麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
佐々木がトータル300ポイント代に、鈴木達也は4位浮上/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 39/40 回戦

佐々木がトータル300ポイント代に、鈴木達也は4位浮上/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 39/40 回戦

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 RTDリーグ2018のWHITE DIVISION39・40回戦が6月7日に放送され、39回戦はがトップ。40回戦は鈴木達也がトップとなった。

 37回戦はトータル3位の佐々木寿人、トータル4位の平賀聡彦、トータル5位の石橋伸洋、トータル8位の和久津昌の対戦。最初に大きなあがりをしたのは佐々木。東4局にリーチ・ツモ・一盃口・裏ドラの4000オール一本場のあがりで一気にトップ目に立ったが、すかさず石橋がリーチ・一発・ツモ・東・裏ドラ2000・4000の二本場のあがりで佐々木に追いすがる。しかし南1局で平賀が石橋からリーチ・七対子・ドラ2・裏2の12000のあがりで平賀が2着浮上。シーソーゲームな展開が続き、南2局2本場の平賀の親番では和久津が平賀から8000の2本場のあがりで2着浮上。南3局の石橋の親番は佐々木が2000・4000をあがりほぼトップを決めると南4局の親番でも平賀から5800をアガりさらなる加点。最終局は平賀が和久津から2000は2300のあがりとなったが着順は変わらず。和久津が2着を死守した。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 39回戦
順位 選手名 ポイント
1 佐々木寿人 69.0
2 和久津晶 0.0
3 平賀聡彦 ▲21.7
4 石橋伸洋 ▲48.2

  38回戦は、トータル1位の鈴木たろう、3位の勝又健志、5位の鈴木達也、6位の猿川真寿の対戦。準決勝進出を睨みたい鈴木達也が東1局の親番でリーチ・一発・ツモ・平和・ドラ・裏2の6000オールで大きくリード。その後もあがりを重ね、点棒を6万点以上積み重ねた。勝又は道中2着目だったが、東4局の親番での4面張のリーチがあがりに結びつかないなど苦しい展開で大きく沈んだ4着となった。最終局は鈴木たろうと猿川が二着争いとなったが、たろうが達也からのを2000点を見逃して700・1300のツモあがりで2着浮上。打点こそ小さいものの大きなあがりとなった。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 40回戦
順位 選手名 ポイント
1 鈴木達也 83.0
2 鈴木たろう ▲0.4
3 猿川真寿 ▲20.7
4 勝又健志 ▲61.9
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION TOTAL 40/54
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 344.6
2 佐々木寿人 308.5
3 勝又健志 180.8
4 鈴木達也 ▲77.3
5 平賀聡彦 ▲132.5
6 石橋伸洋 ▲191.3
7 猿川真寿 ▲195.6
8 和久津晶 ▲237.2

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top