麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/6 Mリーグ2022-23 第1試合結果】本田がオーラス親番でライバル亜樹のノーテンを的確に察知!ノーテン宣言でトップを持ち帰り個人6勝目!個人成績は2位に!

【12/6 Mリーグ2022-23 第1試合結果】本田がオーラス親番でライバル亜樹のノーテンを的確に察知!ノーテン宣言でトップを持ち帰り個人6勝目!個人成績は2位に!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」38日目が12月6日(火)に開催された。

12月6日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋  実況:松嶋桃 ©ABEMA

 

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:二階堂亜樹

南:村上淳

西:鈴木優

北:本田朋広

第1試合

東1局から東2局2本場まで流局が続き、拮抗。

東2局3本場、親の村上のリーチに[東]を仕掛けた本田がアガり切って供託と本場をものにした。

東2局3本場 村上の手牌 ©ABEMA
東2局3本場 本田 東 1000 ©ABEMA

東3局に亜樹が1000・2000をアガって東4局へ。

東3局 亜樹 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1  1000, 2000 ©ABEMA

親の本田がピンフドラ赤をリーチ。 

すると本田の現物[三][六]待ちで村上がテンパイし、ダマテンを選択。

しかし次巡にドラの[5][2]をスライドし、打[5]でリーチに踏み込む。

東3局 村上の手牌 ©ABEMA

解説の2人は「ミスだと思う」とコメント。このときのことを村上はのちのインタビューにて「安全度を考慮しての[5]切りだったが、打点を下げてまでやることではなかった。さすがにやりすぎました」と語った。

結果は村上が本田のアガリ牌をつかみ、本田の12000のアガリとなった。

東3局 本田 リーチ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

次局は先制した村上に親の本田が回りながらも追いついて勝負。またも本田が12000のアガリで持ち点は5万点台に。

東4局1本場 本田 リーチ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 ©ABEMA

本田連荘して東4局1本場、またも先制リーチとするが、すぐに亜樹が追いかけ、亜樹が2000・4000のツモアガリを決めて南入。

東4局1本場 本田の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 亜樹 リーチ, ツモ, ピンフ, イーペーコー, 赤ドラ×1 ©ABEMA

南1局、親の亜樹が[中][発]のシャンポン待ちの12000のテンパイをダマテン。

南1局 亜樹の手牌 ©ABEMA

これに本田がテンパイしたタイミングで[中]を放し、亜樹に12000の直撃で着順が入れ替わる。

南1局 本田の手牌 ©ABEMA
南1局 亜樹 中, チャンタ, ドラ×1 12000 ©ABEMA

次局は優が赤1リーチをツモるとなんと裏3。3000・6000のアガリで2着争いは熾烈に。

南1局1本場 優 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×3 ©ABEMA

ここまでアガリがない箱下の村上。整った配牌だが、本田が自風の[西]を仕掛けて颯爽とアガリきった。

南2局 本田 西 1000 ©ABEMA

南3局、村上が自風でドラの[北]をポンしてテンパイ。

南3局 村上の手牌 ©ABEMA

亜樹も[二][五]のピンフドラ1でテンパイし、ダマテン。

本田が追いかけるが、イーシャンテンの優がまっすぐに手を進め亜樹に放銃となり、オーラスへ。

南3局 本田の手牌 ©ABEMA
南3局 優の手牌 ©ABEMA
南3局 亜樹 ピンフ, ドラ×1 2000 ©ABEMA

南4局、亜樹が役ナシテンパイ。リーチ棒を出すと、優の条件が軽くなるため、ダマテンとする。

南4局 亜樹の手牌 ©ABEMA

親の本田が一盃口ドラドラのカン[二]テンパイをダマテン。本田がツモって4000オールの加点で亜樹を上回る。

南4局 本田 ツモ, イーペーコー, ドラ×2 4000オール ©ABEMA

南4局1本場、亜樹を上回ったとはいえ、本田と亜樹はテンパイノーテンで着順が変わる状況。

本田は終盤にテンパイを果たすが、亜樹が終盤に[北][北][1]と手出ししたことで亜樹のノーテンを察知。

南4局1本場 本田の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

亜樹がノーテンなら伏せてこのままトップで終われる本田。万が一亜樹がテンパイしていた場合は2着になってしまうが、ノーテンを宣言。

南4局1本場 本田 ノーテン宣言 ©ABEMA

テンパイしていたのは優のみ。本田は今季6勝目を飾り、個人2位につけた。

第1試合トップの本田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 本田(雷電)+63.9
2位 亜樹(風林火山)+21.5
3位 優(Pirates)▲10.9
4位 村上(ドリブンズ)▲74.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top