麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/6 Mリーグ2022-23 第2試合結果】堀慎吾が高打点の連続アガリでプレミアムナイト会場を沸かせて個人3連勝!園田賢は2着に滑り込み「なんなん」回避に成功!

【1/6 Mリーグ2022-23 第2試合結果】堀慎吾が高打点の連続アガリでプレミアムナイト会場を沸かせて個人3連勝!園田賢は2着に滑り込み「なんなん」回避に成功!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」52日目が1月6日(金)に開催された。

1月6日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:小林未沙 ©ABEMA

本日は東京六本木・EXシアターにてパブリックビューイングイベント「Mリーグ2022-23プレミアムナイト」が実施された。

Mリーグ2022-23プレミアムナイト ©ABEMA

▼プレミアムナイトの模様はABEMAPPVでも視聴可能!

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:佐々木寿人

西:鈴木優

北:園田賢

第2試合

東1局、寿人が[⑤][9]のシャンポン待ちで即リーチを敢行。

親番の堀が[6]をチーしてタンヤオ・ドラ2のテンパイで立ち向かう。

寿人が[②]を掴んで堀のアガリ。5800の加点でスタート。

東1局 寿人の手牌 ©ABEMA
東1局 堀 タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 5800 ©ABEMA

堀の親番連荘となった東1局1本場。

3巡目に生牌の[白]単騎でリーチ。

東1局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

寿人が[白]を切って2連続放銃となってしまう。

堀の7700が決まり、1人突き抜ける展開に。

東1局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 堀 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1 7700 ©ABEMA

続く東1局2本場は優がタンヤオのヤミテンで堀から打たれた[③]を仕留め、1300のアガリ。

東1局2本場 優 タンヤオ 1300 ©ABEMA

東2局は寿人が12000以上確定の先制リーチを打つも、同順に現物待ちヤミテンを入れた優の当たり牌を掴んでしまう。

優は3900を加点して堀を追いかける。

東2局 寿人の手牌 ©ABEMA
東2局 優 ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

園田1人テンパイでの流局を挟んで東4局1本場。

苦しい配牌からマンズの混一色に向かった堀、終盤に[三][六][九]の三面張でテンパイ。

親番の園田にもテンパイが入る。

残りツモがハイテイの1回というところで[六][九]待ちのリーチ。

しかし[六][九]は純カラ。[三]だけは山に1枚残っていた。

その[三]を園田がハイテイで掴んでしまう。

堀が8000のアガリを決めて南入。

東4局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 堀 中, ホンイツ, ホーテイ 8000 ©ABEMA

南1局は寿人がタンヤオで仕掛けて嵌[⑦]をツモ。

2000・4000のアガリで戦線に復帰する。

南1局 寿人 タンヤオ, 三色同順, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000

南2局は優の先制リーチ、園田と寿人の仕掛けがぶつかる。

南2局 優の手牌 ©ABEMA
南2局 園田の手牌 ©ABEMA
南2局 寿人の手牌 ©ABEMA

目先の2着、そしてその先のトップを見据えて3者ともに引けない捲り合いに突入。

この局は園田に軍配が上がる。

[⑥]をツモ、2000・4000のアガリで優と100点差まで迫った。

南2局 園田 タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

南3局は寿人が[白][中]のポン、迫力のある仕掛けをしていく。

読みを入れて親番の優が[発]を押していき、「戦闘民族」らしさを見せる。

しかしこの局は大物手のヤミテンを入れていた堀が制す。

3000・6000のアガリを決めてオーラスへ。

南3局 堀 ツモ, ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

オーラスは堀が持ち点52,200、親番の園田が22,700、優が19,800、寿人が5,300という並び。

堀が自由奔放に混一色で3つ仕掛け、[南][中]待ちでテンパイ。

オーラス 堀の手牌 ©ABEMA

[南][中]ともに全て山に残っていた。

[南]をツモった場合、跳満となり親被りで園田と優の着順が入れ替わってしまう。

園田にとっては危機的状況だったが、堀がツモったのは[中]

最後は2000・4000の加点で着順変わらず終局となった。

オーラス 堀 中, ホンイツ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

堀は年を跨いで個人3連勝。

プレミアムナイト会場を大いに沸かせてのトップ獲得となった。

第2試合トップの堀 ©ABEMA

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+80.2
2位 園田(ドリブンズ)▲1.3
3位 優(Pirates)▲22.2
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲56.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月6日トータル結果

サクラナイツ(内川3着・堀1着)+57.2
麻雀格闘倶楽部(滝沢1着・寿人4着)+9.5
ドリブンズ(たろう2着・園田2着)+1.7
Pirates(仲林4着・優3着)▲68.4

サクラナイツが堀のトップでフェニックス、ドリブンズの追撃から一歩逃れる展開となった。Piratesは下位チームとのポイント差が縮まり予断を許さない位置に。次の試合ではプラス圏内への再浮上を狙っていきたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月9日の対戦カード ©ABEMA
1月6日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top