麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/8 Mリーグ2023-24 第2試合結果】ラス目からの一撃必殺の親倍!多彩な攻撃を魅せた日向藍子がチーム同日連勝を達成!2着は巧みなゲームコントロールをしたが、惜しくもオーラスに捲られた勝又賢志!

【1/8 Mリーグ2023-24 第2試合結果】ラス目からの一撃必殺の親倍!多彩な攻撃を魅せた日向藍子がチーム同日連勝を達成!2着は巧みなゲームコントロールをしたが、惜しくもオーラスに捲られた勝又賢志!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」61日目が1月8日(月)に開催された。

1月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:醍醐大

南:勝又健志

西:佐々木寿人

北:日向藍子

第2試合

東1局は日向が[白]をポン。ソーズのホンイツを見据える。そこに勝又が[2][5][8]待ちで3巡目にリーチ。すぐにツモり500・1000のアガリで静かに開局する。

東1局 勝又 リーチ, ツモ 500・1000 ©ABEMA

東2局は勝又が[赤五]をポンして[3][6]待ちでテンパイ。さらに日向は[白]をポンしてトイトイの[5][①]待ちで追いつく。醍醐も当たり牌の[3]を重ねて[二][五]待ちでリーチをかける。しかし次順醍醐がさらに[3]を引いて放銃。勝又の5800のアガリでリードを広げる。

東2局 日向の手牌 ©ABEMA
東2局 醍醐の手牌 ©ABEMA
東2局 勝又 タンヤオ, 赤ドラ×2 5800 ©ABEMA

東2局1本場は寿人がカン[⑤]をチーしてドラの[南]の後付けを狙う。そこに親の勝又が[2][5]待ちで先制リーチ。日向も[①][④]待ちで追いかけリーチ。この局も勝又に軍配が上がり、2600オールの加点に成功。

東2局1本場 日向の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 勝又 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1 2600オール ©ABEMA

東2局2本場は醍醐が[1][4]待ちで先制リーチ。日向もペン[3]待ちで追いかけリーチをかけるがこれは純カラ。すぐに醍醐がツモり、裏も1枚のって1300・2600のアガリで2着目へ浮上。

東2局2本場 日向の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 醍醐 リーチ, ツモ, ピンフ, 裏ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

東3局は親の寿人が一度カン[4]待ちでテンパイするが、よりいい打点と待ちを求めてテンパイを外す。そして寿人が[6][9]待ちになって先制リーチ。2600オールのアガリで連荘に成功。

東3局 寿人 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1 2600オール ©ABEMA

東3局1本場は親の寿人が[白]をポン、さらに仕掛けてマンガンの[④][⑦]待ちでテンパイ。すぐにツモり4000オールのアガリで逆転してトップ目に立つ。

東3局1本場 寿人 白, ドラ×2, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東3局2本場は勝又が[⑤][⑧]待ちで先制リーチ。そこに醍醐が[三][六]待ちでハネマン以上確定の追いかけリーチをかける。さらに親の寿人もツモり四暗刻をテンパイするが、余った[⑧]を勝又が捉える。トップ目の寿人から6400のアガリで再び逆転してトップ目に立つ。

東3局2本場 醍醐の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 寿人の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 勝又 リーチ, ドラ×1, 裏ドラ×1 6400 ©ABEMA

東4局はドラの[白]がトイツの勝又が[中]をポン。そこに寿人がツモり三暗刻の[⑦][6]待ちで先制リーチ。さらに親の日向も三色同順確定の[②][⑤]待ちで追いかけリーチをかける。日向はハネマン以上が確定している弩級のリーチである。なんとホウテイで寿人が[⑤]を掴む。日向の24000のアガリで一気にトップ目に詰め寄る。寿人にとっては悪夢の局になった。

東4局 寿人の手牌 ©ABEMA
東4局 日向 リーチ, ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, 三色同順, ホーテイ, 赤ドラ×1 24000 ©ABEMA

東4局1本場は勝又が[西]をポンしてマンズのホンイツへ向かう。そこに醍醐が[2][5][8]待ちで先制リーチをかける。先切りも効いており、一向聴だった親の日向から[2]が出て、醍醐の8000のアガリで南入。

東4局1本場 日向の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 醍醐 リーチ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×1 8000 ©ABEMA

南1局、親の醍醐が[白]をポン。子は対応を迫られる中、寿人が仕掛けてタンヤオの[五][八]待ちでテンパイする。しかし無筋を引いて撤退。しかし回って寿人は復活。重苦しい展開となったこの局は寿人の一人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

南2局1本場は寿人がドラ3のカン[⑤]待ちで先制リーチ。さらに赤3の醍醐も[③][⑤]シャンポン待ちで追いかけリーチ。高打点のぶつかり合いを醍醐が制す。2000・4000のツモあがりで2着目に浮上。トップ目に詰め寄る。

南2局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 醍醐 リーチ, ツモ, 赤ドラ×3 2000・4000 ©ABEMA

南3局は日向が仕掛けて[⑥][⑨]待ちでテンパイ。日向が最終手番でツモるが、全員テンパイしていないと判断してアガらずの選択。これが功を成して、日向の一人テンパイで流局

南3局 流局 ©ABEMA

南4局は勝又が35300、醍醐が29200、日向が28200持ちと上位3人が接戦の展開。アガればトップの勝又はカン[2]を仕掛けてダブルバックの構え。そこに親の日向が[六][九]待ちで先制リーチ。日向が醍醐から3900のアガリで蓮荘に成功。

南4局 日向 リーチ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

南4局1本場は親の日向が[中]をポン。勝又は何回もテンパイをするが役なしのため取らない選択をする。巡目が立って日向が[七][9]待ちでテンパイ。待ちが変わり[六][九]待ちになる。そこに寿人がペン[⑦]待ちでリーチをかける。寿人が[九]を掴んで日向の5800のアガリで逆転。これで次局伏せれる点差を稼いだ。

南4局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 日向 中, ドラ×2 5800 ©ABEMA

南4局2本場は勝又が仕掛けて3900以上のアガリを狙いにいく。親の日向も仕掛けて[3][6]待ちでテンパイ。しかし放銃できない日向はオリを選択。最後は醍醐の一人テンパイで流局。

南4局2本場 流局 ©ABEMA

親倍に小手技と幅広い攻撃力を魅せた日向藍子がトップ獲得!渋谷ABEMASの同日連勝を決めた!

 

第2試合トップの日向 ©ABEMA

第2試合結果
1位 日向(ABEMAS)+58.8
2位 勝又(風林火山)+14.3
3位 醍醐(フェニックス)▲12.0
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲61.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月8日トータル結果

ABEMAS(松本1着・日向1着)+128.2
風林火山(瑠美3着・勝又2着)▲13.9
麻雀格闘倶楽部(滝沢2着・寿人4着)▲33.3
フェニックス(魚谷4着・醍醐3着)▲81.0

ABEMASが同日連勝を決めて一気にプラス圏に浮上。フェニックスは苦しみ一歩後退となった。

ポイントを減らしたこと自体も痛いがABEMASが大きく浮上したこともフェニックスにとっては痛い結果となってしまった。

しかしまだまだ残り各チーム40戦以上残っている。慌てることなく冷静に巻き返していきたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月9日の対戦カード ©ABEMA
1月8日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top