麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/2 Mリーグ2022-23 第1試合結果】魔王が卓上を焼き尽くす!佐々木寿人が「ブラボー」な試合運びで個人4勝目!2着争いは茅森早香に軍配!

【12/2 Mリーグ2022-23 第1試合結果】魔王が卓上を焼き尽くす!佐々木寿人が「ブラボー」な試合運びで個人4勝目!2着争いは茅森早香に軍配!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」36日目が12月2日(金)に開催された。

12月2日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:茅森早香

南:佐々木寿人

西:瀬戸熊直樹

北:丸山奏子

第1試合

東1局、寿人が[二][五]待ちの先制リーチ。

東1局 寿人の手牌 ©ABEMA

丸山が追いつき、[五]で放銃になるかと思われたが、シャンポンのテンパイを選び回避。

東1局 丸山の手牌 ©ABEMA

次巡に[5]を引き入れて追いかけリーチをかける。

東1局 丸山の手牌 ©ABEMA

上手く打ち回した丸山だったが、制したのは寿人。

[二]をツモ、裏が1枚乗って1000・2000のアガリとなった。

東1局 寿人 リーチ・ツモ・裏1 1000・2000 ©ABEMA

東2局は親番の寿人が3段目に差し掛かったところでタンヤオ・赤1のリーチ。

東2局 寿人の手牌 ©ABEMA

そのまま1人でゴールテープを切り、4000オールのアガリ。

2局連続の加点で4万点を超え、1人突き抜ける格好に。

東2局 寿人 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤1 4000オール ©ABEMA

続く東2局1本場も寿人のアガリ。

形式テンパイを取った丸山から1500をアガって連荘となる。

東2局1本場 寿人 三色同順 1500 ©ABEMA

東2局2本場、茅森が打点より効率を追って[3][6][9]待ちのリーチに辿り着く。

東2局2本場 茅森の手牌 ©ABEMA

直後に丸山も追いつき[②][⑤]待ちのリーチ。

東2局2本場 丸山の手牌 ©ABEMA

茅森が[9]を一発ツモ。

更に裏ドラが[9]になり、3000・6000のアガリが決まった。

寿人へ迫りトップ争いに名乗りを上げる。

東2局2本場 茅森 リーチ・一発・ツモ・赤1・裏2 3000・6000 ©ABEMA

東3局は寿人と親番の瀬戸熊が同じ[六][九]待ちでリーチをかけるも流局。

東3局 流局 ©ABEMA

続く東3局1本場、丸山にイーシャンテンの好配牌が入る。

迷わず1打目にドラの[2]切り。

東3局1本場 丸山の手牌 ©ABEMA

3巡目に[四]を引き入れて先制リーチ。

東3局1本場 丸山の手牌 ©ABEMA

14巡目に瀬戸熊も追いつき、三面張で追いかけリーチ。

東3局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

直後に丸山が[3]をツモ。

3000・6000のアガリで持ち点を原点まで戻した。

東3局1本場 丸山 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口・赤2 3000・6000 ©ABEMA

東4局はトップ目の寿人がタンヤオで仕掛け、[3][6]待ちのテンパイ。

瀬戸熊から[6]が打たれ、3900の加点で南入。

東4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東4局 寿人 タンヤオ・赤2 3900 ©ABEMA

南1局は親番の茅森がドラの[西]単騎でテンパイを入れるも1人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

続く南1局1本場、茅森が[四][五][七][八][六]を引き入れて三面張リーチ。

終盤に[九]をツモ、1300オールのアガリで寿人にほぼ並んだ。

南1局1本場 茅森 リーチ・ツモ・ピンフ 1300オール ©ABEMA

南1局2本場はここまで苦しい展開が続いていた瀬戸熊に大物手が入る。

タンヤオ・ピンフ・ドラ3、[⑤]なら三色もつくリーチ。

南1局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

タンヤオで仕掛けていた丸山が追いつく。

[②][⑧]のシャンポンから嵌[⑦]に待ちを変えると、すぐに[⑦]をツモ。

南1局1本場 丸山 タンヤオ・赤1・ドラ1 3900 ©ABEMA

丸山も3万点を超え、寿人と茅森に迫る展開に。

一方勝負手を潰されてしまった瀬戸熊は静かに手牌を伏せた。

南2局に移り、親番の寿人がドラ[四]を切っての先制リーチ。

南2局 寿人の手牌 ©ABEMA

丸山が嵌[③]で追いかけリーチ。

南2局 丸山の手牌 ©ABEMA

丸山が[五]を掴んで寿人のアガリ。

裏を捲った瞬間に7700の点数申告が響いた。

南2局 寿人 リーチ・ドラ1・裏1 7700 ©ABEMA

南2局1本場は寿人が再びリーチを打つも1人テンパイで流局。

南2局1本場 流局 ©ABEMA

南2局2本場は茅森が[発]をポン、瀬戸熊が面前でそれぞれテンパイを入れる。

南2局2本場 茅森の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊が[七]をツモ、500・1000のアガリで親番へ。

南2局2本場 瀬戸熊 ツモ・タンヤオ 500・1000 ©ABEMA

南3局、丸山が[⑤]を暗刻にして嵌[③]で先制リーチ。

南3局 丸山の手牌 ©ABEMA

親番の瀬戸熊は何としても粘りたい局だったが、一向にテンパイは入らない。

終盤に丸山が[③]をツモ。

2000・4000のアガリで2着目の茅森を目前にしてオーラスへ。

南3局 丸山 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

オーラスは寿人が42800点持ち、茅森が29300、丸山が27600、瀬戸熊が300という並び。

瀬戸熊は倍満をツモったとしても丸山には届かない。

失点阻止に切り変えて[白]をポン、寿人から3900をアガって決着となった。

オーラス 瀬戸熊 白・ドラ2 3900 ©ABEMA

トップになったのは、麻雀格闘倶楽部・寿人。

魔王の如く卓上を焼き付くし、個人4勝目を手にした。

インタビューでは試合を振り返って「ブラボー」とコメントした。

第1試合トップの寿人 ©ABEMA

第1試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+58.9
2位 茅森(フェニックス)+9.3
3位 丸山(ドリブンズ)▲12.4
4位 瀬戸熊(雷電)▲55.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top