麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/22 Mリーグ2023-24 第1試合結果】押し切ってトップ目に直撃を決めた黒沢咲!差し切り勝ちでチーム雷電に今年初のトップを持ち帰る!2着は勝負リーチで引き負け悔しい結果となった岡田紗佳!

【1/22 Mリーグ2023-24 第1試合結果】押し切ってトップ目に直撃を決めた黒沢咲!差し切り勝ちでチーム雷電に今年初のトップを持ち帰る!2着は勝負リーチで引き負け悔しい結果となった岡田紗佳!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」69日目が1月22日(月)に開催された。

1月22日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:黒沢咲

南:二階堂亜樹

西:岡田紗佳

北:高宮まり

今季2回目の女性対決となった。

第1試合

東1局は親の黒沢が[5][8]待ちで先制リーチ。待ち枚数は少なかったが[赤5]を一発でツモり、4000オールのアガリでスタートダッシュを決めた。

東1局 黒沢 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東1局1本場は亜樹がドラ表示牌の[3]を仕掛けて[②][⑤]待ちで先制テンパイ。そこに岡田が[二][五]待ちで追いついてリーチ。岡田も[赤五]を一発でツモり、3000・6000のアガリでトップ目に立つ。

東1局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 岡田 リーチ, 一発, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

東2局は岡田がチートイツのドラドラでテンパイ。[1]単騎のダマテンに構える。そこに高宮が[一][四]待ちでリーチ。さらに親の亜樹が[⑤][⑧]待ちで追いかけリーチで3人のめくり合いとなる。岡田は一発目に両者にダブル無筋の[四]を引いて撤退を選択。そして決着はつかずに亜樹、高宮の2人テンパイで流局となる。

東2局 流局 ©ABEMA

東2局1本場は黒沢が高め三色同順の[1][4]待ちでダマテンに構える。そこに岡田が[4][発]待ちでリーチをかける。親権維持のために仕掛けた亜樹から[4]が余り、岡田の1300のアガリ。供託も回収することに成功し、リードを広げる。

東2局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 岡田 リーチ 1300 ©ABEMA

東3局は高宮がカン[三]待ちでテンパイ。役なしもあり一旦ダマテンに構える。そして亜樹が[白]をポンして[⑤][⑧]待ちでテンパイ。高宮はカン[五]待ちに変化してリーチをかける。そこに親の岡田が[五]が余る形でテンパイし放銃に回り、高宮の5200のアガリ。

東3局 亜樹の手牌 ©ABEMA
東3局 岡田の手牌 ©ABEMA
東3局 高宮 リーチ, 一発, 裏ドラ×1 5200 ©ABEMA

東4局はドラドラの亜樹が[白]をポン。[②][六]待ちでテンパイをいれる。そこに親の高宮が[5][8]待ちでリーチ。めくり合いを亜樹が制し、高宮から3900のアガリで南入。

東4局 高宮の手牌 ©ABEMA
東4局 亜樹 白, ドラ×2 3900 ©ABEMA

南1局は亜樹がチートイツの[南]待ちで先制リーチ。一人旅となるがツモれずに亜樹の1人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

南2局1本場は高宮がチートイツのドラ[④]待ちで先制リーチ。そこに親の亜樹が[③][中]シャンポン待ちでテンパイし、ダマテンに構える。高宮が[中]を掴み、亜樹の2000のアガリで連荘に成功。

南2局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 亜樹 中 2000 ©ABEMA

南2局2本場はドラ3の岡田が[5]をポンしてタンヤオへ向かう。そして[④][⑦]待ちでテンパイ。黒沢も2枚目の[発]をポンして[⑥][⑨]待ちでテンパイ。高宮から[⑦]が余り、岡田の8000のアガリでさらにリードを広げる。

南2局2本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 岡田 タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

南3局は親の岡田がチートイツの[⑧]待ちで先制リーチ。そこに2着目の黒沢が押し返し、[2][5]待ちで追いかけリーチを敢行。トップを行方を左右する天王山となる。熱いめくり合いは黒沢が制し、岡田から8000の直撃でトップ目に躍り出てオーラスを迎える。

南3局 岡田の手牌 ©ABEMA
南3局 黒沢 リーチ, ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

黒沢が37400、岡田が28800、亜樹が28000と上3人が接戦のままオーラスを迎える。南4局は岡田が[北]をポンし、ホンイツやトイトイを見据える。そこに親の高宮が[六][九]待ちで先制リーチをかけ、一人旅となる。ツモって裏も2枚乗り、4000オールのアガリで一気に混戦となる。

南4局 高宮 リーチ, ツモ, ピンフ, 裏ドラ×2 4000オール ©ABEMA

南4局1本場はアガリトップの黒沢が[白]をポン。手も進んで[④][⑦]待ちで先制テンパイをいれる。そのままツモり300・500のアガリを決めトップを確定させる。

南4局1本場 黒沢 白 300・500 ©ABEMA

黒沢がオーラスは仕掛けて勝負を決め、個人2勝目を獲得!チーム雷電に今年初のトップを持ち帰った!

 

第1試合トップの黒沢 ©ABEMA

第1試合結果
1位 黒沢(雷電)+54.8
2位 岡田(サクラナイツ)+4.4
3位 亜樹(風林火山)▲16.4
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲42.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top