麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

達也、泥臭く粘りを重ねた初トップ! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第5節 29、30回戦レポート

達也、泥臭く粘りを重ねた初トップ! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第5節 29、30回戦レポート
RTDリーグ
2017年05月14日 19:00

511(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第5節 29、30回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

28回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_1_R                    

 

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_2_R

29回戦、5連勝中の佐々木は今回おとなしく、流局テンパイで凌ぐ平賀と、かわし手で局を消化していった多井のオーラスアガリトップ競争となっていた。

トップを目指す平賀・多井ともに1つ仕掛けてツモ切りが増え始めた中盤。

そんな煮詰まってきた状況で、オヤの佐々木にテンパイが入った。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_3_R

ドラのを切ればテンパイだが、そうすると役なしドラなしのテンパイとなってしまう。

切りダマテンでの手替わり待ちや、切りのテンパイ取らずも選択肢としてはあるが、佐々木の選択は即リーチ。

煮詰まったこの状況では、ここでリーチしなければ間に合わないとの判断である。

さらに、が良さそうに見えるのもリーチを後押しする材料となっていた。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_4_R

結果、ヤマに3枚生きていたシャンポンを一発でツモって2000オール。

これでトップ目に立つと、次局に4000オールでトップを決めた。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_5_R

その後、このオヤを30分弱続け、終わってみれば7万点トップで6連勝。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_6_R

およそ半分の試合数を消化したところで+500という規格外のポイントで首位独走を続けている。

 

佐々木とは対照的に、続く30回戦に登場した達也は、いまだトップなしの最下位。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_7_R

実際、達也がここまでマイナスしている状態を見たのは初めてだ。

自団体のリーグ戦でも、RTDリーグ以外の番組でも、コンスタントに良い位置につけている達也にとって、自身でも言うように、ここまでのマイナスは初の経験である。

そんな追い込まれた達也に、東1局から勝負手が入った。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_8_R

をポンしてカンのハネマンテンパイ。

ドラそばで出アガリはあまり期待できない待ちだが、カンはヤマに3枚残り。

しかし、こういう勝負手がことごとくアガれないのが今期の達也。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_9_R

ここでも白鳥の2枚切れカン待ちに敗れてしまう。

 

その後もなかなか加点できない苦しい展開となるが、供託2000点の東3局2本場で、3枚目のを両面チーしてテンパイを組む。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_10_R

確かに薄くなっただが、達也のこういう両面チーは珍しい。

対局後に自身でも語ったように、泥臭くトップを取りにいったとのこと。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_11_R

結果、テンパイ即ツモで供託をさらい、戦線に踏みとどまることに成功した。

 

その後も、テンパイ料などを粘り強く重ね、泥臭くトップ争いに踏みとどまっていった達也。

南3局でも、猿川のリーチと藤田のマンズ仕掛けに対し、をチーして対抗していく。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_12_R

ここでアガれれば、僅差ながらオーラスをトップ目で迎えることができるが・・・

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_13_R

ここを制したのは藤田。

僅差でトップ争いをする中では非常に大きな1000・2000で、1人だけ3万点台に乗せ、オーラスを迎える。

 

オーラス、1300・2600条件の達也は、カンのイーペーコーテンパイを組む。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_14_R

アガって2着でも良しの構えだったところに、次巡に引いたでさらに選択。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_15_R

下家の猿川がをポンしてソウズのホンイツ気配だが、まだソウズが余っていないため、テンパイではないだろう。

では、切りでリーチをかけ、一発ツモかツモウラ1条件にするか。

大きくマイナスしている泥沼からでは、そんな淡白な選択が最善に見えてしまうものだが、達也の目は沼に射す一筋の光をしっかりと見つめていた。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_16_R

長考の末、達也が選択したは切りのダマテン。

そして、次巡にツモ切りリーチといった。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_17_R

は、ソウズホンイツの猿川に最も鳴かれそうな牌で、切りリーチの場合、高確率で一発が消えてしまう。

それを回避すべく、鳴かれないを引いたところでリーチといったのである。

少しだとしても、1翻の可能性を絶対に逃さない。

そんな達也の泥臭い選択が、ついに実った。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_18_R

なんと、大事に残した一発の可能性が実を結んだのである。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_19_R

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_20_R

これで、奇跡の逆転で初トップを獲得した達也。

ここまで、我慢に我慢を重ねて粘った先にたどり着いた初トップに、安堵と情けなさが混じった複雑な表情を浮かべた。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節29-30回戦_21_R

これまで粘ってマイナスを最小限にとどめていた達也は、1トップで最下位から6位まで浮上。

準決勝進出ラインの4位まではまだ遠いが、泥沼からようやく片手を出した達也は、残り12戦に全力を尽くすと誓った。

 

 

■次回5/15(月)21:00からWHITE DIVISION 第6節31、32回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8y1R1XZFFrvtKh

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)