麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/8 Mリーグ2023-24 第1試合結果】電光石火の12000!渋川難波が東3局に僅か3巡で門前ホンイツのアガリを決めると、リードを維持し続け逃げ切りトップ獲得!鈴木大介と東城りおが同点2着、仲林圭は苦しい箱下4着!

【12/8 Mリーグ2023-24 第1試合結果】電光石火の12000!渋川難波が東3局に僅か3巡で門前ホンイツのアガリを決めると、リードを維持し続け逃げ切りトップ獲得!鈴木大介と東城りおが同点2着、仲林圭は苦しい箱下4着!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」48日目が12月8日(金)に開催された。

12月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木大介

南:東城りお

西:渋川難波

北:仲林圭

第1試合

東1局、[中][北]をポンした仲林がカン[6]待ちで先制テンパイ。そこに親の大介が七対子でテンパイし、1枚切れのドラ[三]を横に曲げ[赤五]単騎でリーチを敢行する。東城から合わせて打たれた[三]を渋川がチーしてタンヤオに向かうと、[二][五]待ちのテンパイで追いつく。すぐに大介が[二]を掴み、渋川が3900のアガリを決めて第1試合スタート。

東1局 仲林の手牌 ©ABEMA
東1局 大介の手牌 ©ABEMA
東1局 渋川 タンヤオ, ドラ×2 3900 ©ABEMA

東2局は親の東城が[白]をポンしてマンズのホンイツに向かうなか、渋川がカン[三]待ちで先制リーチ。東城も[六][八]のシャンポン待ちで追いつくと、[七]を引いて選択を迫られる。強気に[六]を勝負して[五][七][八]の三面張に受けた結果、直後に[五]をツモ。2600オールの加点に成功し、トップ目に躍り出た。

東2局 渋川の手牌 ©ABEMA
東2局 東城 白, ホンイツ 2600オール ©ABEMA

東2局1本場は終盤に東城が[六][九]待ちでリーチを掛けるも流局。

東2局1本場 流局 ©ABEMA

続く東2局2本場、渋川が[二][五][八]待ちでリーチ。ドラも役もない手だが待ちの良さで勝負をかける。そこに仲林がタンヤオピンフ赤1高目三色の[四][七]待ちで追いかけリーチ。捲り合いは仲林が[五]を掴む形で決着する。裏ドラが[五]となり、渋川が5200のアガリを決めた。

東2局2本場 仲林の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 渋川 リーチ, 裏ドラ×2 5200 ©ABEMA

東3局、親の渋川が2巡目にカン[七]待ちのテンパイを外してピンズのホンイツに向かう。次巡に[発]を重ねて狙い通りメンホンになると、[⑦][発]のシャンポン待ちをヤミテンに構える。すぐに仲林から[発]が打たれ、電光石火の12000を討ち取った。渋川は東城を捲ってトップ目に浮上。

東3局 仲林の手牌 ©ABEMA
東3局 渋川 發, ホンイツ, ドラ×1 12000 ©ABEMA

東3局1本場は大介の1人テンパイで流局。大介の切り出しがピンズのホンイツに見え、3者対応を強いられる形となった。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

続く東4局2本場、大介が絶好の[赤5]を引いて僅か2巡で[3][6]待ちのリーチ。親番を迎えた仲林が押し返していくが、[3]を掴んでしまい放銃となる。裏が1枚乗り、6400のアガリとなった。仲林は痛恨の3連続放銃で箱下へ。

東4局2本場 仲林の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 大介 リーチ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 6400 ©ABEMA

南1局は渋川が[南]をポンして東城から1000のアガリ。局を進めていく。

南1局 東城の手牌 ©ABEMA
南1局 渋川 南 1000 ©ABEMA

南2局、再逆転を目指す親の東城が[中]のポンから仕掛けて[三][⑨]のシャンポン待ちでテンパイ。そこに大介がペン[七]待ちでリーチを敢行する。東城は一発目に[三]を勝負して[二][五][八]の三面張に待ちを変えると、大介が[二]を掴んで2900の加点に成功した。

南2局 大介の手牌 ©ABEMA
南2局 東城 中, 赤ドラ×1 2900 ©ABEMA

南2局1本場は渋川が東城から2000のアガリ。大介に満貫のテンパイが入っていたが、ここは[⑤][⑧]を仕留めてかわした。

南2局1本場 大介の手牌 ©ABEMA
南2局1奔馬 東城の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 渋川 發, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南3局はツモ三暗刻のリーチを打った大介の1人テンパイで流局し、勝負はオーラスへ。

南3局 流局 ©ABEMA

オーラス1本場、東城が2枚目の[発]をポンして2着確保へ。そこに親の仲林が[一][四]待ちでリーチを敢行。しかし決着は付かず、東城と仲林の2人テンパイで流局となる。

オーラス1本場 流局 ©ABEMA

続くオーラス2本場、持ち点は渋川44,900、東城が35,900、大介が23,100、仲林が-5900、供託2本という状況。

先制テンパイは大介。一気通貫ドラ2のカン[⑧]待ちをヤミテンに構える。

オーラス2本場 大介の手牌 ©ABEMA

直後に東城が三色同順完成のテンパイ。打点が足りているため、東城もヤミテンを選択。

オーラス2本場 東城の手牌 ©ABEMA

すぐに大介が[⑧]をツモ。2000・4000のアガリを決め、東城と同点2着という劇的な幕切れとなった。

オーラス2本場 大介 ツモ, 一気通貫, ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

リードを維持し続け逃げ切りトップを決めた渋川。

サクラナイツのポイントを300の大台に乗せることに成功した。

インタビューではチーム恒例の連投権を使用することを宣言。第2試合もトップでデイリーダブルとなるか、注目が集まる。

第1試合トップの渋川 ©ABEMA
東2局1本場に渋川が危うく放銃しかけたことを聞き「おしい」と悔しがる東城 ©ABEMA

第1試合結果
1位 渋川(サクラナイツ)+62.7
2位 大介(BEAST)+3.7
2位 東城(フェニックス)+3.7
4位 仲林(Pirates)▲70.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top