麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
本戦出場は中里春奈、冨本智美/麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 出場権争奪戦

本戦出場は中里春奈、冨本智美/麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 出場権争奪戦

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 4/26から開幕する「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019」。その本戦への出場権をかけた「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 出場権争奪戦」が4月14日(日)に放送された。

 A卓、B卓の2卓に分かれ、各卓1半荘対戦。各卓上位2名で決定戦を行い、決定戦の上位2名が本戦出場権を獲得する。

 A卓は草場とも子(麻将連合)、豊後葵(日本プロ麻雀協会)、根本佳織(最高位戦日本プロ麻雀協会)、中里春奈(最高位戦日本プロ麻雀協会)が出場し、豊後と中里が決定戦に進出。

 B卓は岩井茜(麻将連合)、冨本智美(日本プロ麻雀協会)、上野あいみ(日本プロ麻雀協会)、浅見真紀(最高位戦日本プロ麻雀協会)が出場し、岩井と冨本が決定戦に進出。

 豊後、中里、岩井、冨本の4名で決定戦が行われた。

 決定戦1回戦では、東1局 親の中里が7700を岩井からアガり、一歩リード。続く東2局2本場で冨本が1300-2600をアガり中里を追い抜く。東4局、16600点持ちでラス目の岩井が2600オールで3位に浮上。その後は膠着した状態が続き、オーラスでは冨本が1人テンパイでトップ目の中里を捲り、1位で1回戦が終了した。

 2回戦では東1局1本場で岩井が2000-4000をアガリ差を付ける。東2局では中里が2軒リーチを制し、8000点を冨本からアガって岩井に追いつく。南1局3本場、供託4本でアガリを決めたのは親の中里。2000は2900を岩井からアガリトップ目に。続く南1局4本場、豊後のリーチを受けたラス目の冨本が1000-2000は1400ー2400、次局500-1000、またオーラスで2000点をアガリ切り、中里と共に本戦出場となった。

 本戦出場権を獲得した2人は本戦出場に向けて、

 冨本「ラストチャンスかもしれませんが、ラストチャンスにならないように、良い麻雀を見せたいと思います。応援よろしくお願いします。」

 中里「プリンセスリーグはタイトルホルダーがたくさんいて、私もプロ9年目なので、2桁を迎える前に結果を残したいと思います。応援よろしくお願いします。」と語った。

本戦は4月26日(金)16:00~

関連URL

「プリンセスリーグ」カテゴリー記事一覧
 

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top