麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
愛内よしえの未来を見据えた6ソー切り【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第3節Cブロック1卓】

愛内よしえの未来を見据えた6ソー切り【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第3節Cブロック1卓】

CABO求人MEWS

「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019」の予選最終節も、残すはCブロックのみ。王座を巡る戦いに挑んだ4者は――最終戦を前に、それぞれに条件が残る格好となった。暫定1位の三添は、後半卓の4者のうち、麻生以外にまくられることはほぼなさそうだ。現状のポイントを維持さえすれば、準決勝進出は当確となる。この日、3戦3ラスという厳しい展開に襲われた大平だが、現状は3位。第2節までに築いた貯金もあり、まだまだプレーオフ進出圏内だ。20800点差のトップラスを三添と決めれば、暫定1位に躍り出ることもできる。そして――日本プロ麻雀協会所属、「高性能ヘッジホッグ」こと愛内よしえには、なんとも腕が鳴る条件が残された。

最終戦で32600点以上のトップさえ取れば、大平と暫定2位の麻生をも追い抜くことができる。また、杉村との差がわずかに4.4ポイントということで、彼女との着順勝負としての側面も強い。

たとえば3回戦で見せた――こんな牌姿からイッツーや123、234の三色を見据えた切りとし――盤石の三門張リーチとなり――見事にを吊り出しての満貫成就。こんな展開を一度でも作れれば、愛内の選べるルートは格段に増えそうだ。準決勝へ勝ち上がるために強気にトップを狙うか、極力リスクを冒さずにプレーオフを狙うか。10代からプロの世界で研鑽を続けてきた若き天才の駆け引きが、存分に堪能できそうな予感がした。ゲームが動いたのは、流局が続いて訪れた東3局2本場。供託が3本溜まった状況で、親の杉村にチャンス手が入った。終盤ではあるが、赤2のピンフテンパイだ。ここに飛び込んでしまったのが大平。テンパイ打牌で打ち出されたで――5800は6400の放銃となった。3戦連続でラスを引いている大平は、4戦目でも厳しい展開が続くのか。そう思われた矢先の東4局4本場、親番の大平に好機が訪れた。赤が2枚にドラが1枚。打点十分ということで、門前効率最重視のダブ切りとした。4巡目、を重ねて1シャンテンに取ることもできたが、切りで2シャンテン戻しを選択。焦ることなく、ドラやタンヤオを絡めたさらなる高打点を視野に入れている。

テンパイしたのは7巡目のこと。道中で首尾よくを重ねており、タンヤオ・ドラ2・赤2のチャンス手となった。この手の犠牲になったのは――先ほど大平からヤミテンをアガった杉村だった。高めとなるでアガり、18000は19200の加点。最終戦の大事な局面で、ついに大平がこの日初となる大物手の成就に成功した。

大平が抜け、杉村が沈んだ。こうなると戦前に愛内に求められていたテーマが浮き彫りになってくる。トップを狙うか、手堅くいくか。その回答が明らかになるのは――南3局1本場のことだった。まずは大平がイーペーコーが出来上がっているなかで、1枚ずつ切れているシャンポンリーチをかけた。大平としては後半卓の対局が翌週に控えていることもあり、叩ける場面では少しでもポイントを稼ぎたいといった思考だろう。このリーチを受けた愛内の手牌は、赤が2枚ある1シャンテン。十分すぎる勝負手で、直撃チャンスが狙える局面だ。完全安牌はのみ。ならば、ここは押しの一手でトップをもぎたりたくなりそうだ。

一方、スジの、ワンチャンスのなど、粘れそうな牌もある。また大平がツモってくれれば、杉村より上の順位でオーラスを迎えることができる。ならば、無理をしないという選択も懸命に思えてくる。

押すか、引くか。愛内は――ここは強気にを押していった! 彼女の回答は、トップを奪取して準決勝進出を目指すルートだった。ここで大平から満貫を直撃できれば、着順は逆転する。オーラスに勝負手が入る補償もないということで、腹を括って前へ出ていく。

「南3局1本場でアガりきって最終戦でトップを取れれば、麻生さんのポイントも越え得るという考えでした。三添さんがラス目というのもあったんで、大平さんはポイント状況的にすごい高い手を作ったらダマにするだろうと思っていたんですね。大平さんはドラを切ってのリーチだったので、どちらかというとポイントを稼ぎにきているというか、アガリ得るわりと良い待ちなんだろうなって。は場に高めで、大平さんから見てあまり良い待ちではなさそう。なので、よりの方が危ないんじゃないかと思って、から押しています。また、4位とワイルドカードの5位にはプレーオフ出場の権利がありますけど、どのみちつらいポジションになるのはわかっていたので、もともと狙う気はありませんでした。4位、5位から外れてしまう怖さよりも、3位以上を狙った方が得でしょと」

愛内が見据えていたのは、この局面における勝利だけではなかった。プレーオフ1stと比べて準決勝進出率が4倍に膨れ上がるプレーオフ2nd、そして準決勝・決勝という覇道を突き進むための最適解を導き出した上での打だった。

称賛すべきは、愛内の思考のピントがすさまじい精度で大平の手牌を読み説いていたことだ。アガリに結びつき得る、決して高打点ではない手。まさしくその通りの手だった大平のリーチに対して――愛内から高めのが放たれた。そうだよね。満貫はないよね。愛内は手牌が開かれた瞬間、そう思ったかもしれない。だが――この手が跳満に化けるとは、さすがに想定していなかったことだろう。この放銃が響き、愛内は4着で予選最終戦を終えることとなった。Cブロック内での暫定順位は5位。後半卓の結果次第でプレーオフ進出の可能性は残るが、愛内は「もともとポジティブなタイプではないので、残る可能性は10%もないと思っています」と自嘲気味に内心を語っていた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ところが翌週の後半卓が終わると、愛内がワイルドカードの権利を手にし、プレーオフ2ndの切符が転がり込むという結果になった。後半卓の対局中は仕事だったという愛内にとっては、寝耳に水だったかもしれない。けれど――

知識・技術・経験を総動員し、未来を見据えて前に出た結果として失われた13200点。けれど彼女に、土壇場になって一握りの幸運が訪れた。不運からのドンデン返し。そんな展開もまた、麻雀の魅力なのだと思わずにはいられなかった。

新着記事

Return Top