麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
園田最大の後悔ポイント、それはコンビネーションの悪さ! 1分でわかるドリブンズの思考 第15回

園田最大の後悔ポイント、それはコンビネーションの悪さ! 1分でわかるドリブンズの思考 第15回

CABO求人全自動麻雀卓スリム

こんにちは!赤坂ドリブンズの広報担当です!今日もドリブンズメンバーの思考を1分程度で読める記事にして紹介していきます!

第15回は、2月1日2回戦、園田賢の思考について。

2月1日、2戦目を打った園田はラスを引くと、クラブハウスに戻ってくるなり、ドアを開けるのと一連の動作のように倒れ込んだ。

園田「ごめんにゃひゃいm(_ _)m」

もう声にもならない。

いったい何が園田をここまで悔いさせたのか。

 

南2局、松本選手のオヤリーチを受けた園田。

攻めたいが、一発で引いたのはドラのだった。

チームポイント状況としては、アベマズだけには勝たれたくないところ。それを踏まえても、このドラは押しだと言う。

園田「2枚切れでシャンポンや単騎もないし、が宣言牌だからもなさそうだよね(とあればを最後まで引っ張らないことが多いため)。これは当然の押し」

このドラを当然のようにツモ切っていった。

次に引いたもツモ切った後、今度はを引く。

園田はここでオリを選択。

すると・・・

を引いた後に松本選手からが打たれる。

ハネマンのアガリ逃しだ。

園田「打つときに『ここが押せるギリギリラインだぜ』って思っちゃったんだよね。でも、ぐらいなら押してよかったよね(一刻も早くリーチしたいオヤが切りリーチのため。と持っていたら先にを外しているため、単純なは薄そう)。なんで一発でドラを打ってまで押したやつがでやめんだよ」

確かに、普通の無スジなら押すのは厳しいかもしれないが、園田が言うように「ぐらいなら」押せたのかもしれない。

園田の後悔ポイント1点目は、を引いたときに再度熟考せずにでやめたことだろう。

 

しかし、園田がここまで後悔するのには、もう1つ大きな理由があった。

南3局、萩原選手からオヤリーチがかかった一発目、園田にもテンパイが入る。

が3枚見えで宣言牌はかなり安全そうに見えるため、を切ることについては決まっているかとも思われた。

園田「いや、そんなことはないよ。確かに3枚見えだけど、最後のを持ってる場合にはから切りリーチになるんだから、やっぱり安全とは思ってない。誠一さん(近藤選手)の仕掛けもあるしね」

その上で、園田が出した答えは切りリーチだった。つまり、を勝負したのである。

園田「がポンされてるんだけど、はかなりヤマに残っていると思ってた。萩原さんの手出しのときにトイツ以上を決めたケースだけ嫌だなと思ってたけど、懸念はそれぐらいで、かなり勝負になると思ってた(※実際にその読み通り)」

しかし、結果は近藤選手に5,200放銃となった。

この後オーラスに松本選手にアガり切られ、「それだけは」と気を付けていたアベマズより着順が下の4着という最悪の結果となる。

園田「最悪だよね。南2局の押してこのも押すっていうのならわかる。逆に、南2局にオリてこのも押さないっていうのもわかる。でも、を押さずにを押すっていうのだけは良くないね」

個々の選択でも悔いはあるが、それ以上に園田が悔いたのはその組み合わせの悪さ。それをしきりに反省していた。

後悔を反省に変え、反省を推進力に変える。そうやって進んできた2018シーズンももう終盤戦。

園田がいよいよ最終決戦に向かう。

この局の牌譜はコチラ

■赤坂ドリブンズのレギュラーシーズン最終戦は2月11日(月・祝)こちらから視聴可能です。

この記事のライター

赤坂ドリブンズ 広報
Mリーグ 赤坂ドリブンズの広報担当です。
園田賢、村上淳、鈴木たろうの3選手が、赤牌入り競技麻雀という未開の地を切り開き勝利に向けてドライブします。
選手の思考や舞台裏の様子を伝えていきます!

新着記事

Return Top