麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
代打出場の新井啓文が激戦を制してファイナル進出!/麻雀最強戦2020 男子プロ代表決定戦 プロ雀士ランキングベスト16

代打出場の新井啓文が激戦を制してファイナル進出!/麻雀最強戦2020 男子プロ代表決定戦 プロ雀士ランキングベスト16

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

4月5日(日)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2020」の男子プロ代表決定戦「プロ雀士ランキングベスト16大会」が行われた。

配信ページ

▼公式アンバサダーに就任した楠栞桜(@Sio_Kusunoki)さんによる裏解説Youtube配信も!

今回のプロ雀士ランキングベスト16大会は、各団体の期首順位の上位選手かつ、今期の他の麻雀最強戦の大会への参加が予定されていない選手で構成されたまさに実力伯仲のメンバーによる戦いが繰り広げられた。

普段の8名での大会とは違い、予選各卓からトップ者のみが決勝進出というシステム。予選からギリギリの攻防が繰り広げられた。

A卓からはダンプ大橋、B卓からは矢島亨、C卓からは嶋村俊幸の代打での出場となった新井啓文、D卓からは古橋崇志が決勝に進出した。

予選B卓のオーラスは非常に熾烈で、矢島、醍醐、むくの3者があがればトップというオーラス。親番の西川はタンヤオの聴牌から矢島のアガリ牌のを止めて聴牌を維持。そして一番最初に聴牌を入れていたむくから矢島、醍醐のアガリ牌のが放たれ決着。頭ハネで矢島が決勝進出となった。

決勝戦は東3局に新井が親番で追いかけリーチで古橋から12000をアガって一歩リード。しかし東4局に4人聴牌の3軒リーチを一発ツモで制した古橋が4000オールでトップ目に浮上。

東4局 古橋の4000オール ©AbemaTV

南1局では矢島がメンツ落としからのトイトイを嶺上開花で仕上げて2000・4000。

南1局 矢島の2000・4000 ©AbemaTV

しかし南2局では新井がのトイツ落としからリーチ・一発・タンヤオ・平和・三色の12000を決めて再びトップ目となった。

南2局 新井の12000 ©AbemaTV

オーラスは古橋と新井の熾烈な争い。一度流局となったが、1本場で新井がタンヤオのアガリを決めて優勝を勝ち取った。

嶋村の代打として出場して優勝を決めた新井は「嶋村さんはなんとしてでも出場したいと思っていたはずなので、その思いを背負って打ち切ることができました。南2局ののトイツ落としの手順は聴牌しなくなることもあるので賭けでしたが最高の仕上がりになってくれました。」と喜びを語った。

次回は5月10日(日)15時から「最強の麻雀戦術本プロ決戦」がAbemaTVにて放送。

次回 最強の麻雀戦術本プロ決戦の出場者 ©AbemaTV

新井啓文は鈴木大介、近藤誠一、新津潔に続いて4人目のファイナル進出者となった。

関連URL

麻雀最強戦HP

最強戦ガールズとアシスタント告知記事

楠栞桜さんが麻雀最強戦2020公式アンバサダーに就任!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top