麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/21 Mリーグ2022-23 第2試合結果】魚谷侑未が的確に高打点を決めて開幕戦以来の2勝目!村上淳が苦しい4着でドリブンズが再び8位陥落!

【11/21 Mリーグ2022-23 第2試合結果】魚谷侑未が的確に高打点を決めて開幕戦以来の2勝目!村上淳が苦しい4着でドリブンズが再び8位陥落!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」29日目が11月21日(月)に開催された。

11月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:魚谷侑未

南:白鳥翔

西:村上淳

北:鈴木優

第2試合

東1局、親の魚谷のチャンス手を白鳥が1000でかわす。

東1局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東1局 白鳥 南 1000 ©ABEMA

東2局全員ノーテンで流局を挟み、東3局1本場に魚谷が2000・4000のアガリを決めてトップ目に立つ。

東3局1本場 魚谷 リーチ, ツモ, タンヤオ, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、白鳥が先制リーチ。村上が白鳥の宣言牌[3]をチーして自風の[北]とドラの[白]のダブルバックで仕掛けていく。[北]をポンして8000のテンパイ。

東4局 村上の手牌 ©ABEMA

白鳥[④][⑦]、村上[①][④]待ちで結果は白鳥が[⑦]をツモ。

2000・4000のアガリで南入。

東4局 白鳥 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南1局、親の魚谷が4000オールのアガリで抜けたトップ目に立ち、南2局で5200のヤミテンをアガってさらに優位に。

南1局 魚谷 リーチ, ツモ, タンヤオ, ドラ×1 4000オール
南2局 魚谷 タンヤオ, 赤ドラ×2 5200 ©ABEMA

南3局、優がドラの[中]をポンしたあと、持ってきた4枚目の[中]を加槓。テンパイし場に緊張感が走るが、アガリは出ずに流局。オーラスへ。

村上は4着目の親番で押し返したい状況だったが、苦渋のオリを選択した。

南3局 流局 ©ABEMA

南4局1本場、村上が平和のみの聴牌を外し、断么九を狙って組み替えている途中、トップ目の魚谷とはかなり離れている2着目の白鳥がタンヤオで仕掛けてテンパイ。2着キープのアガリを決めて第2試合終了。

南4局 白鳥 タンヤオ 1000 ©ABEMA

魚谷は開幕戦以来、2度目のトップを持ち帰った。

第2試合トップの魚谷 ©ABEMA

第2試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+63.4
2位 白鳥(ABEMAS)+8.1
3位 優(Pirates)▲23.3
4位 村上(ドリブンズ)▲48.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

第2試合各局詳細

11月21日トータル結果

フェニックス(茅森3着・魚谷1着)+46.1
Pirates(瑞原1着・優3着)+29.1
ABEMAS(日向2着・白鳥2着)+11.4
ドリブンズ(園田4着・村上4着)▲86.6

先週は大きくポイントを加算したドリブンズだったが、本日は苦しい戦いで連続4着。再び8位に陥落となってしまった。しかし先週開始時点と比べれば上位チームとの差は僅差。今後も冷静に戦って行けば問題ないだろう。明日はここしばらく苦戦が続く雷電とサクラナイツの浮上があるのかか注目と言えるだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月22日の対戦カード ©ABEMA
11月21日終了時点の個人スコア

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top