麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
たろう、佐々木がトップ 入れ替え戦争いはより熾烈に 予選最終戦は8/6(月)放送/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 51/52 回戦

たろう、佐々木がトップ 入れ替え戦争いはより熾烈に 予選最終戦は8/6(月)放送/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 51/52 回戦

BULL2021求人朝宮あろま

 RTDリーグ2018のWHITE DIVISION51・52回戦が8月2日に放送され、51回戦は鈴木たろうがトップ。52回戦は佐々木寿人がトップとなった。

51回戦はトータル1位の鈴木たろうがトップ。トータル500ポイントを越え、準決勝に向けて弾みをつけた。トータル8位の和久津が3着、トータル7位の石橋が4着となり、石橋が8位に転落して最終戦を迎えることとなった。52回戦は序盤はトータル6位の鈴木達也がリードする展開だったがトータル3位の佐々木寿人が東3局3本場にリーチ・ツモ・ドラ3の2300・4300の大きなあがり。その後もこまかいあがりをモノにしてリードをキープ。南4局2本場に親番の勝又が4000オールのあがりで追いすがるも最終局は佐々木のツモあがりで終了。佐々木がトータル2位に浮上することとなった。

8/6(月)の最終戦は
第53回戦
鈴木たろう 佐々木寿人 和久津晶 石橋伸洋
同54回戦
勝又健志 猿川真寿 鈴木達也 平賀聡彦

の対戦となる。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 51回戦
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 56.3
2 猿川真寿 10.8
3 和久津晶 ▲18.1
4 石橋伸洋 ▲49.0
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 52回戦
順位 選手名 ポイント
1 佐々木寿人 56.6
2 勝又健志 8.1
3 鈴木達也 ▲18.4
4 平賀聡彦 ▲46.3
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION TOTAL 52/54
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 509.0
2 佐々木寿人 244.3
3 勝又健志 233.7
4 猿川真寿 ▲114.3
5 鈴木達也 ▲167.1
6 平賀聡彦 ▲189.1
7 和久津晶 ▲247.2
8 石橋伸洋 ▲269.3

上位4人は準決勝進出、7位は入れ替え戦、8位は自動降級となる。53回戦の結果次第では、平賀は3 4 5 6位卓になり、トップだと準決勝進出も見えるが大きなラスだと入れ替え戦、降級のリスクもある戦いとなる。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top