麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/15 Mリーグ2022-23 第1試合結果】レギュラーシーズン100戦目!バースデーの記念すべき日に亜樹が今シーズン初トップ!村上はオーラス着順アップ成功で2着!

【11/15 Mリーグ2022-23 第1試合結果】レギュラーシーズン100戦目!バースデーの記念すべき日に亜樹が今シーズン初トップ!村上はオーラス着順アップ成功で2着!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」26日目が11月15日(火)に開催された。

11月15日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:小林剛

南:村上淳

西:二階堂亜樹

北:日向藍子

亜樹はバースデー登板。

第1試合

東1局、親の小林がダブ東の[東][北]、赤含みで[⑤]をポン。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA

最終的には[1][4]のノベタンでテンパイ。小林の打点が見える仕掛けだが、日向がカン[八]待ちでテンパイしリーチ。

東1局 日向 リーチ・ツモ・赤1 1000・2000 ©ABEMA

結果は日向の1000・2000のアガリとなった。

東2局、リーチの現物待ちピンフでテンパイしている小林。亜樹のリーチに安全牌はなく、押した[②]で亜樹のアガリに。

東2局 小林の手牌 ©ABEMA

裏ドラが2枚乗って12000で亜樹リード。

東2局 亜樹 リーチ・ピンフ・ドラ4 12000 ©ABEMA

東3局日向の一人テンパイで流局を挟み、東4局1本場。

カンチャンの選択が成功した村上。先制リーチにたどり着き、ツモアガリ。

1300・2600のアガリで亜樹に迫る。

東4局1本場 村上 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 1300・2600 ©ABEMA

南1局、村上が[中]を仕掛けてのちに加槓し8000のテンパイ。亜両面の[2][5]待ちだったがすでに場に6枚切られていて、新ドラの表示牌に見えたのは[2][2][5]は合計7枚見え。

南1局 村上の手牌 ©ABEMA

嶺上から持ってきた[②]単騎待ちとすると、その後[②]は亜樹のリーチのスジとなり、テンパイしている日向から[②]が放たれ、村上8000のアガリでトップ目に立つ。

南1局 亜樹の手牌 ©ABEMA
南1局 日向の手牌 ©ABEMA
南1局 村上 中・ドラ2・赤1 8000 ©ABEMA

南2局、亜樹の先制リーチに親の村上粘るも最終手番でテンパイを崩し、流局。

南3局1本場 親の亜樹が七対子テンパイ。[9]単騎でリーチをかけると、リーチの一発目、タンヤオ赤2ドラ1でテンパイしている村上の手に[9]がやってくる。

南3局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 村上の手牌 ©ABEMA

小考し、そっと[9]を置くと亜樹からロンの声。亜樹はトップ目の村上から9600の直撃で大きく差をつけたトップ目にたった。

南3局1本場 亜樹 リーチ・一発・七対子 9600 ©ABEMA

次局は日向が2000・4000のツモアガリで村上と1500点差の2着目に浮上しオーラスへ。

南3局1本場 日向 リーチ・ツモ・ドラ1・赤1 2000・4000 ©ABEMA

2000点で着順アップできる村上。タンヤオで仕掛けて2000点のテンパイ。

カン[三]から[三][六]テンパイに変化したところで、村上の最終手出し[二]を見て亜樹が[三]を差し込みフィニッシュ。

南4局 亜樹の手牌 ©ABEMA
南4局 村上 タンヤオ・ドラ1 ©ABEMA

今シーズン苦しい展開が続く亜樹だったが、誕生日に快勝。今シーズン初トップを持ち帰った。

第1試合トップの亜樹 ©ABEMA

第1試合結果
1位 亜樹(風林火山)+60.3
2位 村上(ドリブンズ)+7.4
3位 日向(ABEMAS)▲13.1
4位 小林(Pirates)▲54.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top