麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/22 Mリーグ2023-24 第2試合結果】卓上の暴君の親倍炸裂!瀬戸熊直樹が高打点の乱打戦を制してチーム同日連勝を達成!松ヶ瀬隆弥は緑一色をテンパイするもアガれず苦しい4着に沈む...

【1/22 Mリーグ2023-24 第2試合結果】卓上の暴君の親倍炸裂!瀬戸熊直樹が高打点の乱打戦を制してチーム同日連勝を達成!松ヶ瀬隆弥は緑一色をテンパイするもアガれず苦しい4着に沈む...

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」69日目が1月22日(月)に開催された。

1月22日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:滝沢和典

西:瀬戸熊直樹

北:松ヶ瀬隆弥

第2試合

東1局は親の堀がダブ[東]をポン。そこに滝沢が高目三色同順の[⑥][⑨]待ちで先制リーチ。堀も追いつき滝沢の現物の間[⑧]待ちで押し返す。さらに松ヶ瀬も[一][四][七]待ちで追いかけリーチを敢行。東発から高打点の殴り合いとなった中、最後に追いついた松ヶ瀬が堀から8000のアガリを決めスタートダッシュを決める。

東1局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東1局 堀の手牌 ©ABEMA
東1局 松ヶ瀬 リーチ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東2局は松ヶ瀬が[③][⑥][⑨]待ちで先制リーチ。そこに親の滝沢がダブ[東]をポンして[一][四]待ちで押し返す。このめくり合いは滝沢に軍配が上がり、滝沢の2000オールのアガリで連荘に成功。

東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東2局 滝沢 ダブ東, ドラ×1 2000オール ©ABEMA

東2局1本場は堀が絶好の[赤五]を引き入れ[四][七]待ちで先制リーチ。一発でツモり2000・4000のアガリで東発に失った点数を回復する。

東2局1本場 堀 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東3局は親の瀬戸熊が[四][七]待ちで先制リーチ。ドラの[四]を一発でツモり、さらに裏も2枚乗せて8000オールのアガリで一気に突き抜ける。

東3局 瀬戸熊 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×1, 裏ドラ×2 8000オール ©ABEMA

東3局1本場は堀がドラ3のチートイツで[白]待ちのダマテンに構える。松ヶ瀬は[2]をポンしてソーズの染め手、あわよくば緑一色に向かう。堀は待ちを[⑨]に変える。松ヶ瀬はなんと[3][発]待ちの緑一色テンパイ。さらに滝沢は[④][⑦]待ちでリーチを敢行。今季初の役満が出現するかと思われたが、瀬戸熊がノーチャンスの[⑨]を掴み放銃。堀がトップ目の瀬戸熊から8000のアガリを決める。

東3局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 堀 チートイツ, ドラ×2, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東4局は堀が仕掛けてホンイツの[西][北]待ちでテンパイ。さらに滝沢も[一][四]待ちでリーチをかける。堀は無筋の[4]を引いて撤退を選択。そして滝沢は安目をツモり、700・1300のアガリで南入。

東4局 堀の手牌 ©ABEMA
東4局 滝沢 リーチ, ツモ, ピンフ 700・1300 ©ABEMA

南1局は滝沢が[⑥][⑨]待ちで先制リーチ。終盤に親の堀も追いつき[五][八]待ちでリーチをかけるが、すぐに滝沢がツモって3000・6000のアガリを決めトップ目に躍り出る。

南1局 堀の手牌 ©ABEMA
南1局 滝沢 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×2, 裏ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

南2局は瀬戸熊が[四][七]待ちで先制リーチ。そこに親の滝沢も[②][⑤]待ちで追いかけリーチをかけるがすぐに瀬戸熊がツモって1300・2600のアガリ。再び逆転しトップ目に立つ。

南2局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南2局 瀬戸熊 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

南3局は瀬戸熊がメンゼンでマンズのホンイツの[一][四][七]待ちで先制テンパイ。ダマテンに構えるとそこに松ヶ瀬が飛び込んでしまう。瀬戸熊が松ヶ瀬から12000のアガリでさらにリードを広げる。

南3局 瀬戸熊 ホンイツ, ドラ×2 12000 ©ABEMA

南3局1本場は親の瀬戸熊が仕掛けて[5][8]待ちでテンパイ。松ヶ瀬から1500のアガリを決めて連荘する。

南3局1本場 瀬戸熊 タンヤオ 1500 ©ABEMA

南3局2本場はドラ2の滝沢が[中]をポン。瀬戸熊は一時テンパイをキープするが、ドラの[①]を掴んで撤退。堀は仕掛けてカン[⑤]待ちでテンパイ。松ヶ瀬もカン[⑤]待ちで追いついてリーチを敢行。松ヶ瀬が一発でツモり、2000・4000のアガリで3着目の堀に詰め寄る。

南3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 松ヶ瀬 リーチ, 一発, ツモ, タンヤオ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南4局、3着目の堀が13400、ラス目の松ヶ瀬が10100持ちと3着争いが熾烈となる。堀が[②][⑤]待ちで先制リーチをかける。親の松ヶ瀬も[東]をポンして[一][四]待ちで応戦。3着争いのめくり合いを制したのは堀。1000・2000のツモアガリで3着キープを決めた。

南4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南4局 堀 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

瀬戸熊直樹が高打点の乱打戦を制してトップを獲得!チーム雷電は同日連勝を達成!

第2試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+67.7
2位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+6.8
3位 堀(サクラナイツ)▲22.6
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲51.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月22日トータル結果

雷電(黒沢1着・瀬戸熊1着)+122.5
サクラナイツ(岡田2着・堀3着)▲18.2
麻雀格闘倶楽部(高宮4着・滝沢2着)▲36.0
風林火山(亜樹3着・松ヶ瀬4着)▲68.3

6位風林火山と7位雷電の直接対決が注目されたが、ここで雷電が値千金の同日連勝。大きくポイント差を縮めるとともに、フェニックス、BEASTにとってもセミファイナル進出に向けては一歩近づく結果となった。

風林火山としては、痛い結果となったが、まだ現状6位、まだまだ前向きに戦って行きたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月23日の対戦カード ©ABEMA
1月22日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top