麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/26 Mリーグ2023-24 第1試合結果】個人3連勝でPirates首位独走!瑞原明奈が東2局2本場に4000オールを一撃決めると、サクサクと局を回していき悠々のトップ獲得!2着はオーラスに這い上がり逆転を果たした松ヶ瀬隆弥!

【1/26 Mリーグ2023-24 第1試合結果】個人3連勝でPirates首位独走!瑞原明奈が東2局2本場に4000オールを一撃決めると、サクサクと局を回していき悠々のトップ獲得!2着はオーラスに這い上がり逆転を果たした松ヶ瀬隆弥!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」72日目が1月26日(金)に開催された。

1月26日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:瑞原明奈

西:内川幸太郎

北:多井隆晴

第1試合

東1局、親の松ヶ瀬が2枚目の[発]ポンから仕掛けてペン[⑦]待ちの先制テンパイ。加カンをしたのちドラの[⑦]を手繰り寄せ、1600オールのアガリでスタートを切る。

東1局 松ヶ瀬 發, ドラ×1 1600オール ©ABEMA

東1局1本場、多井がくっつきのイーシャンテンから[二][五]待ちになって先制リーチ。すぐに[赤五]をツモ、2000・4000のアガリを決めた。

東1局1本場 多井 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、親番を迎えた瑞原が僅か4巡で[⑥][⑨]待ちの先制リーチ。他3者はやむなくオリを選択するなか、終盤に[⑨]をツモ。2000オールを加点して多井の背後につける。

東2局 瑞原 リーチ, ツモ, ドラ×1 2000オール ©ABEMA

東2局1本場は多井が[西]をポンしてテンパイ、松ヶ瀬も七対子のヤミテンを入れる。そこに内川と瑞原がリーチで応戦。これに松ヶ瀬と多井が対応し、結果は3人テンパイで流局となった。

東2局1本場 流局 ©ABEMA

続く東2局2本場、親の瑞原が自力で役牌の[発]を暗刻にして[一][四]待ちの先制リーチ。同巡に多井がカン[4]待ちでテンパイすると、一旦ダマに構えてドラ[8][南]のシャンポンに変わったタイミングでリーチを敢行する。どちらも山に残っていた捲り合いは瑞原が[四]をツモって決着。4000オールのアガリに供託が3本付き、一気に突き抜けた。

東2局2本場 多井の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 瑞原 リーチ, ツモ, イーペーコー, 發, 裏ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東2局3本場、まずは松ヶ瀬が[九]を暗槓。そこに内川がタンヤオドラ1の[三][六]待ちで先制リーチ。松ヶ瀬も追いつき、[1][4]待ちでリーチを敢行する。さらに多井にも赤2のテンパイが入り、[三]を横に曲げて放銃になるかと思われたが、持ち前の守備力でオリを選択し放銃回避。多井のファインプレーにより内川が[4]を掴む形で決着し、松ヶ瀬の2300のアガリとなった。

東2局3本場 内川の手牌 ©ABEMA
東2局3本場 多井の手牌 ©ABEMA
東2局3本場 松ヶ瀬 リーチ 2300 ©ABEMA

東3局は松ヶ瀬が先制リーチを掛けるも、タンヤオのテンパイを入れていた親番の内川が[八]を捉えて1500。

東3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東3局 内川 タンヤオ 1500 ©ABEMA

東3局1本場は内川のリーチ宣言牌[八]を瑞原がタンヤオで仕留め、1000のアガリでかわす。

東3局1本場 内川の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 瑞原 タンヤオ 1000 ©ABEMA

東4局、内川がタンヤオの[三][六]待ちで先制リーチ。瑞原が[白]をポンして3900のテンパイを取ると[三]が溢れて放銃となる。内川が2600をアガって南入。

東4局 瑞原の手牌 ©ABEMA
東4局 内川 リーチ, タンヤオ 2600 ©ABEMA

南1局、瑞原がドラ2内臓の手でダブ[南]のポンして[6][9]待ちのテンパイ。三色同順がみえるイーシャンテンの多井が[6]をプッシュして放銃となり、瑞原が8000のアガリを決めた。

南1局 多井の手牌 ©ABEMA
南1局 瑞原 ダブ南, ドラ×1, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南2局、今度は内川にダブ[南]ドラ2の手が入る。ポンテンで[②][⑤][⑧]待ちになると、瑞原から[⑧]が打たれて8000のアガリを決めた。松ヶ瀬と多井をかわして2着目に浮上。

南2局 瑞原の手牌 ©ABEMA
南2局 内川 ダブ南, ドラ×2 8000 ©ABEMA

南3局は親番の内川が多井から1500をアガって連荘に成功。

南3局 多井の手牌 ©ABEMA
南3局 内川 中 1500 ©ABEMA

しかし続く南3局1本場は瑞原が500・1000のアガリで軽快にかわし、リードを保ったままオーラスへ。

南3局1本場 瑞原 中, 赤ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

オーラス、持ち点は瑞原が43,900、内川が23,100、松ヶ瀬が17,600、親番の多井が15,400という並び。

先制テンパイは松ヶ瀬。絶好の[⑥]を引くと、タンヤオピンフドラ2の[三][六]待ちをヤミテンに構える。

オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

イーシャンテンだった親の多井から[三]がこぼれ、8000のアガリ。内川を捲り、松ヶ瀬が2着に浮上して終局となった。

オーラス 多井の手牌 ©ABEMA
オーラス 松ヶ瀬 ピンフ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

瑞原が東2局2本場に4000オールを一撃を決めると、サクサクと局を回していき悠々のトップ獲得。

首位Piratesにとってあまりにも頼もしい個人3連勝を決めた。

第1試合トップの瑞原 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瑞原(Pirates)+63.9
2位 松ヶ瀬(風林火山)+5.6
3位 内川(サクラナイツ)▲16.9
4位 多井(ABEMAS)▲52.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top