麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【麻雀クイズ王】夏目漱石は中国・大連で初めてみた麻雀を何と例えた?【梶やんの歴史クイズ】

【麻雀クイズ王】夏目漱石は中国・大連で初めてみた麻雀を何と例えた?【梶やんの歴史クイズ】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

週2回出題される問題に答えていけば、あなたも麻雀の歴史マスターに!

今日の問題はこちら!


梶本琢程さん(@takutei)から麻雀の歴史についての問題が出題!

問題

日本で最初に麻雀を紹介したのは夏目漱石『満韓ところどころ』だと言われています。大連にて見聞したことについて麻雀牌をあるゲームで使うものにたとえて紹介していますが、それはどんなゲームでしょう?
1.将棋 2.花札 3.さいころ
  

正解はこちらをクリック
1.将棋 
『満韓ところどころ』では「四人で博奕を打っていた。厚みも大きさも将棋の飛車角ぐらいに当る札を五六十枚ほど四人で分けて、それをいろいろに並べかえて勝負を決していた」と紹介されています。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top