麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
麻生ゆりが2トップでブロック2位に浮上 / 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ第2節・Bブロック1卓

麻生ゆりが2トップでブロック2位に浮上 / 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ第2節・Bブロック1卓

CABO求人ニルウッドカバー

 麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ」第2節・Bブロック1卓 が6月19日に開催された。

▼第2節放送URL
麻雀ウォッチ プリンセスリーグ第2節・Bブロック1卓



【対局者】
浅見真紀(最高位戦日本プロ麻雀協会)
麻生ゆり(日本プロ麻雀協会)
野添ゆかり(最高位戦日本プロ麻雀協会)
日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会)

第1節1位の野添、5位の麻生、7位の日向、8位の浅見の対局となった。

野添は1節目で150ポイントのプラス。日向、浅見は100以上のマイナスとなっており、特に下位2名は今節で挽回したいところ。1回戦は序盤に日向、浅見が加点する展開となっていたが、浅見抜け出して南3局の野添の親番に。ここで野添が2600オールのあがりで浅見に迫る。しかし1本場で日向が南・ホンイツ・赤ドラの8000は8300を野添から直撃して2着浮上。1節目の下位2名が連帯となった。2回戦目は1回戦で4着となった麻生が抜け出しトップ。1回戦でトップとなった浅見が大きく沈む4着となった。3回戦は日向がトップ、野添が4着となり野添のトータルプラスは105.8ポイントに。4回戦では麻生が本日二度目のトップとなり、Bブロックでも2位に浮上。首位の野添にも大きく迫った。浅見は惜しくも2着となり、今節トータルでもマイナスとなった。

今節75.7ポイントをプラスした麻生は「紙一重でしのげる展開が多くて恵まれてました。細かい反省点はありますが上位に来れたことはとてもうれしいです。今回三つ編みにして調子が良かったので次も三つ編みにしようかなと思います!最終節もしっかりポイントを伸ばして勝ち残りたいです。」と喜びを語った。

麻雀ウォッチ プリンセスリーグ第2節・1卓 Bブロック
順位 選手名 前節まで 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 第2節トータル
1 麻生ゆり ▲3.7 ▲32.2 48.5 9.0 50.4 75.7
2 日向藍子 ▲114.8 7.7 ▲9.1 51.9 ▲39.9 10.6
3 浅見真紀 ▲127.4 45.6 ▲54.5 ▲22.3 15.0 ▲16.2
4 野添ゆかり 150.4 ▲21.1 15.1 ▲38.6 ▲25.8 ▲70.4

 

麻雀ウォッチ プリンセスリーグ第2節Bブロックトータル
順位 選手名 トータル 第1節 第2節
1 野添ゆかり 80.3 150.4 ▲70.1
2 麻生ゆり 72.0 ▲3.7 75.7
3 佐月麻理子 63.3 63.3  
4 三添りん 55.2 55.2  
5 大崎初音 52.1 52.1  
6 水瀬千尋 ▲75.1 ▲75.1  
7 日向藍子 ▲104.2 ▲114.8 10.6
8 浅見真紀 ▲143.6 ▲127.4 ▲16.2

関連リンク

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top