麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/24 Mリーグ2022-23 第2試合結果】勝又健志がオーラスに怒涛の連荘で大逆転トップ!風林火山が3連勝で首位のABEMASに迫る!

【11/24 Mリーグ2022-23 第2試合結果】勝又健志がオーラスに怒涛の連荘で大逆転トップ!風林火山が3連勝で首位のABEMASに迫る!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」31日目が11月24日(木)に開催された。

11月24日の対戦カード ©ABEMA
解説:魚谷侑未 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:小林剛

南:鈴木たろう

西:高宮まり

北:勝又健志

第2試合

東1局、高宮が3巡目に[5][8]待ちで先制リーチ。

東1局 高宮の手牌 ©ABEMA

同順に親番の小林が追いつく。

高宮の当たり牌である[5]を引き入れ、[6][9]待ちでリーチ。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA

高宮が[6]を掴んで決着。

小林7700のアガリで親番連荘となる。

東1局 小林 リーチ・赤1・ドラ1 7700 ©ABEMA

東1局1本場はたろうと勝又がリーチを打つも2人テンパイで流局。

東1局1本場 流局 ©ABEMA

続く東2局2本場、勝又が[⑦][8]のシャンポン待ちで即リーチを敢行。

東2局2本場 勝又の手牌 ©ABEMA

高宮が筋になった[8]を選び放銃。

勝又2600の加点。

東2局2本場 高宮の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 勝又 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

東3局は小林が絶好の[⑦]を引き入れドラ2の先制リーチ。

東3局 小林の手牌 ©ABEMA

これを受けて回っていた親番の高宮だったが、[②][8]のシャンポン待ちでテンパイまで辿り着く。

次巡に[4]を引き入れ、三面張で追いかけリーチ。

東3局 高宮の手牌 ©ABEMA

高宮が[6]を一発ツモ。

裏も1枚乗り、6000オールのアガリが決まった。

東3局 高宮 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・裏1 6000オール ©ABEMA

続く東3局1本場、高宮がダブ[東]のポンから仕掛けてテンパイ。

七対子のイーシャンテンだった小林が[六]を選び放銃。

高宮7700のアガリ、連続加点で一気に突き抜ける。

東3局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 高宮 ダブ東・ドラ1 7700 ©ABEMA

東3局2本場は小林が再び[①][④]待ちで先制リーチ。

東3局2本場 小林の手牌 ©ABEMA

見た目で5枚枯れていたが、山に残っていた[④]をツモ。

2000・4000のアガリで2着目に戻り、高宮に迫る。

東3局2本場 小林 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、高宮がタンヤオ・ドラ2でテンパイ。これをダマに受ける。

東4局 高宮の手牌 ©ABEMA

そこに小林が七対子追いつく。[赤5]を宣言牌にし、[⑧]単騎でリーチ。

東4局 小林の手牌 ©ABEMA

高宮が押し切って[4]をツモ。

2000・4000のアガリで4万点を超えた。

東4局 高宮 ツモ・タンヤオ・赤1・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

南入して南1局、勝又に大物手が入る。

現状でも跳満、四暗刻への手替わりもある弩級のテンパイ。

南1局 勝又の手牌 ©ABEMA

前巡に嵌[5]の役無しテンパイを入れていた親番の小林。

ここでツモ切りリーチを選ぶが、山には0枚。

南1局 小林の手牌 ©ABEMA

直後に勝又が[七]をツモ。ツモ・發・混一色・三暗刻の7翻。

3000・6000のアガリが決まり、トップ争いに名乗りを上げてきた。

南1局 勝又 ツモ・發・混一色・三暗刻 3000・6000 ©ABEMA

南2局は親番のたろうと勝又が仕掛け、そこに小林がリーチ。

3者とも[6]待ちという珍しい状況になった。

南2局 たろうの手牌 ©ABEMA
南2局 勝又の手牌 ©ABEMA
南2局 小林の手牌 ©ABEMA

制したのは小林。なんと[6]を一発ツモ。

2000・4000のアガリでトップへ望みを繋いだ。

南2局 小林 リーチ・一発・ツモ・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

南3局も先制リーチは小林。[二][五]のシャンポン待ち。

南3局 小林の手牌 ©ABEMA

たろうも負けじとタンヤオで追いかけリーチを打つ。

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA

この局は小林が[二]をツモって決着となる。

1000・2000のアガリで勝又をかわし、2着目に浮上してオーラスへ。

南3局 小林 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

オーラス、高宮が36400点持ち、小林が28800、勝又が28500、たろうが6300という並び。

高宮が[中]の後付けで仕掛けると、溢れた[赤⑤]を勝又が両面チー。

オーラス 勝又の手牌 ©ABEMA

ほどなくして[3]をツモ、1000オールのアガリで1本場へ。

オーラス 勝又 タンヤオ・赤1 1000オール ©ABEMA

続くオーラス1本場、6巡目に勝又が[赤五]単騎で即リーチを敢行。

高宮に隙を与えまいと軍師・勝又の目が光る。

オーラス1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

第1試合の松ヶ瀬の[赤⑤]単騎ツモが思い返される。

勝又も時間をかけずにツモ。

2000オールのアガリでトップが入れ替わった。

オーラス1本場 勝又 リーチ・ツモ・赤1 2000オール ©ABEMA

続くオーラス2本場、先制テンパイはまたも勝又。

[⑤]をポンして[四][七]待ちテンパイ。

オーラス2本場 勝又の手牌 ©ABEMA

そこに高宮がドラの[七]を引き入れてリーチ。

どこから出ても条件を満たす3枚山の嵌[7]待ち。

オーラス2本場 高宮の手牌 ©ABEMA

一発目に勝又が[赤五]を引き、[五]と変えプッシュ。

これを小林がチーし、ダブ[南]ドラ2のテンパイを入れる。

オーラス2本場 小林の手牌 ©ABEMA

3者ともトップを目指して絶対に譲れないめくり合いは、またも勝又が制す。

[四]をツモ、1000オールのアガリで4万点を超えた。

オーラス2本場 勝又 タンヤオ・赤1 1000オール ©ABEMA

オーラス3本場は勝又が仕掛けを入れるも、全員ノーテンで流局。

勝又がオーラスに大逆転を果たし、終局となった。

オーラス3本場 流局 ©ABEMA

これで風林火山は3連勝。

勝又は個人スコアが松ヶ瀬に続く2位となり、好調ぶりが伺える。

一方ドリブンズは苦しい4連ラスとなってしまった。

第2試合トップの勝又 ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+62.4
2位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+11.1
3位 小林(Pirates)▲15.5
4位 たろう(ドリブンズ)▲58.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

第2試合各局詳細

11月24日トータル結果

風林火山(松ヶ瀬1着・勝又1着)+124.6
麻雀格闘倶楽部(伊達3着・高宮2着)▲4.5
Pirates(仲林2着・小林3着)▲10.6
ドリブンズ(丸山4着・たろう4着)▲109.5

風林火山が連勝を飾って大幅な加点に成功。一方でドリブンズが大きく苦しみ再び▲300ポイントを越えてしまった。来週以降の巻き返しを図りたい。

個人ランキングでは松ヶ瀬と勝又がそれぞれ個人1位、2位に浮上。二階堂姉妹がやや苦しむ中、チームを大きく引っ張っている。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月25日の対戦カード ©ABEMA
11月24日終了時点の個人スコア

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top