麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【2/27 Mリーグ2023-24 第2試合結果】会心の裏3で突き抜ける!二階堂亜樹が4面張リーチで跳満をアガって突き抜けるとそのリードを活かして逃げ切りトップ!2着はオーラスにトップまで600点差の所まで追いすがった鈴木大介!

【2/27 Mリーグ2023-24 第2試合結果】会心の裏3で突き抜ける!二階堂亜樹が4面張リーチで跳満をアガって突き抜けるとそのリードを活かして逃げ切りトップ!2着はオーラスにトップまで600点差の所まで追いすがった鈴木大介!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」90日目が2月27日(火)に開催された。

2月27日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:二階堂亜樹

南:鈴木大介

西:高宮まり

北:堀慎吾

第2試合

東1局、亜樹がペン[③]待ちの先制リーチを敢行。

[2]をチーしていた高宮がカン[五]待ちのテンパイに。

高宮が[五]をツモって決着。

高宮は500・1000の加点となり、静かな滑り出しとなった。

東1局 亜樹の手牌 ©ABEMA
東1局 高宮 タンヤオ, ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

東2局は流局し、東3局1本場。

高宮が[②]ポン、[5]チーと仕掛けタンヤオ進行。

程なくして高宮は[⑦][8]シャンポン待ちテンパイに。

そこに役なしのペン[七]待ちでテンパイした亜樹はダマテンを選択。

次巡[⑤]をポンしてタンヤオとなった亜樹の待ちは[八]単騎に。

更に大介もカン[八]待ちの役なしテンパイになりこれをダマテンに構える。

堀も[1][4]待ちのテンパイ、リーチを敢行。

大介の待ちは[⑥][七]シャンポンへと変化。

この4人の捲り合いに勝ったのは大介。

大介は[⑥]をツモ。

大介は400・700の加点ながら他家の勝負手を躱すことに成功した。

東3局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 大介 ツモ 400・700 ©ABEMA

東4局、亜樹が[一][三][四][六]待ちの好形で先制リーチを敢行。

亜樹は[四]をツモ、裏ドラがなんと3枚も乗る。

亜樹は3000・6000の大きな加点、トップ目に立って南入となった。

東4局 亜樹 リーチ, ツモ, ピンフ, 裏ドラ×3 3000・6000 ©ABEMA

南1局は流局し、南2局1本場。

堀が自風[西]ポン、[2]ポンと仕掛け速いアガリを目指す。

そこに亜樹が[②][⑤]待ちの先制リーチを敢行。

程なくして堀はカン[五]待ちのテンパイに。

堀が[②]を掴み決着。

亜樹は3900の獲得となった。

南2局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 亜樹 リーチ, ピンフ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

南3局、親の高宮が4巡目に[6][9]待ちの先制リーチ。

堀から[9]が溢れてしまう。

高宮は12000の加点に成功した。

南3局 堀の手牌 ©ABEMA
南3局 高宮 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 12000 ©ABEMA

南3局1本場は流局、亜樹が1歩リードという状況でオーラスに。

オーラス2本場、ここまで苦しい親の堀が[六][九]待ちの先制リーチを敢行。

大介が回りながらカン[5]待ちのテンパイに辿りつきリーチを選択。

大介はを山から[5]を手繰り寄せる。

大介は2000・4000の加点で2着目に浮上した。

また、この大介のアガリで亜樹のトップが確定した。

オーラス2本場 堀の手牌 ©ABEMA
オーラス2本場 大介 リーチ, ツモ, タンヤオ, ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA
第2試合トップの亜樹 ©ABEMA

第2試合結果
1位 亜樹(風林火山)+55.5
2位 大介(BEAST)+14.9
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲10.0
4位 堀(サクラナイツ)▲60.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月27日トータル結果

風林火山(松ヶ瀬2着・亜樹1着)+64.3
サクラナイツ(岡田1着・堀4着)+2.5
BEAST(中田3着・大介2着)▲6.4
麻雀格闘倶楽部(滝沢4着・高宮3着)▲60.4

風林火山が僅差の着順争いを制して2着トップで加点に成功、まだ9位ながらもセミファイナル進出ボーダーと100ポイント以内まで差を縮めた。

木曜日はフェニックス、雷電、BEASTの6位から8位のチームの争い。各チームなんとしてでも勝ちたい1日となるだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
2月29日の対戦カード ©ABEMA
2月27日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top