麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
勝又とたろうがポイントを伸ばす 準決勝争いは熾烈に/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 37/38 回戦

勝又とたろうがポイントを伸ばす 準決勝争いは熾烈に/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 37/38 回戦

CABO求人ニルウッドカバー

 RTDリーグ2018のWHITE DIVISION37・38回戦が6月4日に放送され、37回戦は勝又健志がトップ。38回戦は鈴木たろうがトップとなった。

 37回戦はトータル2位の佐々木寿人、トータル3位の勝又健志、トータル5位の鈴木達也、トータル8位の和久津昌の対戦。ここまで最下位に沈んでいる和久津だが東1局の親番でリーチ・平和・ドラの5800を勝又からアガり先制。しかしその後佐々木が2局連続であがりをものにしトップ浮上。その後は大きなあがりがなかなか出ない展開だったが東4局3本場に和久津がツモ・發・ドラ2の2000・4000の三本場のあがりで抜け出した。トップを維持してオーラスを迎えたが、親番の勝又が連荘。2900、3900のあがりでトップ逆転。2本場でも和久津から12000は12600のあがりで大きく抜け出した。最終局は佐々木が2着を確定させるあがり。和久津はトップが目前のところだったが痛い3着となった。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 37回戦
順位 選手名 ポイント
1 勝又健志 65.7
2 佐々木寿人 3.3
3 和久津晶 ▲22.1
4 鈴木達也 ▲46.9

  38回戦は、トータル1位の鈴木たろう、4位の石橋伸洋、5位の平賀聡彦、6位の猿川真寿の対戦。準決勝ボーダー争いの3人の熾烈な争いが良そうされる対局となった。大きく点棒が動いたのは東3局、猿川が石橋からリーチ・平和・ドラ3をあがり31300点持ちのトップ目に。その後は鈴木たろうがツモ・中・ホンイツの2000・4000のあがりなどで逆転し、その後も堅実な打ちまわしでトップを確保した。石橋は4着で準決勝ボーダーから転落。しかしボーダー争いはまだまだ熾烈な争いとなっている。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 38回戦
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 64.0
2 平賀聡彦 8.9
3 猿川真寿 ▲18.3
4 石橋伸洋 ▲54.6
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION TOTAL 38/54
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 345.0
2 勝又健志 242.7
3 佐々木寿人 238.6
4 平賀聡彦 ▲110.8
5 石橋伸洋 ▲143.1
6 鈴木達也 ▲160.3
7 猿川真寿 ▲174.9
8 和久津晶 ▲237.2

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top