麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/30 Mリーグ2023-24 第2試合結果】軍師が第1試合4着だった松ヶ瀬の仇討ち!勝又健志が東1局での満貫和了のリードを活かして8局ゲームを制しトップ獲得!2着は要所でリーチを決め切った渡辺太!

【11/30 Mリーグ2023-24 第2試合結果】軍師が第1試合4着だった松ヶ瀬の仇討ち!勝又健志が東1局での満貫和了のリードを活かして8局ゲームを制しトップ獲得!2着は要所でリーチを決め切った渡辺太!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」43日目が11月30日(木)に開催された。

11月30日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:白鳥翔

南:渡辺太

西:伊達朱里紗

北:勝又健志

第2試合

東1局、[白]やドラ[五]対子の勝又は[②]ポンから仕掛け出し速いアガリを目指す。

[白]をポンできた勝又はあっという間に[6][9]待ちのテンパイ。

程なくして勝又は[6]をツモ。

勝又は2000・4000の加点で好スタートを切った。

東1局 勝又 白, ドラ×2, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、伊達は七対子のイーシャンテンから[九]をポンしてトイトイに向かう。

伊達は順子ができて[白]バックの[白][西]シャンポン待ちテンパイに。

萬子の混一色にも見える伊達の仕掛けに他家はオリの選択に。

一人旅となった伊達はしっかり[白]をツモ。

伊達は1300・2600の加点に成功した。

東2局 伊達 白, ドラ×2 1300・2600 ©ABEMA

東3局、太が4巡目に三色確定の[四][発]シャンポン待ちリーチを敢行。

ヒントの少ないリーチに白鳥が[発]を切ってしまう。

太は8000の獲得となった。

東3局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東3局 太 リーチ, 發, 三色同順, ドラ×1 8000 ©ABEMA

東4局、ドラ[西]暗刻とした白鳥がまっすぐ手を進め[一][四]待ちの先制リーチ。

数巡後、[白]をポンしていた太がカン[6]待ちのテンパイに。

しかしすぐに危険牌[7]を引き、太はオリの選択。

結局アガリは出ることなく流局となる。

白鳥にとっては苦しい点数状況での南入となった。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、親の白鳥が[白]をポンして連荘を狙いに行く。

ほどなくして白鳥は赤ドラを引き入れ[3][6]待ちのテンパイとなる。

そこに太が[四][七]待ちのリーチを敢行。

降りていられない状況の白鳥は[四]を掴みそのままツモ切る。

太は3900の加点となりトップ目に立った。

南1局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 太 リーチ, ピンフ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

南2局、ラス目の白鳥は[①][④]待ちの先制リーチを敢行。

数巡後[一][四][七]待ちの好形で追いついた勝又はリーチをかける。

白鳥が一発でを掴んでしまう。

勝又は5200の加点に成功し再びトップ目になった。

南2局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南2局 勝又 リーチ, 一発, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

南3局、4巡目に[六][九]亜両面待ちでテンパイした勝又は小考ののちリーチを選択。

降りていられない状況の白鳥から[九]が溢れて決着。

勝又は3900の加点となった。

南3局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南3局 リーチ, ピンフ, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

オーラス、[③][⑥]待ちでテンパイした白鳥はリーチをかけ素点の回復を狙う。

伊達が回りながらもしっかり手を組み、ツモれば逆転トップとなる七対子[5]単騎のテンパイをダマテンに構える。

しかし結局アガリは出ることなく流局、勝又が逃げ切ってトップ獲得となった。

オーラス 白鳥の手牌 ©ABEMA
オーラス 伊達の手牌 ©ABEMA
オーラス 流局で勝又のトップが確定 ©ABEMA
第2試合トップの勝又 ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+60.3
2位 太(ドリブンズ)+11.1
3位 伊達(麻雀格闘倶楽部)▲11.3
4位 白鳥(ABEMAS)▲60.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月30日トータル結果

風林火山(松ヶ瀬4着・勝又1着)+11.9
ドリブンズ(たろう3着・太2着)▲0.1
麻雀格闘倶楽部(滝沢2着・伊達3着)▲2.1
ABEMAS(松本1着・白鳥4着)▲9.7

本日はほぼポイント推移が0に近い1日となった。白鳥は11月に4戦出場し全て4着と苦しい月になったが、まだチームポイントはプラス、松本がトップだったことが救いとインタビューでも話しており、月が替わって12月からまた心機一転前向きに戦って行きたい所だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月1日の対戦カード ©ABEMA
11月30日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top