麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/20 Mリーグ2022-23 第1試合結果】オーラス息が止まるような押し引きを制して魚谷侑未がトップ!滝沢の安目一発ツモアガリ拒否に注目!

【12/20 Mリーグ2022-23 第1試合結果】オーラス息が止まるような押し引きを制して魚谷侑未がトップ!滝沢の安目一発ツモアガリ拒否に注目!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」46日目が12月20日(火)に開催された。

12月20日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:日向藍子

南:滝沢和典

西:鈴木優

北:渋川難波

第1試合

東1局、親の日向が2900のアガリで連荘。

東1局 日向 白, ドラ×1 2900 ©ABEMA

東1局1本場は、優がリーチして一発でツモアガリ。2000・4000でリード。

東1局1本場 優 リーチ, 一発, ツモ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、魚谷がドラドラ七対子の[東]単騎待ちででリーチ。

魚谷の河はタンヤオ牌が切られ、変則的。一発目に[西]を持ってきた日向。逡巡するが、現物はなく、[東][西]の選択で[西]を切って放銃回避。だが、次巡は自身の手が進み、[東]が選ばれる。

東2局 日向の手牌 ©ABEMA

魚谷の8000のアガリとなった。

東2局 魚谷 リーチ, チートイツ, ドラ×2 ©ABEMA

東3局も魚谷のリーチが実り、さらに加点して親番を迎える。

東3局 魚谷 リーチ, ツモ, ピンフ 700・1300 ©ABEMA

東4局、優が[発]バックでテンパイ。魚谷も[中]バックの仕掛けで手を進めるが、アガリはリーチをかけた日向。2600で南入。

東4局 優の手牌 ©ABEMA
東4局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局 日向 リーチ, 赤ドラ×1 2600 ©ABEMA

南1局は滝沢が先制。勝負手の優がテンパイして[二]を切って勝負するが、宣言牌は滝沢のアタリ牌。滝沢のアガリで局が進む。

南1局 優の手牌 ©ABEMA
南1局 滝沢 リーチ, ピンフ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

南2局、優が[②]を残して2枚切れの[①]を捉え、123の三色を狙って進行。見事[③]をチーしてテンパイ。アガって親番の南3局へ。

南2局 優 三色 300・500 ©ABEMA

南3局、日向にドラの[中]が暗刻になりダマテン。これに滝沢がつかまり、オーラスへ。

南3局 日向 中, ドラ×3 8000 ©ABEMA

南4局、跳満ツモでトップになる滝沢。678の[⑥]なら高目タンヤオピンフ三色でリーチ。

親の魚谷のリーチを受けつつ、アガリ牌だが一発目のツモ安目のをツモ切り、[⑥]ツモの跳満のアガリにかける

[⑥]は山に残っていたが、滝沢の元には現れず、流局となった。

南4局 魚谷の手牌 ©ABEMA
南4局 滝沢は安め一発ツモを拒否 ©ABEMA
南4局 流局 ©ABEMA

南4局1本場、苦しい展開が続く滝沢。配牌も苦しいが、国士無双や[③]がドラのため、ドラ色のホンイツに寄せて手を進めていく。

日向が七対子テンパイ。しかしテンパイするためには下家のピンズ仕掛けの滝沢に対し、ピンズを切ってピンズのテンパイになる。

南4局1本場 日向の手牌 ©ABEMA

少考して[②]を切ると滝沢がポン。次巡日向は[④]が暗刻になってしまい、これ以上ピンズを切ってのテンパイキープは厳しいと判断し、テンパイを崩す。

実際のところ滝沢の手はテンパイにはまだ遠い状態。

優も終盤に形式テンパイ。一人テンパイならトップで終了する局面。最後まで押していく。

終盤にテンパイした親の魚谷だが、最終手番で[西]が手元に。

ピンズ模様で西家の滝沢には通っていない。しかし優の一人テンパイをゆるすと着落ちするため、長考。

魚谷は[西]を切ってのツモ番ナシリーチを選択。優を降ろすことも視野に入れた。

結果は魚谷と優の2人テンパイで流局。

南4局2本場 流局 ©ABEMA

南4局3本場、優がアガればトップのピンフテンパイ。魚谷も[発]バックでテンパイ。

南4局3本場 優の手牌 ©ABEMA
南4局3本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

そこに滝沢が出アガリ裏1の8000で2着目に浮上するリーチをかける。

魚谷は道中ドラの[3]を引いて滝沢の河にある[④]のスジ[①]の対子落とし。のちに[発]を引き[3][6][9]のテンパイで復活する。

これまで押してきた優のもとに滝沢のアタリ牌[四]が。息をついて[四]を切った。

滝沢は魚谷の対子落としから、魚谷がノーテンと判断。次局はほぼなく、裏1で2着のこの状況ならと優からのアガリを選択。

南4局3本場 滝沢 リーチ, ピンフ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

結果裏ドラは乗らなかった。全体の着順は変わることなくゲーム終了。

難しい選択を迫られた長いオーラスだったが、魚谷がしっかりとトップを持ち帰った。

第1試合トップの魚谷 ©ABEMA

第1試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+51.7
2位 優(Pirates)+4.7
3位 日向(ABEMAS)▲17.6
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲38.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top