麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/15 Mリーグ2022-23 第2試合結果】大きく抜け出した瑞原明奈をかわして鈴木たろうが逆転勝利!今期7戦目でようやくの初勝利を決める!

【11/15 Mリーグ2022-23 第2試合結果】大きく抜け出した瑞原明奈をかわして鈴木たろうが逆転勝利!今期7戦目でようやくの初勝利を決める!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」26日目が11月15日(火)に開催された。

11月15日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松本吉弘

南:瑞原明奈

西:鈴木たろう

北:二階堂瑠美

第2試合

第2試合は東2局、瑞原が親番で4本場まで積み上げ持ち点6万点近くまで稼ぐ。

東2局 瑞原 白・發・ドラ1 3200オール ©ABEMA
東2局2本場 リーチ・ツモ・赤1 2000オール ©ABEMA
東2局3本場 ダブ東・トイトイ 12000 ©ABEMA

東3局5本場、親番のたろうが[九]のポンからしかけ、手牌に1枚しかなかった[白]を暗刻にしてアガリきった。まさにたろうらしい発進と言える1局だった。

東3局5本場 たろう 白・赤1 3900 ©ABEMA

次局は瑞原が仕掛けてたろうの親を流す。

東3局6本場 瑞原 タンヤオ 1000 ©ABEMA

その後も瑞原がトップを行く展開だが、南3局1本場から親番のたろうが3200オール、5800とアガって瑞原に迫る。

南3局1本場 たろう 白・トイトイ 3200オール ©ABEMA
南3局2本場 たろう ホンイツ・赤1 5800 ©ABEMA

南3局3本場、たろうと松本の2軒リーチ。

結果はたろうに軍配。[⑨]をツモって裏ドラが2枚のり、4000オールで瑞原をまくりトップ目にたった。

南3局3本場 たろう リーチ・ツモ・ドラ2 4000オール ©ABEMA

次局、次局松本の先制リーチに、ラス目の瑠美がマンズの清一色仕掛けで押していく。

南3局4本場 松本の手牌 ©ABEMA
南3局4本場 瑠美の手牌 ©ABEMA

瑞原も七対子で追いつくが、テンパイキープの打[8]で松本に放銃。オーラスへ。

南3局4本場 松本 リーチ・タンヤオ・ピンフ 3900 ©ABEMA

南4局、瑞原がツモかたろうからの直撃で逆転トップ条件を満たすテンパイでヤミテン。

南4局 瑞原の手牌 ©ABEMA

テンパイ時、[③][⑥]は4枚残っていたが残りはすべて王牌に眠っていた。

南4局 流局 ©ABEMA

苦しい展開のドリブンズに光をもたらす、たろうの今シーズン初トップとなった。

第2試合トップのたろう ©ABEMA

第2試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+71.6
2位 瑞原(Pirates)+21.2
3位 松本(ABEMAS)▲23.7
4位 瑠美(風林火山)▲69.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月15日トータル結果

ドリブンズ(村上2着・たろう1着)+79.0
風林火山(亜樹1着・瑠美4着)▲8.8
Pirates(小林4着・瑞原2着)▲33.4
ABEMAS(日向3着・松本3着)▲36.8

ようやく迎えたたろうの初トップ。村上もなんとか2着をとってドリブンズは大きなプラスに成功した。上位チームとの差はまだまだ大きいため1日1トップをしばらく続けていきたいところだ。村上、丸山の初勝利が待たれるところだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月15日の対戦カード ©ABEMA
11月15日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top