麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
内川がトップでプラス域へ 小林はトータル600ポイント越えに/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 47/48回戦

内川がトップでプラス域へ 小林はトータル600ポイント越えに/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 47/48回戦

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 RTDリーグ2018のBLACK DIVISION47・48回戦が7月12日に放送され、47回戦は内川がトップで遂にプラスポイントへ。48回戦は小林がトップでトータルポイントを621.2ポイントとした。

 47回戦は3位の瀬戸熊、4位の萩原、5位の内川、7位の松本の対戦。準決勝争いの4位5位の萩原と内川のポイント差は1.8と熾烈な状況。ここでの結果が大きく準決勝争いに影響を及ぼす対局となった。東1局で親の内川が聴牌で連荘したのちの2本場で、リーチ・ツモ・ドラ1・裏2の4200オールの大きなあがりを決めリード。瀬戸熊もツモ・平和・三色・ドラ1の2300・4300のあがりで追いすがる。しかし内川がトップ目のままオーラスを迎え、最後は瀬戸熊が12000を松本からあがり終了。しかし内川を捲るには至らず二着となった。内川がこのトップでトータルポイントがプラスに転じた。松本は厳しいラスとなり、7位で最終日の残り3半荘を迎える。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 47回戦
順位 選手名 ポイント
1 内川幸太郎 63.3
2 瀬戸熊直樹 20.9
3 萩原聖人 ▲18.0
4 松本吉弘 ▲66.2

  48回戦は1位の小林、2位の白鳥、6位の多井、8位の村上の対戦。東2局の親番で小林が中・ダブ東・ホンイツのあがりで先制。東3局でも8000のあがりで大きく抜け出した。東4局の親番で白鳥が小林のあがり牌を抑えてのあがりで村上から5800をあがり2着争いで優位に立ち、その後も4000オールのあがりで小林にも迫ったが、多井も2300・4300のツモあがりの後白鳥から5200をアガり一旦2着目になるも白鳥が再び多いから5200は5500の直撃。最終局は村上が白鳥から8000のあがり。小林がトップとなった。村上は最終局にあがりをものにしたが4戦連続のラスとなり、残り3戦を厳しい状況で迎えることとなった。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 48回戦
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 61.0
2 白鳥翔 5.5
3 多井隆晴 ▲15.2
4 村上淳 ▲51.2
RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION TOTAL 48/54
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 621.2
2 白鳥翔 270.7
3 瀬戸熊直樹 127.9
4 内川幸太郎 1.5
5 萩原聖人 ▲78.0
6 多井隆晴 ▲224.6
7 松本吉弘 ▲291.4
8 村上淳 ▲427.3

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top