチャンタでかわしにかかる。

東4局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

冷静にダマを続行した日向が[⑦]をツモ。

1000・2000のアガリでトップ圏内へ浮上し南入。

東4局1本場 日向 ツモ・三色同順 1000・2000 ©ABEMA

南1局、日向がくっつきのイーシャンテンからダブドラの[赤5]を引き入れテンパイ。

5200と打点が十分で、ダマを選択。

南1局 日向の手牌 ©ABEMA

トップ目の勝又が[6]を掴み放銃。

南1局 勝又の手牌 ©ABEMA

5200の直撃でトップが日向に入れ替わった。

南1局 日向 タンヤオ・赤1・ドラ1 5200 ©ABEMA

南2局は瑞原が[①][④]待ちの先制リーチ。雀頭がドラの[9]で打点は十分。

南2局 瑞原の手牌 ©ABEMA

黒沢が[二][五]待ちで追いつく。[五]は瑞原の現物だが、ここはリーチで勝負に出る。

南2局 黒沢の手牌 ©ABEMA

黒沢が[①]を掴む形で決着となる。瑞原5200のアガリ、点数を回復させて親番へ。

南2局 瑞原 リーチ・ドラ2 5200 ©ABEMA

南3局、ダブ[南]のポンから仕掛けた勝又が[三][六]待ちでテンパイ。

南3局 勝又の手牌 ©ABEMA
南3局 勝又の手牌 ©ABEMA

黒沢が[9]をポンして[北]とドラの[中]のシャンポン待ちになる。

[中]は日向にも対子。

南3局 黒沢の手牌 ©ABEMA

捨て牌が3段目に差し掛かったところで親番の瑞原にもテンパイが入る。

[三]待ちでリーチを敢行するが、山には残っていない。

南3局 瑞原の手牌 ©ABEMA

瑞原が[六]を掴み勝又に放銃。

3900のアガリで勝又が再びトップ目に立った。

南3局 勝又 ダブ南・赤1 3900 ©ABEMA

オーラス、親番の勝又が39600点持ち、日向が35500、黒沢が17200、瑞原が7700という並び。

先制テンパイは勝又。ピンフのみの手だが、日向との差をつけるためリーチを選択する。

[⑦]をツモ、1300オールのアガリで1本場へ。

オーラス 勝又 リーチ・ツモ・ピンフ 1300オール ©ABEMA

オーラス1本場、黒沢が[白]のポンから発進。

副露率6%の黒沢がこのような仕掛けを入れることは滅多にないが、これで本日3副露目。

チームのためを想って3着確保へと向かう。

勝又が急所の[④]をアシストしてテンパイ。

オーラス1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

日向は逆転手のイーシャンテンだったが、黒沢が[6]をツモ。

500・1000のアガリで終局となった。

オーラス1本場 日向の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 黒沢 白・ドラ1 500・1000 ©ABEMA

勝又は今期5戦目の登板で初トップ。

勝ってなお「内容は良くなかった」と語る勝又は、まさに軍司たる佇まいだった。

第1試合トップの勝又 ©ABEMA

第1試合結果
1位 勝又(風林火山)+62.4
2位 日向(ABEMAS)+13.6
3位 黒沢(雷電)▲21.8
4位 瑞原(Pirates)▲54.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top