麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/28 Mリーグ2022-23 第2試合結果】鈴木優が戦闘民族の本領発揮で個人2連勝!2着争いは多井隆晴に軍配!ABEMASはラス無しで10月を終える!

【10/28 Mリーグ2022-23 第2試合結果】鈴木優が戦闘民族の本領発揮で個人2連勝!2着争いは多井隆晴に軍配!ABEMASはラス無しで10月を終える!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」16日目が10月28日(金)に開催された。

10月28日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:多井隆晴

南:鈴木優

西:二階堂亜樹

北:黒沢咲

第2試合

東1局、亜樹が[①][④][⑦]待ちの先制リーチ。

東1局 亜樹の手牌 ©ABEMA

リーチ宣言牌として打ち出された[赤5]を親番の多井がポン。

[白]から仕掛けていた多井にもテンパイが入る。

東1局 多井の手牌 ©ABEMA

亜樹が[①]をツモ、1300・2600のアガリで立ち上がりとなる。

東1局 亜樹 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 1300・2600 ©ABEMA

東2局は亜樹が[東]のポンから仕掛けテンパイ。

マンズのホンイツに向かっていた親番の優から[2]が打たれ、3900のアガリ。

東2局 優の手牌 ©ABEMA

2局連続の加点でペースを作っていく。

東2局 亜樹 東・赤1・ドラ1 3900 ©ABEMA

東3局は3巡目に優が[白]をポンしてテンパイ。

すぐに多井から[③]が打たれ、1000のアガリ。

東3局 優 白 1000 ©ABEMA

東4局は親番の黒沢、多井、優の3者が1巡目でイーシャンテンという珍しい構図。

東4局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東4局 多井の手牌 ©ABEMA
東4局 優の手牌 ©ABEMA

先制リーチは優の七対子。

東4局 優の手牌 ©ABEMA

しかし直後に役なしのテンパイを入れていた多井が[④]をツモ。

500・1000のアガリで南入へ。

東4局 多井 ツモ・ドラ1 500・1000

南1局は親番の多井が[南]を仕掛け2900のテンパイ。

南1局 多井の手牌 ©ABEMA

ここに優がドラの[七]を引き入れてリーチを宣言。

河には[④][赤⑤]が切れており、辺[⑦]待ちは狙い目とみたか。

南1局 優の手牌 ©ABEMA

多井が[⑦]を掴んで放銃。裏が1枚乗り、優5200のアガリ。

南1局 優 リーチ・ドラ1・裏1 5200 ©ABEMA

南2局はトップ目の亜樹が[五][八]待ちの先制リーチ。

南2局 亜樹の手牌 ©ABEMA

[白]をポンしていた親番の優にも赤2・ドラ1の12000テンパイが入る。

戦闘民族・優の強烈なプッシュが始まる。

南2局 優の手牌 ©ABEMA

試合を決定付けるめくり合いを制したのは優。

亜樹から最後の[六]を討ち取り、12000の加点でトップ目に立った。

南2局 優 白・三色同順・赤2・ドラ1 12000 ©ABEMA

南2局1本場は多井が山に5枚残っている[⑤][⑧]待ちでリーチをかけるが、亜樹との2人テンパイで流局。

南2局1本場 流局 ©ABEMA

南3局は多井が苦しい配牌をホンイツに仕上げ[八]単騎待ちのテンパイ。

南3局 多井の手牌 ©ABEMA
南3局 多井の手牌 ©ABEMA

強気の選択を見せていた亜樹がリーチ宣言牌で[八]を放つ。

南3局 亜樹の手牌 ©ABEMA

多井が3900のアガリで2着に浮上し、オーラスへ。

南3局 多井 中・ホンイツ 3900 ©ABEMA

オーラス、優が36000点持ち、多井が25200、親番の黒沢が21200、亜樹が17600という並び。

優が[西]の後付けでチーから仕掛けると、すぐに鳴けてテンパイ。

あえて暗刻のドラ[③]を切ることで他家に安いと思わせ、辺[三]待ちに。

オーラス 優の手牌 ©ABEMA

そこに跳満ツモ条件の多井がリーチ。

リーチ・ピンフ・赤2・ドラ1の手で、ツモれば問答無用で逆転トップに立つ。

オーラス 多井の手牌 ©ABEMA

優と多井のめくり合いに突入するかと思われた直後、優があっさりと[三]をツモ。

2000・4000のアガリを決めてトップをものにした。

オーラス 優 西・赤1・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

Piratesに今シーズンから加入した優は前回の登板に続き個人連勝の2勝目。

戦闘民族・優の本領が発揮された1戦だった。

終局後 優に手牌以外のドラを全部持たれていたと説明する多井 ©ABEMA
第2試合トップの優 ©ABEMA

第2試合結果
1位 優(Pirates)+65.0
2位 多井(ABEMAS)+2.2
3位 黒沢(雷電)▲22.8
4位 亜樹(風林火山)▲44.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月28日トータル結果

風林火山(勝又1着・亜樹4着)+18.0
ABEMAS(日向2着・多井2着)+15.8
Pirates(瑞原4着・優1着)+10.8
雷電(黒沢3着・黒沢3着)▲44.6

今回はトップラスを分け合う形となり、大きく加点するチームは無かった。ABEMASは10月を7-6-3-0、平均順位1.75と驚異的な成績で終え、大きなスタートダッシュに成功した。Piratesは優が大きな個人連勝でポイントの意地に成功した。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月31日の対戦カード ©ABEMA
10月28日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top