麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/6 Mリーグ2022-23 第2試合結果】卓越なる攻守で接戦を制して勝又健志が4連勝で個人首位に!仲林圭が苦しい場面から倍満を決めて2着浮上!

【12/6 Mリーグ2022-23 第2試合結果】卓越なる攻守で接戦を制して勝又健志が4連勝で個人首位に!仲林圭が苦しい場面から倍満を決めて2着浮上!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」38日目が12月6日(火)に開催された。

12月6日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋  実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:仲林圭

南:瀬戸熊直樹

西:園田賢

北:勝又健志

第2試合

東1局、瀬戸熊の先制リーチに、親の仲林が高目三色のテンパイに仕上げ追いかけるが、軍配は瀬戸熊。8000のアガリで好スタート。

東1局 仲林の手牌 ©ABEMA
東1局 瀬戸熊 リーチ, ピンフ, ドラ×1, 裏ドラ×1 ©ABEMA

次局、園田がソーズが多めの手牌で仕掛け、3000・6000、東3局親番でも2600オールを決めて他家を引き離すトップ目に。

東2局 園田 南, 中, ホンイツ,トイトイ 3000, 6000 ©ABEMA
東3局 園田 發, ホンイツ2600オール ©ABEMA

 

次局は瀬戸熊が[2][5][8]リーチを一発で成就。2000・4000でトップ目の園田に肉薄。

東3局1本場 瀬戸熊 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局は園田がまたもソーズが多めの手牌。仲林からのリーチを受けるが、[3]を引いたところで仲林に5200の放縦で南入。

東4局 園田の手牌 ©ABEMA
東4局 仲林 リーチ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 5200 ©ABEMA

南1局、園田が七対子ドラの[5]単騎から[北]単騎に待ちを変えてリーチ。

東1局 園田の手牌 ©ABEMA

仲林がタンヤオで仕掛けてテンパイするが、勝又が仲林のアタリ牌を4枚使い切り[②]単騎の七対子テンパイ。

南1局 仲林の手牌 ©ABEMA

テンパイしてすぐに仲林のもとに最後の[②]が。ツモ切ると勝又へ6400の放縦となった。

南1局 勝又 タンヤオ, チートイツ, 赤ドラ×1 ©ABEMA

南2局、親番で2着目の瀬戸熊が先制するが、瀬戸熊のリーチの一発目に仲林もテンパイ。[赤五]を切ってリーチとすると、仲林が一発ツモ。2000・4000のアガリを決めた。

南2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南2局 仲林 リーチ, 一発, ツモ, ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南3局、親の園田が[中][一]をポンしてトイトイまで狙える手牌だが、勝又が[9]を暗槓した際に新ドラに見えた自身の手牌に対子の[3]が見えたことで、元ドラの[④]を残して[3]の対子落とし。

南3局 園田の手牌 ©ABEMA

見事[④][赤⑤]がくっつき、結果[③][⑥]待ち12000のテンパイ。

しかし結果はリーチした勝又がツモアガリ。2000・4000で勝又は園田と2200点差のトップ目に立ち、オーラス。

南3局 勝又 リーチ, ツモ, ドラ×2, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南4局、跳満ツモでトップの仲林。ダブ南の[南]を暗刻にして高目一気通貫に仕上げ、リーチ。

南4局 仲林の手牌 ©ABEMA

リーチの一発目に瀬戸熊から高目の[⑨]が放たれ、裏ドラが1枚乗って倍満。出アガリでも園田を捲って仲林2着浮上でゲームセット。

南4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南4局 仲林 リーチ, 一発, ダブ南, 一気通貫, ドラ×1, 裏ドラ×1 16000 ©ABEMA

風林火山は亜樹2着勝又1着で72.2ポイントをプラスした。個人4連勝となり個人順位でも首位に。解説の多井が賞賛する実力を見せつけた。

第2試合トップの勝又 ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+50.7
2位 仲林(Pirates)+10.1
3位 園田(ドリブンズ)▲11.5
4位 瀬戸熊(雷電)▲49.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月6日トータル結果

風林火山(亜樹2着・勝又1着)+72.2
雷電(本田1着・瀬戸熊4着)+14.6
Pirates(優3着・仲林2着)▲0.8
ドリブンズ(村上4着・園田3着)▲86.0

風林火山が2位に浮上し更に上位3チームが保有するポイントが増えた。ドリブンズが苦しい戦いとなる7位との差が270ポイントほどに。この差が300を超えて年を越してしまうと来年は相当厳しい戦いとなるだろう。今年中に少しずつ差を縮めていきたい所だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月8日の対戦カード ©ABEMA
12月6日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top