麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
鈴木たろうが20年で初めて託した男 1分でわかるドリブンズの思考 第16回

鈴木たろうが20年で初めて託した男 1分でわかるドリブンズの思考 第16回

CABO求人全自動麻雀卓スリム

こんにちは!赤坂ドリブンズの広報担当です!今日もドリブンズメンバーの思考を1分程度で読める記事にして紹介していきます!

第16回は、2月7日、試合終了後の風景から。

2月11日(月)のチーム最終日から遡ること4日。2月7日(金)の試合を終えたドリブンズは、大三元放銃を含む大量失点を喫し、ファイナル進出がわからなくなってきた。


試合後のクラブハウスでは出場した2人ともグッタリ。



漫画『スラムダンク』の翔陽戦後を彷彿とさせる満身創痍の風景だ。


この後、監督からすぐに伝達があった。


「11日は園田連闘でいく」


実は、最終日の園田連闘はこの時点ですでに決まっていたのである。

しかし、今日の失点はさすがにこたえた。園田もまだうまく消化できていないように見える。

そんな状態で、ドリブンズはいくつかある馴染みの居酒屋のうち1軒に入った。

なんとも重苦しい雰囲気の中、鈴木たろうが口を開く。

 

たろう「オレさあ、この状況って、絶対『オレに行かせてくれ』って思うタイプなんだよね。他人に任せておけないじゃん。負けたら絶対『オレに打たせないからだよ』って思うし」


当たり前だ。それぐらいでなければMリーグに選出などされないだろう。ところが、たろうが続けた言葉は意外なものだった。


たろう「だけど、賢ちゃんだけは、そうは思わないんだよ。安心して観てられる。オレが打つより安心感があるんだよね。だから、心から『頼んだ!』って言えるし、もし負けたとしてもしょうがないって納得できるんだよね。だから、任せた!賢ちゃんの好きにやってきて」


私はたろうと10年以上の付き合いになるが、我が強いたろうがこんなことを言うのは珍しい。いや、初めてかもしれない。


たろう「そうだね、確かにこんなこと思ったのは、この10年20年ぐらいで初めてだと思う」


それはつまり、現役の麻雀プロでは園田だけということではないか。


たろう「そういうことになるね」

 

すると、村上も続ける。

 


村上「オレもほんとそう思うよ。2年ぐらい前なら、まだ良い勝負できるかなと思ってたけど、今は自分が出るより期待値高いと思うから、もし負けたとしても、賢を出して負けたらしょうがないって心の底から思えるよ。だから、難しいかもしれないけど、オレたちに遠慮せず、賢の思うようにやってきて」

 

私は今、信じられない光景を見ている。


「あの」鈴木たろうと「あの」村上淳が、1人の麻雀プロに「任せた」と本心から言って、席を譲っているのである。


たろうと村上に「任せる」と言わせてしまったのは園田賢というノンタイトルの麻雀プロ。


思い返せばこれが、園田が真にエースとなった瞬間だったように思う。

 

シーズン開始前、監督の越山は言った。


「うちのチームは3人の実力差が極端に小さい。だから、誰を出しても期待値はほとんど変わらない」


いや、2018年内の試合を終えてもまだ同じようなことをインタビュー時に言っていた。


そして、同時に「この1戦で優勝が決まるとか、この1戦でファイナル進出が決まるとかっていうときに誰を出すかって、ほんと難しいよね。今から頭が痛い。どうやって決めるんだろう。決めらんないよね(苦笑)」と言っていた。


その越山が、準備していたかのように試合直後に最終日のオーダーを発表したのである。

それは、園田がエースだからだ。

そして・・・

園田は最終戦を渾身のラス回避でまとめ、結果待ちとはなるものの、ファイナルシリーズ進出に大きく前進した。


結果的にこのラス回避が、ファイナル進出を争うU-NEXTの翌日の最終戦に大きくのしかかり、ドリブンズが4位に生き残ることとなったのである。

 

さて、レギュラーシーズンの借りを返すときがやってきた。
ファイナルシリーズ、ドリブンズが3人で最強を証明する。

 

■赤坂ドリブンズが出場するMリーグ2018ファイナルシリーズは、3月2日よりAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定となっています。

 

この記事のライター

赤坂ドリブンズ 広報
Mリーグ 赤坂ドリブンズの広報担当です。
園田賢、村上淳、鈴木たろうの3選手が、赤牌入り競技麻雀という未開の地を切り開き勝利に向けてドライブします。
選手の思考や舞台裏の様子を伝えていきます!

新着記事

Return Top