麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/8 Mリーグ2023-24 第2試合結果】僅少なルートでアガリを紡ぐ!鈴木優が戦闘民族の本領発揮で5回のアガリを掴み取り、個人連勝となるトップ獲得!2着は連投権使用で熱戦を繰り広げた渋川難波!

【12/8 Mリーグ2023-24 第2試合結果】僅少なルートでアガリを紡ぐ!鈴木優が戦闘民族の本領発揮で5回のアガリを掴み取り、個人連勝となるトップ獲得!2着は連投権使用で熱戦を繰り広げた渋川難波!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」48日目が12月8日(金)に開催された。

12月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:渋川難波

南:鈴木優

西:猿川真寿

北:茅森早香

第2試合

東1局は茅森が[中]をポンして400・700のアガリ。静かな立ち上がりとなる。

東1局 茅森 中 400・700 ©ABEMA

東2局、親の優がタンヤオの[5][8]待ちでリーチ。直後に猿川がカン[⑥]待ちで追いかけリーチに打って出る。終盤までもつれると、茅森も七対子で追いつき、ドラ[二]待ちでツモ番なしリーチを敢行する。全員のアガリ牌が山に残っている熱い捲り合いは、優が[赤5]をツモって決着。4000オールのアガリを決めてトップ目に躍り出た。

東2局 優 リーチ, ツモ, タンヤオ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東2局1本場は優のホンイツ仕掛けと茅森のリーチがぶつかる。優は[白]のポンから3つ仕掛けて[⑤][⑧]待ちに。茅森は場況の良い[3][6]待ちでリーチを掛け、他2人は撤退を選ぶ。結果は優が[6]を掴んで茅森のアガリ。裏ドラが暗刻の[7]となり、8000の直撃に成功した。

東2局1本場 優の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 茅森 リーチ, ドラ×1, 裏ドラ×3 8000 ©ABEMA

東3局、親の猿川がピンフの[六][九]待ちで先制リーチ。そこに渋川がピンフドラ2高目タンヤオの[1][4][7]待ちで追いかけリーチを敢行する。着順に直結する捲り合いは渋川が[4]を一発で引き寄せて決し、3000・6000のアガリをものにした。優を捲ってトップ目に浮上。

東3局 猿川の手牌 ©ABEMA
東3局 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

東4局は渋川が[6][7][8][9]待ちの四面張で先制リーチ。[8]をツモ、1000・2000のアガリでリードを築く。

東4局 渋川 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南1局は優が七対子でテンパイすると、[八]待ちでの即リーチを選ぶ。そこに茅森がイーペーコードラ2のカン[③]待ちで追いかけリーチを敢行。この局は優に軍配、[八]をツモって2000・4000のアガリを決めた。渋川を捲って再逆転に成功。

南1局 茅森の手牌 ©ABEMA
南1局 優 リーチ, ツモ, チートイツ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

続く南2局、南2局1本場も親番を迎えた優がものにする。南2局では渋川の満貫テンパイをかわして2900の直撃、南1局1本場では茅森から1500のアガリ。打点こそ小さいが、確実に他3者を引き離していく。

南2局 渋川の手牌 ©ABEMA
南2局 優 白, 赤ドラ×1 2900 ©ABEMA
南2局1本場 茅森の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 優 東 1500 ©ABEMA

南2局2本場、渋川が[⑧]を両面チーしてタンヤオ三色同順のカン[七]待ちでテンパイ。そこに猿川がドラ[三]を暗刻にして[4][7]待ちでリーチを掛ける。同巡に優がタンヤオドラ1の[二][五]で追いかけリーチを敢行し、3軒の激しい捲り合いに。勢いままに優が[赤五]を一発でツモ、6000オールのアガリを決めた。持ち点は6万に迫る。

南2局2本場 渋川の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 猿川の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 優 リーチ, 一発, ツモ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

続く南2局3本場、茅森が[①][発][中]をポンして大三元と混老頭のイーシャンテンに。茅森に注目が集まるなか、渋川がタンヤオで仕掛けてドラ4のカン[④]待ちテンパイをひっそりと入れる。ほどなくして優から[④]が打たれ、8000の直撃に成功した。

南2局3本場 茅森の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 優の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 渋川 タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×3 8000 ©ABEMA

南3局、猿川が[南]のポンから発進。手牌がマンズに伸びていき、ホンイツへと向かう。そこに渋川が[六]とドラ[中]のシャンポン待ちでリーチ。猿川がカン[七]待ちのテンパイを入れると同時に浮いていた[中]が打ち出され、無念の放銃となる。渋川が8000の加点に成功し、優に条件を突き付けてオーラスへ。

南3局 猿川の手牌 ©ABEMA
南3局 渋川 リーチ, 中, ドラ×3 8000 ©ABEMA

オーラス、持ち点は優が50,700、渋川が41,100、茅森が13,800、猿川が-5,600という並び。

先制テンパイは茅森。僅か2巡で七対子のテンパイを入れると、一度はヤミテンに構え、ドラ[①]に待ちが変わったタイミングでリーチ。

オーラス 茅森の手牌 ©ABEMA

そこに優がタンヤオの[五][八]待ちでテンパイ。この局で決着を付けにいくといわんばかりに無筋の[6]を河に置く。

オーラス 優の手牌 ©ABEMA

さらに猿川も七対子でテンパイし、[4]待ちで即リーチに打って出る。

オーラス 猿川の手牌 ©ABEMA

捲り合いは茅森がラス牌の[4]を掴んで決着。

裏ドラが2枚乗り、8000の直撃となったものの、僅かに届かず着順そのままでゲームセットとなった。

オーラス 茅森の手牌 ©ABEMA
オーラス 猿川 リーチ, チートイツ, 裏ドラ×2 8000 ©ABEMA
第2試合トップの優 ©ABEMA

第2試合結果
1位 優(Pirates)+70.7
2位 渋川(サクラナイツ)+21.1
3位 茅森(フェニックス)▲35.2
4位 猿川(BEAST)▲56.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月8日トータル結果

サクラナイツ(渋川1着・渋川2着)+83.8
Pirates(仲林4着・優1着)+0.6
フェニックス(東城2.5着・茅森3着)▲31.5
BEAST(大介2.5着・猿川4着)▲52.9

渋川が連闘で大きく加点に成功し、サクラナイツが一歩上位争いから抜け出した。ここ最近やや上昇ムードだったフェニックス、BEASTは今日は苦戦で停滞ムード、年内に300ポイント代にはのせて新年を迎えたい所だ

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月11日の対戦カード ©ABEMA
12月8日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top