麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/20 Mリーグ2022-23 第2試合結果】要所の競り合いを制した仲林圭がトップでPiratesは3位浮上!2着から4着は1500点差の大熱戦!

【12/20 Mリーグ2022-23 第2試合結果】要所の競り合いを制した仲林圭がトップでPiratesは3位浮上!2着から4着は1500点差の大熱戦!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」46日目が12月20日(火)に開催された。

12月20日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:茅森早香

南:松本吉弘

西:佐々木寿人

北:仲林圭

第2試合

東1局寿人がノータイムカン[五]リーチ。巡目が進み[五]が中スジになり、仲林が放銃。

東1局 寿人 リーチ, ドラ×1, 裏ドラ×1 5200 ©ABEMA

東2局は寿人がトイトイテンパイ。

東2局 寿人の手牌 ©ABE

親の松本、仲林からリーチを受け、寿人は撤退。仲林が松本から5200のアガリを決めた。

東2局 松本の手牌 ©ABEMA
東2局 仲林 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

東3局、茅森の先制リーチに松本が追いつき、三色の[九]単騎テンパイ。

東3局 茅森の手牌 ©ABEMA

しかしそのあたり牌[九]を暗刻にして寿人がリーチとすると一発ツモ。2000オールでリードを広げる。

東3局 寿人 リーチ, 一発, ツモ 2000オール ©ABEMA

東3局1本場に流局を挟み東3局2本場。

松本がカン[四]待ちのタンヤオ一盃口赤1の5200テンパイ。そこから仲林のリーチを受け、一発目に持ってきたのは仲林の高目[3]

東3局 松本の手牌 ©ABEMA

一瞬考えるが[3]を打ち抜くと12000。手痛い放銃となった。仲林はトップ目に浮上。

東3局 仲林 リーチ, 一発, イーペーコー, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA

東4局親番を迎えた仲林が2000オールを加点しリードを広げる。

東4局 仲林 ダブ東, ドラ×1 2000オール ©ABEMA

次局は仲林が寿人と茅森のリーチに挟まれ、ワンチャンスの[9]で茅森に8000の放銃となった。

東4局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 茅森 リーチ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

南入して700点持ちだった松本が、南1局5200、南2局親番で4000オール。連荘して寿人のドラ暗槓リーチに競り勝ち12000と三連続のアガリを決めて大復活。

南1局 松本 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA
南2局 松本 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA
南2局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 松本 リーチ, ドラ×1, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA

次局はラス目の寿人の仕掛けに誰も対抗できず、寿人の一人テンパイで流局。

手痛い放銃で3着目になった寿人の親番。茅森のペン[③]待ちリーチに最後の[③]を一発でつかみ放銃。寿人はラス目になりオーラスへ。

南3局3本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南3局3本場 茅森早香 リーチ, 一発, 白 5200 ©ABEMA

オーラス、アガればトップの松本がソーズのホンイツへ。

親の仲林がテンパイしてドラの[発]を切ってリーチを宣言。

南4局 仲林の手牌 ©ABEMA

すると寿人が[発]をポン。松本も[1][4]待ちでテンパイし三つ巴に。

南4局 寿人の手牌 ©ABEMA

松本は[1][4]待ちで全力プッシュも、寿人の待ち[九]をつかみ放銃。リーチ棒が出たことで、寿人は松本からの直撃で着順がアップした。

南4局 松本の手牌 ©ABEMA
南4局 寿人 發, ドラ×3 8000 ©ABEMA

U-NEXT Piratesは今日56.5ポイントをプラスし、トータル3位となった。

第2試合トップの仲林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 仲林(Pirates)+51.8
2位 茅森(フェニックス)+3.7
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲17.7
4位 松本(ABEMAS)▲37.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月20日トータル結果

Pirates(優2着・仲林1着)+56.5
フェニックス(魚谷1着・茅森2着)+55.4
ABEMAS(日向3着・松本4着)▲55.4
麻雀格闘倶楽部(滝沢4着・寿人3着)▲56.5

Piratesとフェニックスがトップ2着、ABEMASと麻雀格闘倶楽部が3着4着という結果に。素点としては大接戦だったが順位ウマ、オカが大きいMリーグルールでは100ポイントの差になると考えるとやはりトップの比重がかなり大きなルールであることは再確認できるだろう。フェニックスはここで耐えたことはかなり大きく、年内での順位浮上も射程圏内だ。

Piratesはこの勝利で3位に浮上、更に上位まで目指せる位置と言えるだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月22日の対戦カード ©ABEMA
12月20日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top